パン屋(ベーカリー)のアルバイトを探すならパン屋(ベーカリー)バイトル

株式会社ヴィ・ド・フランス

新着仕事一覧

この条件で探している人に、人気の条件はこちら

パン屋のお仕事内容

パン屋のアルバイト・パートの仕事内容は、「販売」と「製造」のふたつに分類されます。まず販売の仕事は、営業時間内にお客さまの前に立っての接客やレジ打ちが主な内容となります。レジを使っての清算や商品の袋詰めなどは、お客さまをお待たせする訳にはいかないので、スムーズに行うことが大切です。さらに、トレイやトングの補充や店内の清掃なども、販売を担当しているスタッフが行う場合があります。次に製造の仕事についてですが、販売とは別の製造専用スペースでパンを作るのが主な仕事内容です。オープン前からパンを焼かなければならないため、パンの製造を担当しているスタッフは早朝から作業をしています。そのため、出勤時間が早いことも特徴です。本格的にパンの製造に関わりたいのなら、生地の製造から焼成、デコレーションまでの一連の作業を行うための技術が必要となります。しかし、パンの簡単なデコレーションや組み立ての作業であれば、アルバイト・パートであっても必要な研修を受ければ任せてもらえる場合があります。パン屋と言っても、大きな工場の場合には単純なライン作業を導入しているため、未経験者でも気軽に始めることができます。また、個人の小さな店舗である場合も、補助作業から始められる可能性があります。

製造のお仕事内容

パンの製造には特別な技術や知識が必要な場合もあり、店舗には専門学校で学んでいるスタッフがいることもあります。お店の規模によっても異なりますが、製造に携わるスタッフは複数人いる場合も多いです。そういった職場では分業し、協力体制で仕事を進めています。また、パンの製造は立ち仕事であり、力仕事です。そのため、作業に耐えうるだけの体力が必要であることは言うまでもなく、製造現場では男性スタッフも多く活躍しています。また、オープン前にたくさんの種類のパンを作らなければならないため、早朝から勤務しなければならないことがほとんどです。お店によって異なりますが、パンのレパートリーは50~100種類程度を毎日準備しています。製造スタッフには仕事に対する正確性、スピードが欠かせません。店舗ごとに方法が違うため、パン屋での仕事を経験したことがある人でもアルバイト・パートを始めた頃は戸惑うことが考えられます。しかし、慣れると作業のスピードも次第に速くなり、正確に仕事ができるようになるでしょう。タイトな時間割ゆえに、スタッフが急に欠けてしまうと、他のスタッフやお客さまに迷惑をかけてしまうこともあります。パンの製造の仕事には、アルバイト・パートであっても責任感を持って取り組める人材が求められます。

履歴書の書き方

過去にパンの販売や製造にかかわるアルバイトやパートを経験したことがあるという場合には、履歴書に記しておくとアピールポイントになります。また、パン屋だけでなくケーキ店や飲食店での製造・接客などといった経験も書いておけば、もちろん評価の対象になります。「パンの製造にかかわりたい」「接客がしたい」などといった希望も、まずは記載しておくと良いでしょう。パン屋での仕事というのは、早朝からの勤務だけではなく、シフト制であることも多いため、高校生や大学生であっても十分に活躍できる可能性があります。シフトに入れない時間帯や曜日がある場合には明記しましょう。そして、面接の時にも採用担当者に伝えるようにすると良いでしょう。さらに専門学校等でパンの製造について学んでいるのであれば、ぜひ書き入れてアピールしましょう。しかし、パン屋の仕事はたったひとりで行っているのではなく、たくさんのスタッフと協力して行われています。そのため、コミュニケーション能力が高く、他者と協力することができるという点は重要視されます。パン屋によって仕事のやり方が大きく異なる場合もあるので、学び続けたいという姿勢を表明することが大切です。

志望動機の書き方・話し方

「パンが好き」「パン作りを経験してみたい」「人とかかわる仕事が好き」などといったように、パン屋での勤務を希望する時の志望動機は、個人によってさまざまです。志望動機や自分の思考などを元に考えてみると、「販売」と「製造」のどちらを希望するのかといったことが見えてきます。志望動機は面接時に必ず問われることですから、自分なりの回答を準備しておくと良いでしょう。また、面接の時の話し方も採用担当者が注目するポイントであり、重要です。販売スタッフとして活躍するのであれば接客が主な仕事内容となりますから、コミュニケーション能力が必要です。笑顔で明るい接客ができるような人材は、採用される可能性が高いと言えます。「話し方」については、「物事を順序立てて考え、他者に伝えることができるか」「話している時の雰囲気はどうか」などといったことが採用担当者に見られています。また、製造スタッフとしてかかわる場合であっても、他のスタッフと連携を取りながら作業を進めていくことが求められます。面接時には、採用担当者は言葉づかいや話し方などについて必ずチェックしています。普段からの自分の話し方を見直し、スムーズに言葉を使えるようにして面接にのぞむことが大切です。

面接時の服装について

パンはお客さまの口に入るものですので、安心安全なことは必ず求められる要件ですが、それに加えて店舗やスタッフが清潔だということはとても大切です。パン屋のアルバイト・パートの面接服装については、特にスーツを着る必要はないかもしれませんが、派手過ぎない、清潔感のある普段着を心がけることがポイントです。また、パン屋で働く時には、個人としてどのような衛生観念を持っているのかといったことを、採用担当者は確認しています。男性の場合、頭髪は短く整えておくと好印象です。また、女性で髪が長いという人は、崩れてしまわないようにまとめておきましょう。また、爪は男女共に短く切っておきます。特に、女性の場合はネイルが好きだという人も多いですが、パン屋のスタッフとして仕事をするのであれば、ネイルはNGです。面接前には、ネイルはきれいに落としておきましょう。さらに、香水や整髪料、化粧品などの香りについても、気をつける必要があります。パン屋は食べ物を扱う店舗であるため、化粧品などの強いにおいは嫌われる傾向にありますので、普段から気にしておくと良いでしょう。個人の衛生観念というものは、長年の習慣も影響しているため、少し気をつけたくらいでは変わらない場合も多くありますが、「どのようなスタッフに接客をしてもらいたいか」ということをしっかりと考えて、面接を受けましょう。

パン屋(ベーカリー)のバイト・アルバイト・パートの求人情報

パン屋(ベーカリー)のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。パン屋(ベーカリー)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!
ページトップへ