地域を選択してください

エリアから探す

複数条件の検索もアプリでサクサク簡単に!バイトルアプリダウンロード

新着から探す

この条件で探している人は、この条件も探しています

条件から探す

パン屋バイトの面接ココが大事

  • 清潔な身なりで臨もう!

    清潔な身なりで臨もう!

    パン屋は街中のコダワリ店からチェーン店まで様々ありますが、一般的には早朝から夜まで営業しています。仕事も販売の仕事から、製造や調理補助まで幅広くあります。
    面接では食品を扱う仕事であることを前提に考え、髪をまとめ、爪を短くカットし、ナチュラルメイクを心がけた清潔感ある服装で出向きましょう。コツコツと真面目に仕事する人が好まれるため、真面目さをアピールする必要もあります。
    製造や調理補助の仕事は必ずしも技術があることは求められないので、指示に従って覚えることができます。ですが、料理が好きとかパン製造に興味があることをアピールすべきでしょう。また早朝からの営業のため、朝から晩までフレキシブルにシフトに入れると喜ばれます。

  • 販売は元気な接客!

    販売は元気な接客!

    パン屋のアルバイトには製造スタッフと販売スタッフに分かれていますが、どちらも食品を直接扱うので、何と言っても清潔感がある人材が求められます。面接に向かう際にはできるだけ派手な化粧や髪型は避けるようにし、長いネイルやマニキュアも控えるようにしましょう。
    販売スタッフは直接お客様に接客することになりますから、明るい接客ができる元気な方が好まれます。面接の際は持ち前の明るさと笑顔をアピールし、面接官からの質問に対してしはっきりと受け答えもすると良い印象を与えられます。
    また、週何日シフトに入ることが可能か、希望勤務時間帯についても質問されますので明確に答えられるようにしましょう。

  • 製造は正確性が大事!

    製造は正確性が大事!

    パン屋のバイトでは主に製造と販売にわかれます。
    製造では食品を扱うため清潔感と仕事の正確性を持つ人材が求められ、販売では清潔感と明るく元気に接客できる人材が求められます。バイトの開始時間は仕込みを入れて早朝から始まるため、シフトの融通を利かすことができる方でないと少々難しいかもしれません。
    また、何種類とあるパンの名前と価格を覚える必要があるため記憶力も重要です。パン屋によってやり方が変わるので、これまでに経験がある人でもほぼ一からのスタートになるため経歴はさほど気にする必要はないでしょう。
    ただいずれにしても熱意を伝えるために、ここで成長をしていきたいというポジティブな回答を用意しておくと面接官に好まれます。

パン屋バイトのアンケート調査

  • 収入状況

    収入状況

    どれくらい稼げるの?

    パン屋という仕事は、朝食に欠かせないアイテムを作るため、朝食時間に合わせて早朝から始まります。地域の小さなパン屋の場合は夜は比較的早めにクローズしますが、有名店やチェーン店などでは夜遅くまで営業しているところも少なくありません。そのため、早朝は授業に行く前の学生さん、日中は主婦やフリーター、夜間は学生さんやフリーターといった形で多くの方が働いています。数時間から働くことができるので、空いた時間を使ってシフトにも入りやすいです。
    気になる収入状況ですが、学校と両立させながらの学生さんは月に3万円以上5万円未満という方が多くなっています。一方、主婦の方なら5万円以上10万円未満、配偶者控除を気にしない方やフリーターの方では10万円以上を稼ぎ出している人も少なくありません。

    調査対象人数:79人,
    実施期間:2014年12月25日~2015年1月1日,
    調査手法:インターネット調査

  • いいね!ポイント

    いいね!ポイント

    他のバイトとの違いは?

    いつもパンの中に囲まれて仕事ができるのがパン屋のアルバイトです。パン好きな方にとってはパンの良い香りに包まれながら仕事ができるので、幸せを感じながら携わることができます。休憩中にはお店で作られたおいしいパンを食べることができますし、焼き立てのパンを頂く事ができると最高ですね。
    製造スタッフの場合はパンの作り方を働きながら学ぶ事ができるので、パン作りに興味がある方にとっては魅力的なポイントです。
    閉店時間も早めですから、バイトを適度な時間で切り上げられるのでアフターファイブも充実させることが可能です。アルバイトの中には学生も多く、同年代で仲間を作りやすいので楽しく仕事ができますよ。早朝からオープンしているパン屋ですと、早朝手当が頂けるケースもあります。

    調査対象人数:79人,
    実施期間:2014年12月25日~2015年1月1日,
    調査手法:インターネット調査

  • あるある

    あるある

    images
    imagesパン屋の朝は早くシフトによっては4時ころから出勤があります。最初はこのシフトに慣れるのが大変で辛かったのですが、早朝手当が出ますし、シフトを終えて帰宅したあと一日が長いのですごく得をした気分になれます。
    images
    imagesパンが好きでこの仕事についたのですが、毎日焼き上がりのパンの香りに包まれながら働くのはとても幸せです。パン好きにとってはたまらないこの香りをかぎながら働けるので、自然と笑顔になれる仕事だと思います。
    images
    images私の働くパン屋は個人店で、旦那さんと奥さんの二人とバイト3人で切り盛りしています。販売スタッフとしてパン屋のバイトを始めましたが、バイト終わりにはパン作りを学ばせていただいています。最近、パン作りが趣味になって来ました(笑)。
    images
    imagesベーカリーの専門学校を出ているわけではないので、パンの成形などはバックヤードで習っています。プロのパン屋から直接教わっているので、パンづくりの腕はみるみる上達しています。将来は自分で宅配ベーカリーをしたいです。
    images
    imagesデニッシュはプラケースに入れて、焼き立てのパンは袋を少し開けるなどパンによって包み方が変わり複雑です。ベーカリーは混雑する時間は本当に忙しいのですが、こうした複雑な作業や会計もてきぱきとこなせるようになりました。
  • パン屋バイトに求められる人材とは

    「お客様を笑顔にしたい」「パンやスイーツが大好き!」という人にお勧めなのがパン屋とスイーツのアルバイト。こんがりと焼けたパンの香ばしい匂いに囲まれて仕事をすることができます。 製造スタッフは、食品を扱いますから清潔感のあるひと、正確な仕事ができることが求められます。販売スタッフは、清潔感があって明るく元気な接客ができる人が好まれます。覚えるパンの種類はアルバイト先によって異なるものの、50種類から100種類のパンの名前と値段を覚えることになります。覚えるのは大変かもしれませんが、今まで知ることが出来なかったパンの製造法を知ることが出来れば、お家でも自作のパンを作れるようにもなります。パンのポップ広告を作る仕事は売上にも貢献できて、やりがいとなるでしょう。パンだけでなくスイーツを販売しているお店もあって、料理のレパートリーが広がることも嬉しいです。

  • パン屋バイトの主な仕事内容

    販売スタッフと製造スタッフの2種類があります。販売スタッフは、パンの陳列、レジ、トレイやトングの補充、店内清掃などが業務になります。プレゼント用のラッピングを学ぶこともできます。明るい接客や店内を清潔にすることを心がけてくださいね。製造スタッフの主な作業は、店内製造か大手メーカーの工場生産なのかで変わってきます。 店内で手作りしている場合は、生地作りからオーブンの使い方、デコレーションなど、いろいろな作業があります。心をこめてパンを作ってください。製造スタッフは、初心者には難しそうにも思えますが、作業自体は単純なもので、アルバイト応募に必要な資格・条件は特にありません。料理好きの人はもちろん、未経験者歓迎のところばかりです。

  • ワンポイントアドバイス

    パン屋さんは短期よりも継続して長く働いてくれる方を求めています。「6ヶ月以上の長期勤務歓迎」としているパン屋も沢山あるため、長期で働きたい人にとって狙い目のアルバイトになっています。その分、シフトも組みやすいので、空いた時間にバイトしたい人も働きやすい職場です。バイトルでは多くの求人情報を掲載していますので、探してみてください♪