薬剤師

チューイチ

薬剤師のバイト・アルバイト・パートの求人情報

薬剤師のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    調剤薬局の主な仕事の内容には「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」の3つがあります。医師からの処方箋を受け取ると、まず不備がないかをチェックします。保険番号や、患者さんのお薬手帳も照らし合わせ、薬が重複していないか、飲み合わせからの副作用は考えられないかを慎重に確認することが大切です。万が一、気になる点がある場合には、処方箋を書いた医師に確認を取ります。薬を渡せる準備が整ったところで、患者さんに服薬の指導をします。一日に何回の服用が必要であるか、何日間続けるべきであるのか、また飲み合わせの問題についても患者さんとコミュニケーションを図りながら説明する必要があります。患者さんに安心して薬を服用してもらうためにも、薬剤師にはコミュニケーション能力が必要であるとも言えるでしょう。患者さんにとっての調剤薬局とは、病院やクリニックを受診する際の最後のステップであり、最後の医療機関です。そのために家に帰ってからの薬の飲みかたや使い方で、症状が悪化してしまうケースも考えられます。そのために調整薬局で働く薬剤師は患者さんとの信頼関係を大切にし、責任ある仕事が求められています。また、管理薬剤師というポジションを会社側で与えられた場合には、医薬品の在庫や、保険の請求に関するレセプトの管理といった仕事も任されるようになります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    薬剤師の国家資格を持っていますと、病院や調剤薬局をはじめ、ドラッグストア、製薬会社、大学や研究所など、数多くの選択肢から自分の生活スタイルに合わせて職場を選ぶことができます。一般的に、研究職や病院勤務など、高い専門性が必要とされる職場ほど時給が高いことが多いです。全体的にみても比較的高時給ですので、パートやアルバイトで働く場合でも、短時間の勤務で高収入を得ることができるでしょう。薬剤は日々増えていきますので、資格を持っていることに甘んじることなく、新鮮な知識をつけるために自分で勉強を積み重ねていくことが必要です。職場の環境によっては、そうした勉強する場も整っていますし、製薬会社のMRなどから新しい情報が得られる機会もあります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    病院、調剤薬局、ドラッグストアなど、どんな職場を選ぶかで働く環境は大きく異なります。病院勤務の場合、医師や看護師などほかの専門職と連携をとりながら仕事にあたりますので、高度な専門性とチームワークが要求されます。医療関係の学会に出席することもあります。責任は大きいですが、やりがいのある職場です。調剤薬局やドラッグストアでは、日常的に地域のお客様との触れ合いがあります。病院ほどの緊迫感はありませんので、おだやかに仕事ができるでしょう。ほかにも高齢者・障がい者施設といった施設勤務もあり、ターミナルケアで痛みの緩和にあたるなど、自分なりの使命感を持ってそのような職場を選び、資格を活かすことも可能です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    薬剤師になるためには、薬学系の大学に進学することが必須です。薬剤師には国家資格が必要であり、薬剤師の国家資格を取得するためには大学の薬学部または薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了している必要があります。薬剤師になるために必要である「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」さらには「免疫学」などを学び、調整薬局での実習も行うことで、即戦力として働ける知識や技術を習得します。以前は4年制であった薬学部ですが、平成18年度からは国家試験を受験するために6年制の過程を修了することが必須となりました。そのため、薬剤師を目指すには通常の大学に比べて2年長く勉強する必要があります。薬剤師国家試験は薬学系の大学を卒業するときに受験します。出題範囲が広いのも特徴で「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「法規・制度・倫理」といった薬学に関する分野から主に出題されます。受験会場は大都市を中心に行われ毎年平均して70%~90%の合格率です。年に一度の試験ですので不合格の場合には翌年まで受験のチャンスはありませんが、受かるまで何度でも受験が可能です。無事に合格すると厚生労働省の薬剤師名簿に登録されて薬剤師免許が得られます。

病院での仕事内容

病院で働く薬剤師は病院の来院患者と入院患者に向けた調剤業務を行います。医師からの処方箋を確認し、患者さん1人1人にあった薬を調剤します。病院独自の製剤も薬剤師の仕事です。来院している患者さんには、帰ってからも薬を正しく使用するために服薬方法を説明します。薬剤管理指導業務では医師や看護師とのチーム医療を行っているため、薬物治療の進行状況を患者さんに伝えることも薬剤師の仕事です。入院中の患者さんへの服薬指導にはたっぷりと時間を割いて説明することが多いようです。注射剤や混注剤の調剤も大切な仕事です。注射剤は無菌状態で行う必要があるためにクリーンルームで行い、薬の効果が落ちることがないように最善の注意を払います。病院によっては高カロリー輸液の調剤を行うこともあります。また、患者さんにとって安全で効果的な薬を使った治療が行えるように医師とともに治療法を組み立てます。それを薬物モニタリングといい、使用や調剤にテクニックを必要とした薬を投薬するときに行われます。そのほかにも病院内で使われる医薬品をすべて管理することが求められます。薬の品質管理には温度や湿度など気を付けるべき点が多くあります。血液を原料とする医薬品もあり、その扱いには慎重に慎重を重ねる必要があります。

面接の対策と心構え

薬剤師は国家資格が必要な仕事であるので、限られた人しか薬剤師として働くことはできません。そのため、薬剤師の求人には薬剤師資格を所持した方が応募してきます。薬剤師は比較的時給が高い傾向にあり、人件費の高さから採用にも慎重になる病院や企業も多いようです。そのため、面接においては面接官にこの人と一緒に働きたいと思わせることが大切です。これまでどのような職場でどのような経験をしてきたのかや、どれくらいの専門的な知識やスキルを積んでいるかを示しましょう。ほかの薬剤師には無いような圧倒的な実績や経験を伝えられるとよいでしょう。薬剤師は患者さんとのコミュニケーションが取れることが重要ですので、コミュニケーション能力をアピールするのもいいでしょう。前職においてどのくらい患者さんから親しまれていたのか、患者さんを増やした経験なども盛り込むことで高評価につながることも期待できます。薬剤師の面接は年々難しくなっていていると言われていますので、ライバルにどれくらいの差がつけられるのかということが重要です。

薬剤師の社員・正社員の求人情報
ページトップへ