歯科助手/歯医者受付・歯科医師

チューイチ

歯科助手/歯医者受付・歯科医師のバイト・アルバイト・パートの求人情報

歯科助手/歯医者受付・歯科医師のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    歯科助手の仕事は、歯科医院で歯科治療に関わる業務のサポートを行う仕事です。歯科助手が行う具体的な業務に特に決まりはありません。実際の業務内容は勤務する歯科医院によって異なります。一般的には、受付や電話応対、カルテの管理、診療の準備、患者さんの席までのご案内、歯科医師の補助といったことが主な仕事です。受付業務では、来訪した患者さんへの応対や治療後の次回の予約、診療報酬を計算するレセプト集計も含んだ会計業務、薬の受け渡しなどを行います。予約の受付を電話で対応することもあります。診療の準備として、次の患者さんの診療に使用する器具の準備を行うことも仕事です。治療が終了したら片付けや処分といった業務も行います。歯科医師の補助の業務では削った歯に使用する詰め物やかぶせ物を歯に装着するためのセメントを練ったりする仕事を行います。そのほかにも備品の管理や院内の装飾、掃除といったことも歯科助手の仕事の範囲内です。歯科助手の仕事は歯科医院の規模によっては1人あるいは少数で幅広い仕事を行わなければいけないこともあり、大変なこともあります。しかし1度コツとパターンを覚え、日々の仕事から経験を積んでいくことで慣れていくものです。このため未経験の人やブランクのある人がバイトやパートとして挑戦することも可能な仕事となっています。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    歯科助手のアルバイトは、資格を持っていなくてもはじめられますので未経験でも応募が可能です。仕事をしていくなかで技術を身につけたり、研修やセミナーに参加して自分で学べたりするチャンスはたくさんあります。平均時給も比較的高いので、応募する人も多いです。一度仕事内容を覚えてしまえば、ほかの歯科医院へも転職しやすいことや、ブランクのある人でも働きやすいというメリットがあります。アルバイトやパートで歯科助手を経験し、正規雇用を目指す人もいますし、将来は歯科衛生士を目指している人がスキルを習得することもできます。歯科助手は患者さんと歯科医師の架け橋となることで、人の役に立てる喜びを感じることができます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    歯科助手は、どこの歯科医院でも少人数です。規模によっては1人、あるいは少数で幅広い仕事を行わなければいけませんので、忙しいことが多いでしょう。勤務時間は朝から夕方までが基本ですが、夜遅くまで診療していたり土曜日の午後や日曜日も診療していたりする歯科医院もあります。基本的に室内の仕事ですので、温度管理が整い、衛生管理を徹底した快適な環境で働くことができます。原則として、制服が貸与されますので服装選びに困ることはありませんが、人と接する仕事ですので、化粧や髪は華美にならないよう、清潔感のある身だしなみを心がけなくてはなりません。歯科医師や歯科衛生士などのスタッフとスムーズな連携は不可欠ですので、明るく丁寧な対応と臨機応変な対応が職場全体の雰囲気作りにも役立ちます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    歯科助手になるための特別な資格はありませんが、日本歯科医師会が行っている歯科助手資格認定制度の資格を取得していると、採用面や給与面で優遇される可能性が高くなります。歯科助手は、歯科衛生士のように患者さんの口のなかに直接触れず、業務全般に置いてのサポートが主な仕事です。しかし、最低限の専門的な用語、使用する医療機器の知識などは理解をしておく必要があります。カルテ整理や器具の洗浄から電話対応、受付業務など、たくさんの業務を任されることもありますので、仕事を早く覚えて効率よくこなすことが必要です。受付は病院の顔でもありますので、丁寧な言葉遣いや笑顔で人と接することができる人は向いています。

歯科助手に資格は必要?

歯科医院には歯科助手のほかに歯や口腔内の診療などを行う歯科医師や、歯科医師の仕事をサポートする歯科衛生士という職業の人も働いています。歯科助手と歯科衛生士は、仕事内容に大きな違いがあります。歯科衛生士は国家試験に合格して国家資格を取得することが必要ですが、歯科助手は国家資格を必要としないため、無資格でも働くことが可能です。ただし歯科助手は、歯科衛生士のように、患者さんの口に直接触れるような医療行為を行うことはできません。歯科助手は資格が必要ない仕事であるとはいえ、実際に現場で働く際には専門的な用語や知識を身に付けることが必要です。歯科助手として必要となる基本的な医療知識を得るために通信講座で勉強をしたり、歯科医師会会員の歯科医院に勤めている場合であれば、地域の歯科医師会が認定する歯科助手資格研修に参加したりと、自ら学ぶ機会もたくさんあります。 このため、歯科医院で働きたいと考えている場合、歯科助手であれば、誰でも仕事をすることができます。

志望動機の書き方・話し方

歯科助手になるためには特別な資格の取得が必須ではないため、応募の際には志望動機で自分をアピールすることが必要となります。歯科助手の仕事として患者さんの応対や歯科医師のサポート業務があります。このため、平均的な社会人としてのマナーや常識を持っていることはもちろんのこと、人と接することが好きである人やコミュニケーション能力が高い人は、歯科医院にとって魅力的な人材となるのです。未経験やブランクのある人であっても業務を覚えていきたいという意欲や専門的な知識を学ぼうとする意欲がある人も良い印象を持たれると思います。志望動機を書く際には、これらの求められる人材を考慮しながら自分の長所についてアピールするとよいでしょう。たとえば過去に別の業種で受付業務をしたことがあるという人は、その経験をそのまま歯科助手としての受付業務に活かすことができるというアプローチができます。飲食店でアルバイトをした経験がある人であれば、接客スキルを活かした業務がしたいと履歴書に記載する方法があります。面接で志望動機について聞かれた際には、飲食店で培ったスキルを活かして明るくはきはきとした受け答えをすると、より説得力のあるアピールをすることが可能です。別の職種でも同じ医療系や介護系のパート経験があるという場合には、患者さんの立場に立って行動できるといった視点からアピールするとよいでしょう。面接の際には患者さんが安心できるような穏やかな表情と話し方で受け答えをすることがポイントとなります。

歯科助手/歯医者受付・歯科医師の社員・正社員の求人情報
ページトップへ