薬剤師

チューイチ

薬剤師の正社員/契約社員の求人情報

薬剤師の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。薬剤師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

病院のお仕事内容

病院での薬剤師の仕事というと、医師の出した処方せんに従って薬剤を調合する調剤をイメージする人が多いでしょう。確かに大事な業務のひとつではありますが、薬剤師の仕事は他にもいろいろとあります。病院の規模や状況によって多少業務内容は変わりますが、大きく分けると次の4つです。 ・調剤・注射薬の調剤 口から飲む内服薬、皮膚などに直接使用する外用薬だけでなく、注射薬の調剤も薬剤師が行います。処方せんに基づいて薬の投与量や経路、速度などをチェックし、患者さんへすぐに使用できるようにします。 ・服薬指導 医師の出す処方せんを確認しながら、患者さんひとりひとりに最適な薬を調剤します。その際には薬の飲み合わせや副作用の有無、飲み方などを丁寧に説明します。一方的に話をするだけでなく、患者さんから薬に関する相談を受けることもありますので、患者さんとコミュニケーションを取りながら一緒にケアをしていく意識が重要です。 ・医薬品情報管理 病院内には医薬品情報センターと呼ばれる部署があり、新たな医薬品の効果効能や副作用など、医薬品に関するさまざまな情報の収集・整理・保管を行っています。最新の情報を提供し、より良い薬物療法を選んでもらうための大切な仕事です。 ・医薬品管理 病院内で使われる医薬品の購入・管理、各部署への供給も薬剤師の仕事のひとつです。在庫切れを起こさないよう、徹底した管理を行います。 このように、病院での薬剤師の仕事はただ薬を調合するだけではありません。「チーム医療」の一員として、患者さんに最適なケアを施すために必要な情報提供を行うことも求められているのです。 ・その他 上記以外の業務では製剤業務、救命救急業務、治験業務、病棟薬剤業務、疑義照会とブレアボイド、薬剤師外来などがあります。資格を活かし、様々な業務につくことができます。

雇用形態ごとのメリット

調剤薬局やドラッグストア、製薬会社の研究職、MR等、薬剤師の仕事はいろいろあり、働き方もさまざまです。正社員として勤めている人もいれば、派遣社員として働いている人もいます。それぞれの働き方について、そのメリットを考えてみましょう。 ・正社員 どんな職場であれ、正社員として働くことの最大のメリットは安定した収入が望めるという点です。その理由としては、毎月一定の給与が支払われることももちろんですが、福利厚生の充実があります。会社によって内容は異なりますが、産休・育休が取れたり、住宅手当や地方手当などが出たり、給料以外にもお金をもらえることがあるので、生活をしていく上では安心でしょう。 ・派遣社員 薬剤師の場合、正社員よりも派遣で働くほうが給料としては高くなることがあります。派遣社員は「○カ月契約」など有期雇用が前提であり、長期雇用が保証されていないため短期でみると給料が高額になる傾向があるのです。時給にすれば500円以上差が出ることもあるので、短期でがっつり稼ぎたい人には派遣が向いているでしょう。また働き方を選びやすいのも派遣社員の特徴です。「週3日だけ」「1日5時間だけ」といった働き方も探せるので、フルタイムでの勤務が難しい人でも薬剤師としての道を見つけられるでしょう。

ページトップへ