調剤事務

チューイチ

調剤事務のバイト・アルバイト・パートの求人情報

調剤事務のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    調剤事務とは、薬局で患者さんがスムーズに薬をもらうために必要な事務処理や、薬局内の環境を整える仕事です。患者さんが病院やクリニックでもらってきた処方箋の受け取りや処理をするのがメインとなります。正社員契約の仕事と思われがちですが、パートやアルバイト採用の薬局もたくさんあるので、自分の希望する働き方を選ぶことが可能です。週に2~3日だけ働きたいという人でも、募集要項に沿っていれば雇ってもらえる可能性があります。未経験でも働くことができる仕事ですが、調剤事務管理士などの資格があれば就職活動が有利です。仕事内容によっては、パソコンスキルが求められることがあるので事前に確認しておきましょう。診療報酬明細書の発行などの事務処理以外にも、雑誌の整理や備え付けのウォーターサーバーの水量チェックなども行う必要があります。夕方で営業が終わるところもあれば夜まで対応可能な薬局もあるので、自分の空き時間をうまく利用して働きたい人にオススメです。高齢の方や小さなお子様まで幅広い年齢層の患者さんと接することになるので、柔軟に対応する必要があります。お客様の前で事務処理をすることも考えられるので、身だしなみにも十分気をつけましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    調剤事務(調剤薬局事務)として働くことで、「レセプト作成」などの専門的なスキルや知識が身につきます。調剤事務で身につく専門知識は、全国どこにいても通用するので、引っ越し後に仕事探しに苦労することが少なくなるでしょう。仕事をしていくうちに、病気や簡単な薬の知識を自然に覚えられるのもうれしいポイントです。また、自分の生活スタイルに合わせて、パートや派遣社員、正社員などいろいろな働き方を選択できるのもこの仕事のメリットの1つです。いろいろな患者さんと接するなかで、思いやりをもった接客ができるようになれば、気配りやホスピタリティが磨かれ、将来、どんな仕事をするとしても大いに役立つでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    調剤事務(調剤薬局事務)の時給は、薬局の規模や地域によってさまざまです。勤務形態はパート勤務が多く見受けられます。午前中だけや午後だけというように、勤務時間にも柔軟な対応をしてくれるところが多いようです。実務経験がある人や、「調剤事務管理士」などの資格を持っている人は採用される可能性が高くなり、給与も優遇されることがあります。薬局には、小さな子供からお年寄りまで、老若男女幅広い世代の患者さんがくるため、患者さん一人ひとりに合わせて臨機応変な対応ができると働きやすいでしょう。また、働いている人の年齢層も幅広く、特に女性が多く活躍している職場が多いようです。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    調剤事務(調剤薬局事務)は資格がなくても働ける仕事です。しかし、役立つ資格は「調剤事務管理士」「調剤事務実務士」「調剤報酬請求事務管理士」「医療保険調剤報酬事務士」「調剤報酬請求事務技能認定」などさまざまあり、自信をつけたい人は資格取得にチャレンジしてみるのもいいでしょう。また、患者さんと接することが多いので、ホスピタリティも求められます。患者さんが何に困っているのか、どうしたら手助けができるかなど、患者さんの目線に立って考える気持ちが大切で、コミュニケーション能力や対応力があると仕事がしやすくなるでしょう。そのほかに、今自分が何をすべきかしっかり把握し、状況に応じた行動をしていくことが求められるので、普段から気配りができる人に向いています。

面接の対策と心構え

調剤事務の仕事を始めるためには、面接で必要な人材だと思ってもらうことが大切です。企業にとって有益な人材であれば、積極的に採用してもらうことができます。これまでの経歴や活かせる資格があれば履歴書にしっかりと記入しましょう。字を上手に書くのが苦手な人でも、できるだけ丁寧に心をこめて書くことで思いが伝わることもあります。調剤事務管理士などの資格があれば面接の選考に有利に働きやすいので、取得している人は忘れずに記入することが大切です。面接の際は第一印象が選考の合否に影響することがあるので、服装や言葉遣いには十分気をつけましょう。面接官からの質問には、簡潔に自分の考えを伝えることがポイントです。また、志望動機や勤務可能日数などを明確にすることで、実際に採用された時に希望に沿った働き方をすることができます。自分を良く見せることも大切ですが、長所だけでなく短所についても始めのうちに伝えておきましょう。自分の性格を把握できているということは、欠点をカバーする努力ができるということです。臨機応変に仕事にも向かえる人は、企業にとってもプラスになります。快適に働ける職場を探すためには、自己分析をした上で面接に向かうことが大切です。

薬局・調剤薬局の社員・正社員の求人情報
ページトップへ