医療・介護・福祉

チューイチ

医療・介護・福祉のバイト・アルバイト・パートの求人情報

医療・介護・福祉のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    医療・福祉・介護の仕事は幅広く、それぞれ働く場所や業種、対応する人で異なります。病院やクリニックなどでは、診療を行う医師、体温や血圧のバイタルチェックなどの診療補助をする看護師の仕事などがあります。介護施設では、入浴介助や食事介助、移動介助など、日常生活の機能を維持するための訓練を行う業務が多いでしょう。また、利用者が楽しみながらできる運動やレクリエーションを考えたり、利用者さんと一緒に外出したりすることもあります。福祉の仕事は、高齢者や障がい者、児童などに対して生活支援の相談に乗るといったケアワークや栄養管理などの指導をします。ほかにも地域福祉の推進や支援や、ボランティアで動くこともあるでしょう。いずれも、患者さんや利用者の生活の質を高めるためのお手伝いをする仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    医療・介護・福祉の仕事のメリットは、状況が改善され生活しやすくなった姿を見ることで「大変だったけど、この仕事をしてきてよかった」という、やりがいを感じられることでしょう。患者さんや地域で暮らす人々の笑顔を見られることや「ありがとう」といわれることが、何よりもうれしいことでしょう。一方で、どの職種であっても1人では治療や支援は成立しないため、チームで目標に向かうことにより協調性が養われます。スキルアップを図るという点では、医師であれば大きな病院で経験を積むことで、さまざまな病気に対する知識や技術を向上していけるでしょう。将来的には独立開業できる可能性もあります。看護師の場合は、一定の経験年数があれば、専門看護師の資格を取ることができます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    働く環境としては、総合病院や大学病院、個人クリニック、介護施設などさまざまな医院や施設があります。市町村などの健康相談所で健康管理を行うことや、公的機関に属する職場になることもあるでしょう。この業界で働くほとんどの人が国家資格を有しており、活躍できる場は全国どこにでもあります。とくに介護領域では人員不足であるため、仕事がなくなるのでは、という不安は比較的少ないでしょう。病院や老人施設などは、患者さんの移動や排泄、入浴のお世話などがあり、本当にこの仕事が好きでなければできないと感じることも多いでしょう。職場によりますが、夜勤や変則勤務があるため、そのライフスタイルに慣れるまで時間的に不規則な勤務が大変だと感じる人もいるかもしれません。職種による男女比は、登録されている医師で8:2と圧倒的に男性が多いですが、保健師や看護師ではまだまだ女性が多く活躍しています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    専門職の仕事であるため、ほとんどの業務に公的資格が必要になってきます。病気の治療を行う医師は「医師免許」が必要です。看護師の仕事をする上でも「看護師」資格などが必要となります。診療補助や日常生活援助、生活指導の仕事を行うのであれば「保健師」の資格、リハビリテーションを行う「理学療法士」や「作業療法士」の資格があります。一方、地域で生活する人が対象であれば、日常生活を送れるように調整をするソーシャルワーカーやケアマネージャー、精神に障がいを抱えた人の援助をする仕事であれば「社会福祉士・精神保健福祉士」の資格を取得しておいたほうがいいでしょう。職種によって必要な資格は変わりますが、共通して必要なスキルはコミュニケーション力です。まずは相手の病気や障がいなどを理解し、信頼関係を築いていくこと、良好なアプローチをすることが必要とされます。
医療・介護・福祉の社員・正社員の求人情報
ページトップへ