栄養士・管理栄養士

チューイチ

栄養士・管理栄養士のバイト・アルバイト・パートの求人情報

栄養士・管理栄養士のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    栄養士は食事の栄養に関わるプロフェッショナルです。学校、医療施設、学生食堂や社員食堂などで提供する食事について、必要な栄養を考慮したメニューを考えて、栄養管理を行うことが仕事のひとつとなっています。食事の栄養管理を行うために欠かせない仕事が栄養計算です。栄養計算は、提供する食事が適切な栄養を含んでいるか、栄養価を計算する仕事です。栄養計算の方法には具体的にレシピを見て行う方法があります。提供する予定の献立のレシピの中に登場する食材から、含まれている栄養価を算出します。また、栄養士としての経験や知識がある人の場合にはメニューの画像を参考にして計算するという方法も行われます。たとえばメニューとしてごはんとみそ汁、ハンバーグのきのこあんかけ、サラダ、ほうれん草の白和えの画像があったとします。栄養士はその画像を見て、ハンバーグのきのこあんかけなら、ハンバーグに使用されているひき肉、玉ねぎなどの量を算出し、さらにハンバーグにかけられているきのこあんの画像からしめじやえのきの栄養価も計算するのです。そして、同様に他の料理についてもそれぞれで使用されている食材を考慮しながら計算を進めていきます。レシピを元にに行う栄養計算の方法では、使われている食材を元に計算を行うため、特別に難解な方法ではありません。さらに栄養計算ソフトを利用することで誰でも計算することが可能となるため、バイトやパートとして栄養士の仕事をしたいと考えている人でも仕事が見つけやすい傾向にあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    栄養士・管理栄養士のアルバイトは、食を通じて栄養や調理方法など幅広い専門知識を身につけていくことができ、その知識は仕事だけでなくプライベートでも活かすことができます。自分の考えたメニューを「おいしかった」といってもらえたときは、嬉しさとやりがいを感じることができます。生きていくために食は必要不可欠なもので、高齢化社会や世の中の健康志向により、これからもますます需要が高まっていく仕事でしょう。学校や病院、介護施設など活躍の場は常にあります。スキルを身につければ、離職中でブランクがあっても再就職しやすい仕事です。アルバイト以外ではフリーランスという道もあります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    栄養士・管理栄養士のアルバイトは、経験や実績によって異なりますが、国家資格である管理栄養士の資格を持っていると給与が高い傾向があります。仕事場によっては、髪はまとめて帽子にしまうことや爪は短く保つこと、マスクを着用することなど、基本的な衛生管理が求められます。栄養士と管理栄養士は働く場所によって求められることが違います。学校の場合は、一般的にバランスよく栄養があり、子供が食べやすいメニューを考えますが、病院の場合は個々の患者さんの体調に合ったメニューを考えなくてはいけませんので、医療スタッフと連携が必要です。勤務時間は職場によって異なりますが、病院や福祉施設などの食事の回数が多くある場合にはシフト制が組まれていることが多いです。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    栄養士・管理栄養士のアルバイトには資格が必要です。特定給食施設で栄養士として働く場合は、高校卒業後に専門学校や短大、大学などで決められた課程を修了すると無条件で免許が取得できます。一方、大規模な施設や病院などで必要とされる管理栄養士は国家資格です。高校卒業後に4年制の管理栄養士養成施設で学び、決められた科目を修了するか、栄養士養成施設を卒業後、1年から3年の実務経験を積むことで受験資格が得られます。必要な栄養がとれるメニューを提供するだけでなく、食事をする楽しさや喜びなど、食を通じて人をサポートしたいと考えている人にオススメの仕事です。経験者は採用面で優遇されることがありますので、しっかりアピールをしましょう。

管理栄養指導の仕事

栄養士の仕事には献立を作成したり栄養計算をする業務のほかに、栄養や食事について指導を行う管理栄養指導という仕事もあります。指導をする対象者は、個人に対して指導を行う場合もあれば、学校のような複数の人が集まる場所で、集団に対して指導を行う場合もあります。どちらの場合でも、対象者となる人に必要となる栄養を考慮し、どのような食事をとることが健康な体のために最善かをアドバイスし、指導します。ただし栄養指導の対象となる人が健康な人であるか、健康を害している人であるかによって必要となる資格が異なります。一般的に健康な人を対象とした栄養指導の場合には、都道府県知事の免許を受けて取得する栄養士資格の取得者であることが条件となります。対して病気やなんらかの症状を持っている人を対象とした栄養指導を行う場合には、厚生労働大臣の免許を受けて取得する管理栄養士という国家資格を持っていることが必要です。このため管理栄養士はそれぞれの体質や症状などを考慮した上での栄養指導が求められますが、栄養士の場合には、一般的な栄養指導を行うことが仕事となります。栄養士の具体的な仕事として、学校で子どもたちに対しての食育指導や、健康な人を対象に病気にならないために必要な栄養に考慮した食事アドバイスを行う仕事となります。

保育園での仕事

成長期である子どもにとって栄養はとても大切なものです。しかし子どもの場合、一般的に一食に食べる食事量が少ない分、栄養バランスへの配慮は大切となります。栄養士は、そのような栄養への考慮が必要とされる年齢の低い子どもたちが在籍する保育園などの施設も仕事の現場となります。保育園での主な仕事は献立作り、栄養計算、食材の発注、調理などです。保育園によっては、保護者向けに子どもの食事のアドバイスをまとめたお便りを作る仕事を行うこともあります。また、保育園への入園は0歳から小学校入学前までの子どもが対象のため、年齢に応じて調乳や離乳食、幼児用の食事を用意することが必要となります。子どもによっては食物アレルギーを持っている場合があります。単純に栄養バランスのとれた献立作りだけではなく、保護者や保育士との情報交換も行いながら状況に応じた対応が必要となります。さらに昼食などの食事だけでなく、おやつを提供する場合もあります。その場合、ひな祭りやこどもの日、クリスマスといったイベントや季節に合わせたメニュー作りも行います。このためお菓子作りが好きな人にとって、保育園での仕事は魅力的な仕事となることでしょう。

栄養士・管理栄養士の社員・正社員の求人情報
ページトップへ