栄養士・管理栄養士

チューイチ

栄養士・管理栄養士の正社員/契約社員の求人情報

栄養士・管理栄養士の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。栄養士・管理栄養士の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    栄養士の仕事は専門的な知識を活かして食事の栄養管理や指導を行うことです。具体的には、たとえば食堂や学校、保育園などで提供される食事について栄養学に基づいた献立を考えます。その際、献立の食事を作ったときに必要となる食材の価格を計算したり、作成した献立にバランスの良い栄養価が含まれているかを数値的に確認する栄養価計算を行ったりするのも栄養士の仕事です。勤務先によっては食材の発注なども栄養士が行います。さらに栄養士は提供する際の盛り付けや味付けにも考慮し、食事をとる人の年代や体の症状などに合わせた献立作りが求められるのです。また、健康な体を維持するための食事の指導を行うことも栄養士の仕事です。たとえば、肥満や糖尿病などにならないために必要な食生活のアドバイスを行います。食生活に問題点がある人には問題点を指摘して改善方法を一緒に見つけたり、料理の指導を行ったりするのです。ただし、栄養士が指導を行う相手は基本的に健康な人でなければいけません。食事や栄養の指導を行う仕事には栄養士のほかに、管理栄養士という仕事もあります。栄養士は栄養士養成施設(専門学校・短大・大学)を卒業し都道府県知事の免許を受け取得する資格であるのに対して、管理栄養士は国家試験を経て取得する国家資格であり、仕事内容に重なる部分はあるものの全く別の資格です。通院や入院などをしているような病気を患っている人などに対しての指導は管理栄養士が行わなければいけないことになっています。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    栄養士・管理栄養士は、食べることのうれしさや楽しさを提供できる仕事です。自分の考えた献立や料理がおいしいといわれたときや、患者さんの健康状態が良くなったときには達成感を得ることができるでしょう。勤務先は、病院・施設・学校など活躍できるフィールドがたくさんあります。自分の生活スタイルに合った職場を選べる利点もあります。スキルや経験を積むことで、栄養士から管理栄養士になることもできますし、独立して働くこともできるでしょう。資格を必要とする仕事であるため、誰にでもできる仕事ではありませんので重宝されやすい職業です。近年では日本だけでなく、世界規模で食事や栄養の重要性が認識されています。ますます需要は高まるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    栄養士・管理栄養士の仕事は、病院や高齢者施設、給食センター、学校、一般企業などさまざまな勤務先があります。また職場によっては公務員として働くこともできますが、自治体単位の募集となり競争率も高めです。爪を短く保つことや、髪の毛が長い人は結ぶなどして、服装や身だしなみに徹底した管理が必要です。この仕事は女性の比率が高い仕事で、結婚や出産などでブランクがあっても就職する人が多いのが特徴です。そのため、再就職しやすい傾向にあります。しかし勤務先によって勤務時間が大幅に変わってきます。自分の生活に合わせた選択が必要です。給与は、経験やスキルによって異なりますが、栄養士より管理栄養士の資格を持つ方が高収入が望めます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    栄養士・管理栄養士になるには、国家資格が必要です。「栄養士」は、病気ではない人に対して栄養に関する指導を行うことができます。「管理栄養士」は、栄養士の範囲に加えて病気の人にも専門的な栄養の指導が行える資格です。管理栄養士の資格を取っておくと、正社員として求人応募する勤務先の選択肢も増え、就職に有利でしょう。養成学校や4年制大学、専門学校を卒業していれば、栄養士の免許が得られ、実務経験なしで管理栄養士の受験も可能です。職場によっては調理業務を行うこともあります。料理を作ることが好きな人や食に興味のある人に向いているでしょう。また管理栄養士は患者さんの体調に合わせてメニューを考え、栄養指導を行います。

志望動機の書き方・話し方

栄養士の資格を活かして正社員として採用選考を受ける場合、一般的に履歴書の提出が求められます。採用担当者が履歴書の記載内容の中で重要視するもののひとつが志望した動機です。志望動機は書類選考時だけではなく、その後、面接へと進んだ際にも質問されることが多い内容となっています。志望理由では自分の関心や強み、そしてそれを入社後にどのように活かしていけるのかといった具体的な内容を伝えることが必要です。過去に栄養士として働いたことがある場合には、その際の成功体験を具体的なエピソードとともに伝えるとよいでしょう。過去の実績とともに将来への具体的なキャリアビジョンについても伝えることで仕事への熱心な姿勢をアピールすることが可能となります。栄養士の仕事が未経験の場合には、学校で学んだことや他の業種で得た体験によるエピソードを使ってアピールするという方法もあります。エピソードは仕事への強い関心と、やる気を感じさせる内容にしましょう。アピールするポイントは希望する職場が求めている人材や企業の特性をしっかりと把握した上で、それぞれに合わせて選ぶことが大切です。また、面接の際には明るくはきはきとした受け答えをするようにしましょう。栄養士は他の職種の人と関わりながら行うことが多い仕事です。受け答えの対応姿勢によっては栄養士として求められるコミュニケーション能力の良し悪しを判断されてしまうこともあります。

栄養士・管理栄養士のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ