バー(Bar)

チューイチ

バー(Bar)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

バー(Bar)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。バー(Bar)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容(バイト内容)
    バー(Bar)でのアルバイトとしては、ウェイトレスや清掃係などを募集していることもありますが、バーテンダーの求人が目立ちます。バーテンダーといえばお酒を作るだけの仕事だと思われがちですが、その仕事内容は奥が深くアルバイトでもかなりの領域を任せられる店舗もあります。たとえば開店準備です。お客様が心地良くお酒を楽しめるよう、バーテンダーが店内を清掃する場合があります。また、お酒の残量の確認や、その日だけ手に入ったお酒や食材があれば限定メニューを考えたりして、少しでもお客様に喜んでもらえるように工夫をすることもあります。開店すれば、お客様の注文に応じてお酒を作っていきます。ただし、「おまかせで」と注文してくるお客様もいるので、お酒についての知識を日々向上させていくことも仕事のうちです。また、お客様に店の雰囲気そのものを満喫してもらうためには、正しい礼儀作法や気持ちのいい会話を心がける必要もあります。閉店時間になってもバーテンダーの仕事は残されています。店内を清掃したり、翌日の準備をしたりしてから帰路に着きます。バーテンダーはプロフェッショナルな意識の高い仕事なのです。
  • スキルや資格
    バー(Bar)のアルバイトでは、お酒の種類やレシピ、作り方や注ぎ方、グラスの種類などに関する知識を得ることができます。働きながら身につけた知識をもとに、バーデンダーに関する民間資格を取得すると給与面で優遇されたり、自信にもつながります。自分が作るお酒をお客様に喜んでもらえたり、自分のお酒を目当てにして来店するお客様が増えたりすれば、さらにやりがいも感じられます。また、バー(Bar)にはあらゆるお客様がさまざまな目的で来店しますので、会話力や高い対人スキルを身につけることも可能です。こういったスキルは、ほかの仕事に就職した際にも活かすことができます。お客様からお酒をすすめられて仕事中にお酒を飲める機会もありますので、お酒が好きな人にピッタリの仕事です。基礎的なことをマスターできれば、シェイカーを振れるようになったり新しいカクテルを考えたりと、ステップアップしていくこともでき、仕事の幅が広がってくるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    バー(Bar)の仕事は、通常は夜間のみの勤務になりますので、生活リズムに比較的余裕のある大学生や夜間に働きたいフリーターの人にオススメの仕事といえます。とくに、就職活動が終わった人やコンスタントに出勤できる状況の人は重宝されます。夜間のみですので、ダブルワークを考えている人にもオススメです。また、髪色やピアスなども自由な店舗が多いので、堅苦しい環境が苦手な人でも気軽にはじめられるでしょう。バーの仕事は、注文が殺到したり忙しくなったりすることが少ないので、落ち着いて余裕をもって業務に励むことができます。給与は時給1,000円以上の場合が多く、比較的高時給なのも魅力の1つです。
  • 職場環境・待遇
    バーテンダーは調理士免許のような特別な資格がなくても、バー(Bar)で雇われてカウンターを任された時点で名乗ることができる仕事です。未経験者はもちろん、近年は男女を問わず採用するバー(Bar)も増えてきました。バーテンダーとして採用されるためには、まずお酒を好きになることです。とはいっても飲み会で大勢と一緒に騒ぐことではなく、お酒自体をじっくり味わうような大人の飲み方を覚えることから始めましょう。バー(Bar)に足を運び、他の人がどんな点に引かれてバー(Bar)にやって来るのかを観察するようにしましょう。バー(Bar)で飲むお酒の魅力を理解すると、バーテンダーの仕事を充実したものにできます。そして、お酒の名前や発祥なども積極的に覚えるようにしましょう。次に、他人とのコミュニケーションが好きな人もバーテンダーに向いています。バーテンダーは一夜にさまざまなタイプのお客様と接する仕事です。普段話さない性格のお客様が来たからといって尻込みすることはできません。むしろ、お客様が素敵な時間を過ごせるように気遣うことを求められます。社交的な性格で人間観察力が高い人はバーテンダーとしても成功する可能性を秘めています。お酒と人が好きで、他人の気持ちを察することができる人は、面接でも強くアピールしてみましょう。

大学生へのオススメポイント

バーテンダーは大学生向けのアルバイトとしても注目されています。バーは深夜帯に営業しているのが一般的なので、比較的生活リズムに余裕がある大学生が働くのにぴったりなスケジュールが組まれているのです。ほかに、大学生へのオススメポイントとしてはお酒に詳しくなることで同世代と差をつけられることでしょう。大人の社交場であるバーで、年上からお酒の知識を教えてもらうことで、通常の飲み会では知りえないような飲み方を覚えられるでしょう。友達との会話やデートでも相手をリードできるでしょう。いろいろな人の話が聞けるのもバー(Bar)のいいところです。バーの常連さんの中には、一般的に大学生が接点を持たないような職種の人も含まれています。企業の重役やクリエイター、有名人がやって来る場合もあります。バーテンダーとして変わったお客様と話しているうち、視野が広がり人生経験は豊かになるでしょう。お酒好きな大学生であれば、仕事としてお酒を飲めることも大きなメリットです。お客様からお酒をおごってもらえることもあり、趣味を兼ねたアルバイトとして楽しめます。ただし、仕事に支障が出ないようにセーブしながら飲む意識は忘れないようにしましょう。

面接の対策と心構え

バーテンダーの面接は、店の雰囲気によって対策を変える必要があります。たとえば、都会的で落ち着いた雰囲気のバーであればバーテンダーにも礼節を求める傾向があります。面接には清潔な服装で出向いた方がいいでしょう。大学生でもスーツスタイルで面接を受けるのが無難です。また、接客においても紳士的な態度が望まれますので、一定のトーンで面接官の質問に答えるよう心がけます。感情のふり幅が大きすぎる志望者は高く評価されないでしょう。逆に、よりポップな雰囲気を押し出しているバーでは明るい人材を募集することが多く見られます。面接時の服装も最低限の清潔感を守っていれば、カジュアルなコーディネイトでも受け入れてくれるでしょう。また、会話が弾みよく笑う人材が積極的に採用されるでしょう。バーテンダーのアルバイトは時間が遅くなるため、経営者は志望者がコンスタントに出勤できるかどうかを気にしています。そのため、就活が終わったり、単位が十分に修得できていたりして生活に余裕ができた大学生は歓迎されやすくなります。シフト面ではなるべくバー(Bar)側の希望に合わせることを心がけ、コミュニケーション能力が備わっていることを伝えられれば採用の道は見えてくるでしょう。

バー(Bar)の社員・正社員の求人情報
ページトップへ