システムエンジニア(SE)

チューイチ

システムエンジニア(SE)の正社員/契約社員の求人情報

システムエンジニア(SE)の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。システムエンジニア(SE)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    システムエンジニアは、略してSEとも呼ばれ、コンピュターシステムの設計から開発、テストを担当する仕事です。同様の職種として主にプログラミングを担当するプログラマー(PG)という職種もありますが、PGとの仕事内容の線引きはそのプロジェクトや企業によって違いがあります。小さなプロジェクトの場合は、SEがPGと同じようにプログラミングを担当する場合もあります。 SEの具体的な仕事内容は、まずはクライアントと「どんなことをシステム化したいのか?」を話し合うことから始めます。次に、それを一般的に「基本設計書」と呼ばれる形でドキュメント化し、さらにそれを基にしてプログラミングするための細かい設計を行って「詳細設計書」を作っていきます。最終工程のプログラミング段階では、「プログラミング指示書」などのドキュメントを作り、それによってPGは実際にプログラムを作ります。プログラマーから単体のプログラムが出来上がってくると、SEはそれらを結合して統合テストを行います。プログラムがきちんと動くことを確認したら、最後にクライアントに納品して完了です。 このように、SEの業務はプログラムを企画、製造、運用するまでのすべてを担当する製造業です。クライアントの仕事内容の理解と高度なシステム技術が必要なため、コミュニケーション能力やプログラミングのスキルなどの幅広い能力が必要とされる仕事です。

面接の対策と心構え

未経験の方でも、システムエンジニア(SE)の求人はあります。しかし、いきなり未経験者が本格的にSEの仕事に就くことは少ないと考えられます。SEとして正社員に採用された場合でも、最初はプログラマー(PG)の仕事を担当するかSEの見習いとしてサポート業務を担当する可能性があります。 SEとして採用されるには、一般的にSEに対しどのような人物が望まれるかを知っておくといいでしょう。SEはクライアントと開発スタッフとの掛け渡しを行う業務が多く、ある程度のコミュニケーション能力が要求されます。そのため、正社員または助っ人としてフリーランスの方をSEとして採用する場合でも、そのような能力がある方が必要とされる業界です。また、コンピューター業界は技術トレンドの移り変わりが速いため、最新技術の動向を常にウォッチしている方が望まれます。面接対策には、新聞や業界紙、ネットなどでコンピューター業界の最新技術の動きをチェックしておくといいでしょう。志望動機を聞かれた場合、常にコンピューター業界に対して前向きな考え方を持っていることをアピールしましょう。 SEに採用されるためには、資格を取得しておくと有利です。SEのための資格試験はさまざまな種類がありますが、まずは「基本情報技術者試験」の取得、さらに上の「応用情報技術者試験」を取得しておくと有利になる可能性があります。

ページトップへ