グループホーム

チューイチ

グループホームのバイト・アルバイト・パートの求人情報

グループホームのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    グループホームの仕事は、認知症の症状がある高齢者の生活支援を行うことです。グループホームは介護保険法での正式名称を「認知症対応型共同生活介護」といい、施設がある市区町村に住所を置く要支援2以上の介護認定を受けた人のみが利用できます。また原則としては65歳以上の高齢者が入居の対象です。ただし、精神障害者や知的障害者を対象とした専門の施設もあります。1ユニットが9人までの構成とされていて入居者は家庭的な環境の中でできる限りの自立した生活を目指します。 グループホームで働く場合、高齢者の生活に関するさまざまな支援を行いますが、その内容は幅広く、排せつや入浴、食事の介助だけではなく、料理を作ったり、掃除をしたり、一緒に趣味や買い物を楽しんだり、高齢者の方々とおしゃべりをしたりといったことなども仕事です。基本的には、入居者が共同生活の中で主体的に日常生活を送ることにより、認知症の進行を遅らせることを目的としています。このため、入居者の健康管理を行うために看護師が働いていることもありますが、一般的にはケアマネと呼ばれる介護支援専門員の資格取得者を中心にして介護職員たちにより介護業務が行われます。アルバイトやパート職で働く場合には通常、介護職員として働きますが、介護福祉士の資格があることが望ましいとはされているものの、無資格無経験で仕事を行うことも可能です。グループホームの仕事は入居者の生活すべてについての支援であるため、早番、日勤、夜勤のように交代で常に職員が在中するようにされています。ただし具体的な業務内容や勤務時間は施設ごとの方針によって変わるという特徴もあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    グループホームでアルバイトをすると、仕事を通して認知症の人に対しての知識を深めることができます。また、実務経験を積み、資格取得をしながらキャリアアップを目指すこともできます。たとえば、認知症介護経験が3年以上あれば管理者になる資格を得ることができ、5年以上になるとケアマネージャー試験に挑戦することができます。資格取得することで、仕事の幅が広がり、給与アップも見込めます。そのほか、ほとんどの利用者が身体的には自立していて、基本的に見守り介護になるため、介護職としては体力的な負担が少ないことがメリットといえるでしょう。また、食事のときなどに入居者様からさまざまなお話を聞くこともできます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    グループホームのアルバイトの給与は、エリアや施設、仕事内容によってさまざまです。資格を持っている人は、給与面で優遇される場合が多いです。施設によっては、資格取得支援制度を用意している場合もあります。利用者様と密接に関わりあう仕事が多いので、認知症などに対する理解を深め、知識をつけておくと冷静に対応ができ、仕事を長く続けることができるでしょう。勤務形態は、早番、日勤、遅番、夜勤の交代制になる場合がほとんどです。シフトの相談に乗ってくれる職場が多いので、しっかり自分の希望を伝えておきましょう。20代からシニアまで幅広い年齢層が働いており、男女ともに活躍できる職場です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    グループホームは、認知症の高齢者の方が多く利用する施設です。スムーズに業務に入るには、認知症に対しての理解とある程度の知識が必要とされます。資格必須ではありませんが、「介護職初任者研修」や「ホームヘルパー2級」などの資格を取得していると、業務の幅が広がり仕事もしやすくなるでしょう。実務経験があり、すでに「ケアマネージャー」や「介護福祉士」の資格を持っている人は、仕事をする上で有利になります。また、夜勤の際、入居者様が夜に徘徊されるなど、臨機応変に対応しなくてはならない場合もあります。介護とは別の対応力や注意力、忍耐力が必要になるでしょう。また、グループホームでは、利用者1人ひとりとのコミュニケーションを大切にしているため、コミュニケーション能力の高さも重要なスキルの1つです。
グループホームの社員・正社員の求人情報
ページトップへ