30代

チューイチ

30代の正社員/契約社員の求人情報

30代の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。学歴(高卒)不問の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    30代の人は、いままで就いたことのない未経験の仕事を選択するのか、それとも前職までの経験を活かした仕事を選択するのかを悩む人も少なくありません。また、経験のあるなしによっても選択肢は変わってくるでしょう。30代の人を求める企業は、即戦力としての活躍を期待して求人募集をすることが多いため、前職までの経験を活かした仕事を探すほうが、採用されやすいでしょう。しかし未経験でも、自分の特性を理解して適している職種を探し、それに合った資格を取得できれば、仕事の幅もぐっと広がります。営業職のような実力主義の業務や人手が不足することの多い製造業、介護福祉関係の業務は、30代を超えてからスタートする人も数多くいます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    ある程度社会経験を積んでいる30代は、自分の性格や特技、好きなこと、嫌いなことも理解しています。自分が本当にしたいことをかなえるチャンスの時期ともいえるでしょう。管理職を目指す場合は面接時にキャリアアップが目的だとはっきりと伝えることで、やる気と好印象を与えることもできます。そのため、積極的にアピールをしましょう。未経験ではじめからスタートする場合でも、多くの職種にとって30代は遅くありません。新しい仕事にチャレンジすることは、その後の残りの人生にも役立つでしょう。社会人経験が長くあり、会話力やビジネスマナーを心得ている人は、就職先の人間関係をスムーズに進めることができるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    30代を対象に含めた求人は、職種や業種の選択肢も豊富ですが、出産前後や子育て中の人は勤務スタイルを変更せざるを得ない場合が多々あります。産休制度や育休制度などの福利厚生が整っている会社は数多くあります。自分のライフプランを考えて条件にあった勤務先を選択すると、ブランクがあっても長く働くことができるでしょう。未経験者の場合、最初はキャリアダウンしてしまう場合もあるかもしれないですが、新たに経験を積むことで給与のアップや昇進も夢ではありません。また、給与や役職だけにとらわれない自分の生き方など、トータルで考えることが必要になります。どの職場へ行っても自信を持って働くことが大切です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    30代で就職をする際は、スキルや資格を持っていれば比較的スムーズに企業から選ばれることが多いです。スキルや資格を持っている新入社員は、企業としては教育する手間と時間、コストを省くことができ、即戦力として現場に投入ができるためです。未経験の仕事に就く場合は、いままでに働いて培った経験を志望動機とからめて伝えることがポイントになります。仕事に就く前に取得できる資格があれば早めに取得しておくこともおすすめです。資格が必要のない職場で働く場合には、仕事のスキルを磨くことが重要になります。何か1つでもいいので、自分の特性に合った能力を磨くことでほかの人と差をつけることができます。

社員登用を目指せる仕事

30代の正社員採用は、20代と比較すると求められる条件も増え、必ずしも「売り手」の世代とはいえません。企業の全般的な傾向として、賃金もまだ高くなく、経験の浅い20代を多く採用し、育成に力を注ぐ一方で、30代には即戦力としての活躍を期待するためです。ただし30代だからといって、常に社員登用が厳しいかといえばそうではありません。30代の転職の場合は、これまでの経験や成果を生かした転職活動の中で、即戦力や管理職を求める企業に採用される可能性は十分あります。では未経験や資格がないなど、就職活動の武器に不安がある場合はどうでしょうか。そうした人でも社員登用を目指せる主な業種としては、サービスや福祉といった分野があります。どちらの仕事も、常に働き手を求めている業種です。労働人口が減る中、未経験で資格がなくても、経験を積むことにより正社員になれる可能性があります。実務を通してスキルを身につけ資格を取得するという道筋もあります。30代はまだ体力もあり、仕事への意欲や昇進への熱意も高く働き盛りの年代です。経験者はその道のエキスパートとしての就職を目指し、未経験者も仕事への意欲や熱意をもって活動をすれば、正社員として活躍の場を得ることができるでしょう。

人気の資格

採用基準は企業によって違いますが、一般に30代は、20代と比べて採用の面で厳しくなるものです。30代を積極的に採用する企業は即戦力となる経験者を求める場合が多いので、未経験者にとっては応募できる仕事の幅が狭くなってしまう傾向があります。未経験であっても希望する業種がある場合、まず必要な資格があるなら、取得するのが就職活動を優位に進めるコツです。20代の場合は未経験でもやる気を買って採用されることはあっても、30代はにはすぐ活躍して欲しいという希望があるためです。30代の就職で人気のある資格には、行政書士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、そして宅地建物取引士などがあります。これらの資格は独立が可能だったり、資格手当があったりするなど、就職後も有利になります。そのほか簿記や医療事務などの事務系の資格も就職時に有効でしょう。30代で正社員への道を模索するのであれば、他の応募者たちから一歩抜きん出るためにも、自分には何ができて、こういう成果を出すことができるという積極的なアピールが必要です。自分の目指す業種に有利な資格があれば速やかに取得して、実務経験はなくても知識があることを武器にしましょう。

ページトップへ