DTPオペレーター/印刷・製本

チューイチ

DTPオペレーター/印刷・製本の正社員/契約社員の求人・募集情報

DTPオペレーター/印刷・製本の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。DTPオペレーター/印刷・製本の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    DTPオペレーターは、デザイナーが制作した印刷物のラフデザインをもとに、コンピュータの画面上で仕上げていく作業をします。DTPオペレーターが制作するものは幅が広く、ポスター・チラシ・パンフレットなどの紙面広告をはじめ、看板、ロゴデザイン、キャラクターデザインなど多岐にわたります。紙面広告は近年減少する傾向にありますが、Web上で公開する方式が浸透してきたため印刷物を制作するときとの制作ルールの違いの対応を覚えることで、仕事の幅も広がります。制作に必要なソフトは、デザイン制作ソフト(Illustrator)、画像処理ソフト(Photoshop)、ページレイアウトソフト(InDesign)などです。それらを駆使して制作物を完成させます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    制作を通して、使用するPCソフトの使い方からフォントや印刷技術、写真素材や色の知識といったデザイン制作のスキルを身につけることができます。また、チーム体制で制作に当たることも多いため、コミュニケーション力も培うことになるでしょう。DTPオペレーターからデザイナーを志す人は多く、DTPオペレーターはデザイン業界の登竜門でしょう。数多くの仕事をこなしながら、デザイン感覚を磨いていくことでキャリアも向上させられます。知識や経験を積むことで、企業の広報や販売促進などの分野に進出することもあり、フリーランスでの活動や起業の可能性など、努力次第でその活躍の場は広がっていくでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    DTPオペレーターは、新聞社、印刷会社、出版会社、流通会社、広告代理店、デザイン事務所などさまざまな選択肢があります。勤務時間は会社によってさまざまですが、日中勤務で週休2日制やフレックス制を導入していること多いようです。しかし納品が間近になったり、やり直しが出てきたりすると残業が増えることもあるので忍耐強さや体調管理が大切です。完成した作品が、世の中に出回ったりお客様から喜ばれたりしたときにやりがいを感じることができるでしょう。内勤がほとんどなので服装や髪型は比較的自由ですが、取引先との打ち合わせに参加する場合は身だしなみに気をつける必要があります。働く人は幅広い年代の人が多く、男性も女性も同じくらい活躍しています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    DTPオペレーターになるために資格が必要ではありませんが、専門学校や大学、コンピュータ学校でデザインを学んでいると就職に有利です。「DTP検定」はⅠ種からⅢ種に分かれ、実務上必要なコンピュータの知識とソフト使用能力が身につきます。また、「DTPエキスパート」はグラフィックデザイナーになるための必要な知識・能力を身につけることができます。画像処理ソフトやデザイン制作ソフトの操作ができることが必要な項目となることもあります。基本的にディレクターやデザイナーの指示の下で作業を行い、余計なデザインを加えたり、修正指示に反発したりすることは行ってはいけません。相手の指示の意向をくみ取る理解力や、作業の正確さ、細かい作業をこなす几帳面さがが必要です。
DTPオペレーター/印刷・製本のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ