理学療法士(PT)

チューイチ

理学療法士(PT)の正社員/契約社員の求人情報

理学療法士(PT)の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。理学療法士(PT)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    理学療法士(physical therapist 通称、PT)の仕事は医師の指導の下、病気や事故などで身体的に障害を負った人などにリハビリテーションを行い、運動機能の回復を手助けする仕事です。日常動作である「歩く・立つ・座る・寝返りをうつ」などの基本動作が行えるようにサポートしていきます。身体の構造を熟知した上で、利用者に合ったリハビリの計画を立て、運動療法や物理療法といった専門知識を活かして身体機能の回復を図ります。運動療法では歩行訓練などをサポートし、物理療法では電気治療や赤外線治療など薬を使わずに治療を行います。理学療法士が単独でリハビリを援助することもありますが、看護師や作業療法士などの専門家とも連携しながら患者さんに向き合っていきます。専門家として知識や技術を提供するだけではなく、患者さんの生活の質を向上させていくためにうまくコミュニケーションをとりながら仕事を進めていきます。理学療法士は国家資格であり、仕事に就くためには試験に合格する必要があります。理学療法士として活躍できる場所は、リハビリ施設を備える医療機関や整形外科、介護施設や障害者支援施設などがあります。またスポーツ施設やフィットネス施設での勤務、スポーツ選手のリハビリを行う理学療法士もいます。理学療法士が必要とされる場所は多いので、自分に合った職場を見つけてみましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    理学療法士(PT)の仕事は、医師から出されるリハビリテーションの指示をもとに、数ある治療方法から患者さんに合う治療方法を選択し、身体の機能が改善するように取り組みます。担当の患者さんの状態が回復したときには達成感とやりがいを感じることができるでしょう。特に、患者さんが笑顔で退院していく姿を見るときはとてもうれしい瞬間でしょう。リハビリテーションはすぐに効果が期待できるとは限りませんので、治療法も含めさまざまな視点から多角的に物事を見つめる力が身につくでしょう。高齢化が進んでいき、ますます需要は高まる職業です。働きながら勉強会などに積極的に参加して知識を深めれば、長く働き続けることができるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    理学療法士(PT)は、病院や企業、介護老人保健施設、障がい者福祉施設などさまざまな場所で活躍できます。勤務時間は基本的に日勤が多く、夜勤はほとんどありません。また医療現場の仕事のなかでは比較的残業の少ない環境で働くことができる点も特徴の1つです。プライベートの時間を充実させることができますが、休日は勤務先によって変わってきます。応募の際に確認することが必要です。給与も職場によって幅がありますが、大きい病院であれば待遇が良い傾向にあるようです。さらに経験を積んで役職につくことができれば、給与のアップも期待できるでしょう。女性も男性も同じくらいの比率で活躍しています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    理学療法士(PT)になるには、国家資格が必要です。大学、短大、専門学校などの養成校で専門知識や実技を3年以上学ぶと受験資格が得られます。より専門的な知識を身につけたい人は大学院で研究職を目指す場合もあります。体の自由が利かない人に対して根気強くリハビリテーションを行います。患者さんとのかかわりのなかで、日常生活で基本となる動作の改善を行うことや、心身の状態を感じ取ることのできる観察力や洞察力も必要となります。医師や看護師、施設の職員との連係プレイも大切で、コミュニケーション能力も必要になる仕事です。人とのかかわりが好きで困っている人の手助けをしたいと考えている人におすすめです。忍耐強い人や前向きな性格の人が向いているでしょう。

面接の対策と心構え

正社員として採用されるためには試験を突破する必要がありますが、そこで大切になってくるのが応募書類の作成です。履歴書では志望動機や自己PRを書くことになりますが、「なぜ理学療法士として働きたいのか」を明確にしておきましょう。採用担当者からすれば応募してきた人が長く働いてくれるのかに注目していますので、意欲や熱意といったものを重視されます。職務経歴書を書くときにも単に保有している資格やこれまでの経歴を書くだけではなく、応募にいたった志望動機と結びつけて書いておくとよいでしょう。意欲的に働くことをアピールしながら、自分に合った職場を見つけてみてください。履歴書や職務経歴書で不安を感じるときには、身近な人に見てもらい、第三者視点の意見を貰う事もよいと思います。きちんと準備を整えてから、採用試験に挑むようにしましょう。面接で想定される質問への回答を自分なりにしっかり用意しておくのが、採用を勝ち取るための第一歩です。

理学療法士(PT)のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ