デザイン/デザイナー

チューイチ

デザイン/デザイナーの正社員/契約社員の求人情報

デザイン/デザイナーの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。デザイン/デザイナーの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    デザイナーの仕事はデザインを通じて広告を作成したり、新聞や雑誌の広告デザインやポスターの作成などを行うなど多岐にわたる職業です。また書籍のカバーのデザインや店舗の看板作成などもデザイナーの仕事です。出版社や広告代理店、印刷会社などが主な職場となります。イベントなどの催し物を担う場合にはイラストレーターやコピーライター、カメラマンなどとも一緒に仕事をします。デザインのスキルだけではなく、クライアントとやりとりをするコミュニケーション能力や企画力、修正依頼にも柔軟に対応する粘り強さも必要になります。デザイナーとして働くには特別な資格は必要ではないものの、画像編集ソフトやデザインツールなどを一通り使いこなせる必要があります。またパソコンで作業を進めることが多いため、コンピューターまわりの知識もある程度は必要です。IllustratorやPhotoshopの知識、色彩検定などの資格を持っておくと採用に有利に働く場合があります。新しいものを生み出すセンスが問われるので、常に情報に触れて感性を磨いていく姿勢も求められます。

面接の対策と心構え

デザイナーとして働くための面接対策は、これまでの実績を示すために作品をまとめたポートフォリオを作っておきましょう。作品の内容も大切ですが、作成までにかかった時間も明記しておくといいでしょう。未経験の場合にはまずはアルバイトアシスタントとして就職し、社員登用を活用して正社員を目指していく方法もあります。どういった形で就職をするにしても、志望動機が欠かせません。応募書類を提出するときには、面接まで進むことを想定して、背伸びをしない書き方をすることが大切です。なぜデザイナーとして働きたいかの理由をハッキリとさせるために、結論から書き出し起承転結を意識した文章の構成を心がけましょう。自己PRの部分ではこれまで作成した作品のエピソードなどを絡めながら話を展開していくと、説得力のある伝え方をすることができます。受け答えをしっかりと行う、挨拶をきちんとするといった社会人としてのマナーを押さえておけば緊張してしまうことはありません。また、面接をうける企業のホームページや印刷物にあらかじめ目を通しておくことで、どういった人物像が求められているのかを知ることができます。面接に挑む前に、事前に準備できることは入念にチェックしておきましょう。

ページトップへ