スイーツ(ケーキ)・パティシエ

チューイチ

スイーツ(ケーキ)・パティシエのバイト・アルバイト・パートの求人情報

スイーツ(ケーキ)・パティシエのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    スイーツ(アイスクリーム・ケーキ・クレープ)のバイトは販売が中心で、製造やパティシエの募集もあります。 販売スタッフの仕事内容はレジ打ちや品出し、店内清掃などです。ケーキ屋のレジ打ちは、バーコードを通すだけの場合と、画面上の商品名をタッチするだけのどちらかになりますが、商品名と値段を覚える必要があるお店もあります。その場合は、数十種類の商品を覚えなければならないため、ちょっと大変かもしれません。それに、お客様にケーキのことを聞かれた時に簡単な説明を求められることもあるためどういうケーキか説明できるようになる必要もあります。しかし、スイーツのことをよく理解することができ、色々なケーキの味見もできてスイーツ好きには嬉しい仕事です。 基本的にアルバイトがケーキを製造することはありませんが、お店によってはパティシエを募集しており、仕込み(成型)・焼き・トッピング・作業場清掃などが仕事になります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    毎日たくさんのスイーツのなかで仕事ができるパティシエは、スイーツを食べることが好きな人や、スイーツ作りが趣味の人にとって幸せな仕事です。また、アルバイトをしながら専門的な知識や技術を習得できるという大きなメリットも持っています。一人前のパティシエを目指して、調理師学校や製菓専門学校に通っている人にとってはうってつけの仕事といえるでしょう。一人前のパティシエになるには、長い時間をかけて腕を磨いていくことが不可欠です。アルバイトで洗い物や仕込みなどの下働きや、スイーツ作りの基礎を学んだ経験は、将来きっと役立つはずです。アルバイトとして働きながら、国家資格である「製菓衛生士」の資格や「菓子製造技能士」といった技能検定を取得することができると、ステップアップにもつながります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    パティシエおよびそのアシスタントとしてアルバイト勤務する場所はパティスリーやカフェが主体ですが、ほかにもさまざまな場所で働く可能性があります。レストランやホテル、食品メーカーの製造工場などがその代表的な例です。基本的には工房での製造作業や補助が多くなりますが、商品の販売を行う店舗では必要に応じて贈りもの用の箱詰めやラッピング、陳列、レジなどの仕事を任されることもあります。そういった店舗の場合は、スタッフとだけでなくお客様と接する機会も多くなります。アルバイトをしながら経験を積み、菓子製造に関する国家資格を取得することで、正社員として雇用されるチャンスもあります。また、将来独立して洋菓子店を開くときにも、アルバイトで培った経験が生きてくるでしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    「甘いスイーツが大好き」「お菓子作りが趣味」という人にオススメなのがパティシエのアルバイト。 憧れのケーキ屋さんで、ケーキを作ったり、販売することができたりします。販売では、誰にでも自然な笑顔で接することができる人が向いています。製造では、簡単な作業をミスなくこなすことができる集中力や責任感のある人が向いているでしょう。 お土産やプレゼント用に購入されるお客様も多いので、ラッピングやリボン掛けなど、手先の器用さが求められる場合もあります。 ケーキ屋のバイトは販売が中心ですが、パティシエの募集もあります。ケーキ屋さんは女性ばかりが働く仕事場というイメージがあるかと思いますが、実際は製造スタッフを中心に男性バイトの募集が沢山行われています。「男の子だって甘いモノが好き」「パティシエを目指している」人はケーキ屋でアルバイトしてみても良いかもしれません。

バイト体験談

男性
調理学校や製菓学校に通っている学生が、卒業後の仕事に選ぶケースも少なくありません。自分の資格やスキルを活かすことができるからです。お店によっては、バイトでも新作ケーキの作成を任されることもあるのでやりがいもあります。
男性
新作ケーキの試作品を味見する機会があったり、普段使うクリームなどを作りながら味見をしたりと、美味しい物を味わう機会も頻繁にあります。お菓子作りも食べるのも好きな人にとって、楽しい職場です。
男性
パティシエのユニフォームは、意外にかっこいい(笑)。お店によってはスカーフやベレー帽などが用意されたり、お洒落な雰囲気で仕事に臨めるので、気持ちよく働けます。形から入るだけでも、自分のスキルがアップした感じがするものです。
女性
パティシエのバイトは主婦やお菓子作りの好きな方が集まっていて、自分の趣味や好きな事を活かして仕事ができるので、楽しんでいる人が多いです。
女性
私の職場では仕事終わりにケーキ作りを学べるので、家に帰ってそれを復習。近所のママ友や家族に振舞うこともしばしば。お金をもらえて、さらにスイーツつ作りのスキルもアップできて嬉しいです。

面接ここが大事

point1

熱意をアピール

パティシエのバイトに受かるためには、スキルや経験のアピールのほか、お菓子作りに対する熱意を伝えることがポイントになります。またそのお店ごとにケーキ作りに対するコンセプトが違いますから、あらかじめそのお店の特徴や製造しているお菓子について知り、お店のコンセプトに共感をもったことをアピールしましょう。このお店でぜひとも学びたいと思った、経験を積ませていただきたいと思ったという志望動機を伝えるのも大切です。既に業務経験がある方や製菓学校を卒業した方だけでなく、在学中の方やお菓子作りが好きな主婦などでもチャンスはあります。面接の際はお菓子作りの専門用語を用いるなどスキルがあることをアピールしたり、自分が作った作品の写真をプリントアウトして数枚持参してもいいでしょう。
point2

パティシエバイトの面接ココが大事

パティシエの仕事は、お客様に提供するスイーツを直接扱う仕事です。焼きあげから飾り付けまで一貫して行います。そのため、衛生面には特に気を付けなければならない職業と言えるでしょう。面接の際は、どんなに人材が素晴らしい方でもやはり第一印象に清潔感は欠かせません。長い髪の方はすっきりとまとめるようにし、伸ばした爪やネイルも控えるようにしましょう。そして、数あるお店からどうしてこのお店を選んで応募したのかという志望動機も重要視されます。面接前にそのお店で販売されているスイーツを購入するなどして、商品やサービスに対して研究し、動機に重ねると良いです。
point3

パティシエバイトの面接ココが大事

パティシエの仕事は、専門的なスキルが必要な仕事もありますが、未経験でもケーキ作りを担当できることもあります。その他にも、ラッピングや販売の仕事もあり、求人も製造や販売、両方を兼ねるケースがあります。面接ではお菓子作りが好きなことや、手先が器用なことをアピールするといいでしょう。また雰囲気のいいお店がベストなため、笑顔をたやさず面接を受け、お客様とのコミュニケーションスキルがあることもアピールしましょう。食品を扱う職場ですから、面接時は清潔感のある服装で長い髪はまとめ、爪などもキレイに整えて臨みましょう。

ワンポイントアドバイス

売れ残った商品は、持ち帰ったり割引で購入することができたりするのはスイーツ店ならでは。毎日のお菓子には困らないかもしれません。甘いものが好きな人にはうれしいバイトです。色々なスイーツを知ることができて自分で料理するときの参考にもなるでしょう。でも、食べ過ぎには注意ですよ。

ページトップへ