フード・飲食

チューイチ

フード・飲食のバイト・アルバイト・パートの求人情報

フード・飲食のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    フード・飲食の仕事は、キッチンスタッフとホールスタッフでその内容は大きく異なります。キッチンスタッフの仕事は調理作業が中心です。飲食店の調理は、決められた手順にしたがって調理していくのが基本です。そのため、仕込みの仕方や食材の切り方など、実際の業務を通じてそれらを覚えていくことが最初の仕事です。料理の経験が必要と思われがちですが、仕事内容はマニュアル化されている場合が多いため、初心者であっても問題ありません。また、調理だけでなく、皿洗いや調理器具のメンテナンスもしなければなりません。調理業務に慣れていないころは、こうした皿洗いなどを通じて業務を少しずつ覚えていくということもあります。一方、ホールスタッフの仕事は、注文をとったり、注文を受けた料理をテーブルまで運んだりするのが主な仕事です。また、ホールスタッフはキッチンとお客様との橋渡しをする役目もあり、単に注文をとったり配膳をしたりするだけでなく、きめ細やかな気配りやコミュニケーションを心がけることも必要とされます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    ミドル(40代、50代)世代は、前職での経験や、関連するスキルや資格を持っていればアピールポイントになります。持っている資格が、応募している業界に適合する場合は、より優遇されるので積極的にアピールしましょう。何も資格を持っていない人は比較的簡単に取得することのできる資格を手に入れてみることもおすすめです。事務職で使われることの多い、Word・Excel・PowerPointなどの検定や、日商簿記を持っていると有利です。福祉職であれば認知症の人に関する知識の証明になる「認知症介助士」や介護現場で行うレクリエーション知識の証明になる「レクリエーション介護士」などは比較的取得しやすいのでおすすめです。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    ミドル(40代、50代)世代は、いままでの人生で培ったさまざまな経験や能力を仕事に活かすことができます。特に接客の場合は、出産や子育て、介護など家庭での経験が豊富な主婦・主夫の気配り力が発揮できるチャンスが多々あります。前職の経験を活かして働く場合は、業務内容がある程度把握できていることが多いでしょう。そのため、仕事がスムーズに行える利点がありますし、まったく未経験の仕事をする場合でも、気分も新たに新鮮な気持ちで働くことができます。幅広い世代のスタッフが働く職場もあり、新しい仕事仲間との交流で人間関係がさらに豊かになることもあります。介護職や保育職など人手が足りない業界ではミドルの採用も積極的に行っています。努力次第では将来的に管理職を目指す事もできるでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    ミドル(40代、50代)の正社員は、いままで就いたことのない未経験の仕事に就くか、前職までの経験を活かした仕事に就くかによって職種の選択が変わってきます。前職と同業種の企業で働く場合は、前職の情報を口外しないようにしましょう。そのため、前職の会社とライバル関係にあった会社は避けたほうがいい場合もあります。未経験の仕事に就く場合には、製造業や運送業は40代から50代の求人が比較的多く、挑戦しやすいでしょう。また、未経験者の仕事は資格やスキルの必要のない単純作業やルーティンワークが多い傾向です。パソコン操作が得意な人は事務系の仕事も豊富です。介護の仕事も、未経験者も募集している事があります。

オススメの飲食バイト

飲食系の仕事といっても、その業態はさまざまです。ファミリーレストランやカフェ、居酒屋など、同じ飲食関連であっても、求められる資質や要求される仕事内容はそれぞれ異なります。たとえば、ファミリーレストランは老若男女問わずさまざまな年代や性別の人がバイトやパートで働いています。そのため、いろいろ方とコミュニケーションをしたいという人にオススメの飲食バイトです。一方、居酒屋やカフェは若者が集まりやすい傾向にあるといえます。同年代の友達や仲間を作りやすいのが居酒屋やカフェバイトの特徴なので、そういう目的や動機でバイトを始めるという人も少なくありません。また、飲食系の仕事は、ホールとキッチンに分かれていることが多いです。ホールとキッチンとでは、同じ飲食の仕事でも内容が大きく異なります。接客が中心になるホールに対して、キッチンは調理をするのが主な仕事です。人と接するのが好きとか、コミュニケーション能力に自信があるならホールスタッフ。料理に興味があったり、黙々と作業するのが得意というならキッチンスタッフがオススメです。飲食系のバイトを始める際は、自分の性格や特性を見極めて、「何が向いているのか」「どんな環境で働きたいのか」を考えてから行動してみると良いでしょう。

オープニングスタッフの仕事

オープニングスタッフとは、お店を新規開店する際に採用されるスタッフのことです。お店の新しい門出に立ち会うことができる貴重な機会です。飲食系の店員の中でも比較的人気の高い職種でもあります。オープニングスタッフは、まず開店のための準備段階から業務に携わることになります。オープン前の段階では、接客の研修をしたり、マニュアル作りをしたり、開店に向けて準備を整えることが主な仕事です。スタッフ同士で従業員役とお客様役に分かれて、実際の接客のリハーサルを行い、入店からオーダー、配膳、会計、そして片付けまで、問題なく遂行することができるか確かめたりします。また、チェーン店でない飲食店には、まず接客などの一連のマニュアルがないこともあります。そのため、1からマニュアルを作成することもあります。これもオープン前のスタッフの業務のひとつです。一方、お店がオープンしてからは、基本的に他の飲食店と同じ業務をこなしていくことになります。接客や調理、店内の清掃などが中心です。ただ、オープン前に作成したマニュアルに効率の悪い点があればそれを直したり、リハーサル通りにいかないことがあれば修正するなど、通常の業務に加えてオープニングスタッフならではの仕事もこなしていく必要があります。

フード・飲食の社員・正社員の求人情報
ページトップへ