広告関係

チューイチ

広告関係の正社員/契約社員の求人情報

広告関係の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    広告関係の職種の選び方で、仕事内容についても大きな違いが見られます。広告代理店などでマーケティング戦略にもとづいて、どういった広告を作っていくのか企画の段階から考える「プランナー」の仕事があります。また実際に広告制作の現場で携わりたいなら、デザイナーやライターとして働く方法もあります。書籍や雑誌作りを通じて広告の仕事に携わる編集者やマスコミ関係で就職する方法も1つです。広告を必要とする企業などに対して、企画提案・広告実施までを幅広く担う営業職として働く方法もあります。企業の情報をさまざまなメディアを通じて発信する宣伝・広報といった職種で働くこともできます。いずれにしても、広告に携わりながら働いていくためには多くの人とのやりとりがあるため、専門的な技術のほかに高いコミュニケーション能力も求められます。広告業界が未経験であっても、広告を通じてどんな働き方をしていきたいかを明確に示せれば、正社員として採用される道も開けてくるはずです。まずは、広告の分野で自分に合った職種を見つけてみることから始めてみましょう。

志望動機の書き方・話し方

広告関係の仕事に就くためには「志望動機」が重要となってきますが、決して自分の憧れだけで書いてしまってはいけません。広告という仕事を通じて、自分に何ができるのかを説得力を持たせた形でアピールしていくことが重要になります。そのためには応募書類を提出する段階から、面接までたどり着くことを前提として志望動機を練り上げていく必要があるでしょう。採用担当者のもとには日々、多くの書類が送られてくるため、どのような事を伝えたいのかを意識して各ことが必要です。「結論」の部分を最初にもってきて、具体的なエピソードを交えながら志望動機を書いてみてください。また、実際の面接で志望動機を話すときにはつい早口になってしまいがちなので、できるだけゆっくりと話すようにしましょう。広告業界が求める人物像には、「コミュニケーションがしっかりと取れる人物か」という点が含まれることが多いです。仕事の性質上、多くの人とやりとりをしながら仕事を進めていくので、面接時にもそのことが見られているのを意識してみましょう。何か特別なことを言おうとするよりも、社会人としてビジネスマナーを踏まえて受け答えをしていけば問題ないでしょう。その上で広告業界で働きたい熱意や意欲をしっかりと伝えてみましょう。

広告制作のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ