調剤薬局

チューイチ

調剤薬局のバイト・アルバイト・パートの求人情報

調剤薬局のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    調剤薬局は単独の店舗のほかドラッグストアの中に併設されている場合があります。ドラッグストアでの職種は総合職と薬剤師に分かれています。調剤薬局の場合は国家資格を有している薬剤師が主に活躍する場です。その資格を活かして薬剤や健康食品などのカウンセリングと販売を行います。臨床の現場や研究施設とは違って、調剤薬局では商売のセンスや接客のスキルも必要です。 薬剤師としての仕事内容は、医師からの処方箋で薬を集める調剤からスタートします。それぞれの薬の位置を覚え、徐々に患者ごとのオーダーメードの薬を調剤する業務や、処方箋にミスがないか、他で飲んでいる薬との飲み合わせに問題はないかなど確認する作業などを任されていきます。 調剤薬局では薬剤師のほかにも、調剤薬局事務が行う受付業務、会計業務、請求業務などがあります。患者と直接かかわり調剤薬局の顔ともいえる存在です。患者から処方箋を受け取り保険証も確認し、処方箋の内容をコンピューターに入力します。そして保険の種類に応じて計算しお金を受け取り領収書の発行までを行います。保険の負担分の請求も別途行うので、毎月患者さんごとの診察報酬明細書の作成も担当します。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    薬剤師、調剤薬局事務を問わず、調剤薬局でアルバイトをするメリットとしては、一度仕事を覚えてしまえば転職の際、同じ業種の仕事探しが容易になるという点が挙げられます。調剤薬局は全国各地にあり、しかも、薬剤師は資格職で、調剤薬局事務の仕事は経験が重視されるケースが多いです。そのため、どこに行っても、何歳になっても仕事を見つけやすいことが要因の1つです。また、調剤薬局事務の仕事をする場合、仕事を通じて身につけた薬に対する知識が、プライベートで役立つこともあるでしょう。基本的には患者さんと接する仕事なので、コミュニケーション能力を高めたい人、ホスピタリティを磨きたい人にはピッタリのアルバイトといえます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    調剤薬局のアルバイトの給与は、職種や薬局の規模によって異なります。調剤薬局事務のアルバイト・パートをする場合、時給は比較的高めに設定されていることが多いです。勤務時間は朝9時から20時前後までが中心で、そのなかでシフトを組んで働くことになります。また、土曜日は午前中のみの営業としていることもあります。これは、近隣の病院の診察時間に合わせているからです。正社員と違い、アルバイトは勤務時間の融通が利きやすいので、応募する際に希望する勤務時間帯をしっかりと伝えるといいでしょう。薬の調剤や受付をするだけでなく、患者さんの悩みや相談に耳を傾けることも大切な仕事の1つになります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    調剤薬局のアルバイトには大きく分けて、薬剤師の仕事と事務の仕事があります。薬剤師の仕事をするためには国家資格が必要です。事務の仕事に資格は必要ありませんが、レセプト業務などには専門知識が必要になるので、資格を持っていたほうが採用時に有利になることはあるようです。メジャーなものとしては、「調剤事務管理士」という資格が挙げられます。調剤薬局を訪れるお客様は、身体のどこかに不調や痛みを抱えている人が大半です。1人ひとりの体調に配慮するホスピタリティは欠かせません。また、薬に対して不安や疑問を抱いている人も珍しくありません。専門的な情報を優しく噛み砕いて伝える技術も必要です。
薬局・調剤薬局の社員・正社員の求人情報
ページトップへ