デイサービス

チューイチ

デイサービスのバイト・アルバイト・パートの求人情報

デイサービスのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    デイサービスの仕事内容は、まず利用者の送迎から始まります。そもそもデイサービスとは、さまざまな事情から介護施設に通所や入所ができない方に向けた介護サービスです。そのため、まずは利用者の送り迎えをして、通所や入所ができない方でも介護サービスを受けられるようにするのがデイサービスの仕事といえます。ただ、利用者の送迎サービス以外は、デイサービスの仕事も一般的な介護施設とほとんど変わりません。利用者を施設まで送迎したら、施設内において食事や入浴の介助、またレクリエーションやリハビリなどを行っていきます。介護の仕事に従事するためには資格が必要なのではと思われがちですが、デイサービスは無資格や未経験でも始めることができる仕事でもあります。そもそもデイサービスには人員基準があり、管理者や生活相談員、看護職員、介護職員、そして機能訓練指導員がそれぞれ1名以上いなければならないというものです。しかし、基準を満たしてさえいれば、その他の人員は無資格や未経験者でも自由に配置して良いことになっています。そのためデイサービスでは、バイトやパートのスタッフがそうした専門職の補助をするのが通例です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    デイサービスの仕事は無資格でもはじめられる業務があり、勤務をしながら介護に必要な知識を研修などで身につけていくことができます。介護職は人員が不足している事業所が多く、募集が比較的多い職種です。どちらの地域へ行っても介護の仕事があり、働く条件も選びやすいといえるでしょう。そのため介護業務の知識を学んでおけば、ほかの事業所で働く際にも活かすことができます。本格的に介護の仕事をしたい人やケアマネージャーを目指している人は、キャリアアップ制度が設けられている職場を選ぶことで、効率よく介護福祉に関する資格取得をすることが可能です。資格を取ることでアルバイトから正社員へ、無資格から介護士や介護支援専門員へとステップアップも目指せる仕事です。現場での経験や介護の知識を得ることは仕事の幅が広がるだけでなく、家族や自分に介護が必要になったときなど、人生においても役立つスキルとなるでしょう。また、利用者との会話やスタッフ同士での連携も必要とされるため、コミュニケーション力も磨かれます。介護は体力も必要な仕事ですが、利用者からの感謝の言葉が直接聞けることは、やりがいや楽しみにつながります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    デイサービスのアルバイトは長期間勤務ができる職場です。アルバイトとして働きながら経験を積んで資格を取得すれば、正社員として雇用してもらえるチャンスもあります。1週間に2日から5日の勤務など比較的シフトの融通が利くところも多く、短時間勤務や日勤のみの勤務が可能である場合も多いため、自分のライフスタイルに合わせて働くとよいでしょう。ほかの仕事とかけもちして働くことも可能です。子育てが落ち着いて仕事に復帰した主婦・主夫も数多く活躍しています。施設内の業務だけではなく送迎を担当する場合もありますので、運転や利用者の乗り降りを介助する際には事故のないように十分注意しましょう。デイサービスの利用者である高齢者との交流も多くあり、幅広い年代の人と接する職場です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    介護職には介護職員初任者研修や介護福祉士などの資格が必要だと思われることが多いですが、デイサービスには人員基準があり、その基準を満たしていればそのほかの職員は未経験者や無資格でも勤務できます。そのため、未経験や資格を持っていない場合でも、補助業務としてアルバイトスタッフが活躍できる仕事です。また、デイサービスでは利用者の送迎が必要なため、ドライバーの募集を行っているところもあります。ドライバーは普通自動車免許が必要となりますが、1人で送迎をする場合はさらに介護福祉士の資格が必要とされる場合もあります。ドライバーの求人に応募する場合は、必要な資格の確認をしておきましょう。どのポジションであっても人間相手の仕事ですので、清潔感のある人が好まれます。面接時には清潔感のある身なりで挑みましょう。

相談員の仕事

デイサービスにおける相談員の仕事内容は、利用者やその家族からの介護に関するさまざまな疑問に答えたり相談に乗ったりすることが主となります。ただ、相談員の仕事は何か決まったことをすれば良いというわけではありません。その場その場の状況に応じて、臨機応変に対応するのが相談員の一番の仕事だといえます。相談員は、まず利用者やその家族と面談の機会を設け、さまざまな意見や要望を把握することになります。そうした意見や要望を聞き取ることで、その利用者にどのような介護サービスが必要になるのかなどを検討していきます。次に、面談を通じて得た情報をもとにして、ケアマネージャーなどと意見交換を行っていきます。相談員の仕事は、いわば利用者と介護職員の橋渡しです。利用者の要望と、介護員の意見とを調節して、利用者に最適な介護サービスを提供することができるように調整していきます。それから、相談員は日々の介護の状況を観察することも仕事のひとつです。観察を通じてその介護サービスが適切であるかどうかを判断し、適切でないとしたら介護プランの見直しなども行っていくことになります。相談員はとにかく利用者の意見をよく吸収するということを第一に考えられなければなりません。したがって人とのコミュニケーションが好きな人に向いている仕事だといえます。

送迎の仕事

デイサービスでは、利用者の送迎を必ず行わなければなりません。そのため送迎ドライバーが必要になります。送迎ドライバーとはいえ、必要とされるのは2種免許ではなく普通自動車免許のみです。ただ、デイサービスの仕事には人員基準があります。ひとりで送迎を行う場合は、運転免許だけでなく介護福祉士としての資格が要求されることもあります。送迎ドライバーの求人に応募するときは、資格の有無をチェックしておくと良いでしょう。送迎ドライバーの仕事内容は、基本的に利用者の自宅と施設とを往復するのが主となります。ただ、送迎の際は、車いすの上げ下ろし作業を手伝ったり、利用者の乗り降りを介助することも仕事内容に含まれることになります。また、運転する車はワンボックスカーなどの少し大きめの自動車が多いです。特に都市部の場合、道が狭いため大きな車の運転に苦労することもあるかもしれません。そういう意味では、運転が得意ということは送迎ドライバーをするうえで大きな強みにもなります。それから、社内では利用者とのコミュニケーションも必要になってきます。そのため、送迎ドライバーにもコミュニケーション能力が求められるといえるでしょう。

志望動機の書き方・話し方

デイサービスの求人に応募する場合、どのような部分に興味を持ったのかを志望動機にしっかりと書くということが採用につながる確率を高めるでしょう。もともと介護業界全体に興味があるなら、デイサービス以外にも興味を持っていることを伝える事が、大きな強みになるでしょう。ただ、デイサービスも接客業の一種です。志望動機を書く際は、興味や関心があるというだけでなく、「人と接するのが好きだから」とか、「ご年配者を笑わせたい」などといった要素を盛り込んでみるとよいでしょう。また、自身の今までの経験を志望動機に記載しても評価が高くなりやすいです。たとえば、「父の介護がきっかけになった」など、自分が介護業界に興味を持ったきっかけや経験を皮切りに志望動機を書いてみても良いかもしれません。デイサービスは数ある介護業のひとつに過ぎません。そのため、デイサービスに応募する際は、どうして介護業の中でもデイサービスなのかについて説明ができるようにしておきましょう。面接で何か質問をされた際は、明るい話し方を心がけると評価してもらえるはずです。そもそもデイサービスというのは、それを利用することでお年寄りに明るい気持ちになってもらうというのが一番の目的です。そのため、スタッフにも明るさが求められる傾向にあります。受け答えをするときは、ハキハキと明るい声で話すように心がけましょう。

デイサービスの社員・正社員の求人情報
ページトップへ