病院事務・病院受付(医療事務)

チューイチ

病院事務・病院受付(医療事務)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

病院事務・病院受付(医療事務)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。病院事務・病院受付(医療事務)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    医療事務の仕事内容は、主に6つに分類できます。受付業務、外来の患者さんの事務作業、会計業務、入退院の受付業務、病棟での事務作業、請求事務業務です。受付業務は保険証を確認し、カルテに基本的な情報を登録します。外来の患者さんの事務作業は、カルテの準備や診療室への案内をする業務です。会計業務は診療後、カルテの内容をもとに医療保険の点数計算をします。入退院の受付業務は、入院時の書類の手続きや説明を行う業務です。病棟での事務作業は、カルテの管理や面会者の案内を行います。請求事務業務は、医療保険の保険者や保険組合に請求するための書類作成を行います。作成時にはカルテの内容も理解する必要がありますので、医療事務の業務のなかでもっとも専門的な作業です。
  • スキルや資格
    医療事務は、技術や知識を一度習得すれば長く続けられる仕事で、特に女性に人気が高い職種です。子育てのために一度仕事を離れた人が50代、60代になって復帰して働いている例もあります。フルタイムで働くだけでなく、週に2~3日、1日に3~4時間と日にちや時間を選んで働くことでき、仕事と家事を両立しやすいことも魅力です。医療事務の仕事はどの地域でも求人募集先があり、引っ越しをした先でも次の職場を見つけやすいです。最近では介護施設、高齢者施設などからの求人も増えており、働くフィールドは広くなっています。資格を取得すればスキルアップも可能で、さらに経験を積めば給与のアップも見込めます。
  • 働くメリット・やりがい
    医療事務の仕事は、大規模な総合病院から個人医院、町の小さな診療所まで勤務する職場はさまざまです。それにともない働き方もさまざまで、勤務時間や勤務内容も希望に合わせて選ぶことができる職場が多くなっています。医療関係の職場では衛生面からも見た目の清潔感がとても大切です。制服が貸与されますので服装選びに困ることはありませんが、髪型や髪色、メイクはあまり派手にならないようにしたほうが無難です。医療に関する仕事ですので、比較的高収入が期待できます。その分競争率は高い傾向にあるので、希望の職場で働きたい場合は、事務処理のスピードや正確さ、コミュニケーションスキルをアピールするとよいでしょう。
  • 職場環境・待遇
    医療事務の仕事に資格は必須ではありませんが、資格があれば採用時にかなり有利です。医療事務資格は、医科・歯科・診療情報・調剤・レセコン・介護などのいろいろなジャンルに分かれているので、やりたい分野の資格を取ると良いでしょう。今では医療用専用ソフトを使っての入力作業が多いことから、パソコンの操作がスムーズだと採用されやすい場合もあります。また、医師や看護師、患者さんとのスムーズな連携をとることも大事な仕事です。患者さんはお子様から年配の人まで年齢層が広く、さまざまな患者さんの気持ちに寄り添い、細やかな気配りをすることが求められます。事務仕事の経験がある人や、几帳面でコツコツと作業をこなすことが得意な人は向いています。

面接の対策と心構え

病院事務・病院受付(医療事務)は、長く働ける職場が多く、女性に人気の高い仕事です。他の仕事と比較して競争率が高いところが特徴です。専門的な知識を必要とされるため、経験者を募集するケースが多い傾向にあります。しかし、患者さんへの接客がメインとなる医院や歯科助手などは未経験者でも採用しているケースも少なくありません。また、パートやアルバイトであれば未経験者でも採用してくれる医院もあります。

面接時の服装について

医療関係のアルバイトやパートでも面接の服装はスーツを着用して行くことが無難です。これは大きな病院の面接だけでなく、個人で開院しているクリニックでも同様だと考えておきましょう。正社員でないのにスーツを着て行く必要があるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、医療関係はその仕事内容からも分かるとおり信用が大切です。通院した際、受付担当者の服装によっては「この病院は大丈夫だろうか?」と不安に思う患者さんもいらっしゃいます。医療関係の仕事は高収入が期待できるので、人気が高く競争率も高いことが多いです。「勤務時には服装を整えます」というような伝え方では採用される可能性は低くなりますので、面接時からスーツを着用しましょう。 また、医療関係では「清潔さ」も重要なキーワードになります。髪形やメイクなどにも気を配っておくようにしましょう。髪の色は病院によって明るくても問題ない場合もありますが、できれば抑えた色にしておいた方が無難です。通ったことのある病院の面接を受けるのであれば、実際に働いている人たちがどのようなメイクや髪の色をしているか前もって確認しておくと良いでしょう。

志望動機の書き方・話し方

未経験者は面接の際に「なぜ病院事務・病院受付(医療事務)で働きたいのか?」と聞かれることが多いです。志望動機に、病院事務・病院受付(医療事務)で働きたい理由を必ず入れるようにしましょう。志望動機には、応募する医院やクリニックで「どのように働き」「どのように活躍したいか」といった将来のビジョンを盛り込むとよいでしょう。また、あなたの持っているスキルがどう役立つのかを志望動機でアピールすることも大切です。たとえば接客業の経験がある人は「接客業務の経験を活かして病院の接遇レベルを上げたい」といった志望動機でも構いません。事務経験のある人は「事務の経験でパソコンの操作には慣れているためパソコン作業や、細かい事務作業が得意です」といった志望動機でもよいでしょう。志望動機の内容が立派なものであっても話し方や態度が悪ければ、相手に悪印象を与えてしまいます。病院の顔として多くの年代の患者さんと接するため、適切な敬語で明るくハキハキと答えるようにしましょう。たまに面接で緊張して頭が真っ白になって、面接官の質問に対して的外れな回答をしてしまう事もあるでしょう。受付業務では相手の話を聞いて的確に答えるスキルも必要です。面接ではコミュニケーションスキルもチェックされているため、面接官の質問には落ち着いて受け答えするようにしましょう。

病院事務・病院受付(医療事務)の社員・正社員の求人情報
ページトップへ