フード・飲食

チューイチ
しごと発見フェア

フード・飲食のバイト・アルバイト・パートの求人情報

フード・飲食のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    フード・飲食の仕事は、キッチンスタッフとホールスタッフでその内容は大きく異なります。キッチンスタッフの仕事は調理作業が中心です。飲食店の調理は、決められた手順にしたがって調理していくのが基本です。そのため、仕込みの仕方や食材の切り方など、実際の業務を通じてそれらを覚えていくことが最初の仕事です。料理の経験が必要と思われがちですが、仕事内容はマニュアル化されている場合が多いため、初心者であっても問題ありません。また、調理だけでなく、皿洗いや調理器具のメンテナンスもしなければなりません。調理業務に慣れていないころは、こうした皿洗いなどを通じて業務を少しずつ覚えていくということもあります。一方、ホールスタッフの仕事は、注文をとったり、注文を受けた料理をテーブルまで運んだりするのが主な仕事です。また、ホールスタッフはキッチンとお客様との橋渡しをする役目もあり、単に注文をとったり配膳をしたりするだけでなく、きめ細やかな気配りやコミュニケーションを心がけることも必要とされます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    キッチンスタッフの場合は、資格を持っていない場合でも調理補助として調理の技術を働きながら身につけることができます。ホールスタッフは、注文を受けたり料理やドリンクの提供を行ったりするため、常にお客様と接する仕事です。そのため、接客スキルを身につけることができます。接客スキルを要する仕事は幅広くありますので、今後の就職にも役立つでしょう。また、同じ店に集まるスタッフやお客様と新たなつながりや交友が広がっていくという楽しみもあります。将来は自分の店を持ちたい、フランチャイズのオーナーになりたいなどの明確な目標を持っている人は、自分のスキルアップになるような店舗で経験を重ねることが、何よりの財産になるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    フード・飲食の仕事は、業態、規模、業務内容によって働く環境や雰囲気が大きく異なります。また、ファミリー向け、カップル向け、会社員が多い店など、客層も店舗や地域によって変わってきます。大型店やチェーン店はキッチンとホールが分業になっていて、業務内容もマニュアル化されているところが多いでしょう。それに対し、小規模店はすべての業務を兼務する場合が多く、店の「顔」となって働く場合もあります。フード・飲食の勤務先はシフトが比較的自由に組めますし、髪型や服装、アクセサリーなどが自由なところも多いので、役者やバンドなど、ほかにやりたいことがある人にも働きやすい仕事といえます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    フード・飲食の仕事は、業態も規模も業務内容もさまざまで、必要とされるスキルも異なります。キッチンの仕事の場合は、調理師免許を持っていると採用に有利です。ワインのエキスパートやソムリエ資格を持っている人は、フレンチやイタリアンのレストランでホールスタッフとしてその資格を活かすことができるでしょう。しかし、特にそういった資格を持っていない人や未経験者でも入りやすいのがフード・飲食の特徴でもあります。1つの店舗で長く経験することで、チーフや店長などの管理職を任される可能性もあり、給与のアップも見込めます。チェーン店の場合は、どの店でも仕事内容がほぼ同じことが多いため、引っ越した場合でも系列店で経験を活かすことができます。

オススメの飲食バイト

飲食系の仕事といっても、その業態はさまざまです。ファミリーレストランやカフェ、居酒屋など、同じ飲食関連であっても、求められる資質や要求される仕事内容はそれぞれ異なります。たとえば、ファミリーレストランは老若男女問わずさまざまな年代や性別の人がバイトやパートで働いています。そのため、いろいろ方とコミュニケーションをしたいという人にオススメの飲食バイトです。一方、居酒屋やカフェは若者が集まりやすい傾向にあるといえます。同年代の友達や仲間を作りやすいのが居酒屋やカフェバイトの特徴なので、そういう目的や動機でバイトを始めるという人も少なくありません。また、飲食系の仕事は、ホールとキッチンに分かれていることが多いです。ホールとキッチンとでは、同じ飲食の仕事でも内容が大きく異なります。接客が中心になるホールに対して、キッチンは調理をするのが主な仕事です。人と接するのが好きとか、コミュニケーション能力に自信があるならホールスタッフ。料理に興味があったり、黙々と作業するのが得意というならキッチンスタッフがオススメです。飲食系のバイトを始める際は、自分の性格や特性を見極めて、「何が向いているのか」「どんな環境で働きたいのか」を考えてから行動してみると良いでしょう。

オープニングスタッフの仕事

オープニングスタッフとは、お店を新規開店する際に採用されるスタッフのことです。お店の新しい門出に立ち会うことができる貴重な機会です。飲食系の店員の中でも比較的人気の高い職種でもあります。オープニングスタッフは、まず開店のための準備段階から業務に携わることになります。オープン前の段階では、接客の研修をしたり、マニュアル作りをしたり、開店に向けて準備を整えることが主な仕事です。スタッフ同士で従業員役とお客様役に分かれて、実際の接客のリハーサルを行い、入店からオーダー、配膳、会計、そして片付けまで、問題なく遂行することができるか確かめたりします。また、チェーン店でない飲食店には、まず接客などの一連のマニュアルがないこともあります。そのため、1からマニュアルを作成することもあります。これもオープン前のスタッフの業務のひとつです。一方、お店がオープンしてからは、基本的に他の飲食店と同じ業務をこなしていくことになります。接客や調理、店内の清掃などが中心です。ただ、オープン前に作成したマニュアルに効率の悪い点があればそれを直したり、リハーサル通りにいかないことがあれば修正するなど、通常の業務に加えてオープニングスタッフならではの仕事もこなしていく必要があります。

フード・飲食の社員・正社員の求人情報
ページトップへ