グラフィックデザイナー

チューイチ

グラフィックデザイナーの正社員/契約社員の求人・募集情報

グラフィックデザイナーの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。グラフィックデザイナーの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    グラフィックデザイナーの仕事では、コンピュータ上で描画ソフト(Illustrator)や画像編集ソフト(Photoshop)などのソフトを駆使し、印刷物などのデザイン制作を担当します。広告代理店や出版社から依頼を受け、企画内容やコンセプト、ターゲットなどを確認し企画や見積もりを作成するところからスタートします。折り込みチラシ・ポスター・企業の会社案内・商品紹介パンフレット・ダイレクトメール・雑誌広告・カタログ・名刺・商品パッケージなど、印刷にかかわるすべてのものが対象となります。このほかにも、屋内屋外看板・企業のロゴデザイン・イラスト制作・キャラクター制作まで、その制作範囲は多岐にわたります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    グラフィックデザイナーは、自分が制作したものが世の中に出回って、商品やサービスが売れたりお客様から反響があったりしたときにやりがいを感じられるでしょう。1つの作品を作るのに長い期間を費やすこともあり、完成したときの満足感や達成感は言葉では表せられないほどです。実務経験を積むことで大手の新商品発表など、販売戦略のコンペティションに参加したり、そのプロジェクトを任されたりするなど仕事の幅が広がっていきます。将来的にはカメラマン、コピーライター、グラフィックデザイナー、DTPオペレーターを束ねるアートディレクターや、広告戦略、販売戦略、マーケティング戦略などを具体化するクリエイティブディレクターの道も拓けてきます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    グラフィックデザイナーの勤務先は、印刷会社や広告代理店、デザイン制作会社、デザイン事務所などです。基本的には社内でのデスクワークが中心で、服装や髪型、アクセサリーなどは自由ですが、取引先との打ち合わせに行く際は清潔感がありビジネスマナーに則った服装が求められます。勤務時間は日中勤務で週休2日制が多いですが、フレックス制を導入している会社も多数です。デザインの仕事はここまでやれば終わりといったものがないので、自分自身が納得のいくまで没頭する傾向があり、その分勤務時間も長くなる傾向にあります。手に職がつくので出産や育児でブランクがあっても再就職もしやすく、在宅での仕事もしやすいため長く続けられる仕事です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    グラフィックデザイナーになるために資格は必要ではありませんが、描画ソフト(Illustrator)や画像編集ソフト(Photoshop)、レイアウトソフト(InDesign)を実務で使える程度の技術が必要です。専門学校や大学でデザインを学んでいると採用の際に役立ちます。しかし未経験から正社員になることは難しいので、インターンシップに参加しておくほか、アルバイトからはじめて正社員になるという道もあります。まずはオペレーターとして、デザイナーが制作したラフデザインやサムネイルをもとに作っていくことからはじめる場合もあります。取引先との打ち合わせや提案、社内での会議などがあるので会話力や対応力も重要となります。
グラフィックデザイナーのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ