作業療法士(OT)

チューイチ

作業療法士(OT)の正社員/契約社員の求人情報

作業療法士(OT)の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    作業療法士(Occupational Therapists、略称:OT)は、人が毎日生活する上で欠かせない食べたり着替えたりといった基本的な動作から、仕事や趣味等の生活全ての動作補助などを行う専門家です。病気やケガ、障害など日常生活で支援が必要な人を対象として、作業療法士(OT)は療養対象者一人ひとりの生活スタイルに合った動作ができるように補助します。そのため身体の障害、精神面、発達障害や高齢者の障害等について幅広い知識が必要な仕事内容になっています。作業療法(OT)は、ケガなどの直後に初期のリハビリテーションを行い、回復期や生活の支援を行うことで生活動作の改善を目指す仕事です。作業療法士(OT)と理学療法士との違いは、理学療法士が基本的なリハビリテーションを行うのに対して、入浴や食事などの日常生活の動作から仕事、趣味等までのあらゆる作業活動を通じ、心と身体のリハビリテ―ションを行います。社会へ適応するための能力を回復するリハビリテーションを行うのが作業療法士(OT)です。作業療法士(OT)が行うリハビリテーションでは、食事などの日常動作から、衣類の着脱や家事、買い物など社会へのつながりが持てるよう練習していくことが欠かせません。その意味で作業療法士(OT)はニーズの高い仕事です。作業療法士(OT)は病院や福祉介護の現場のほかにも、保健所、特別支援学校などで活躍しています。作業療法士(OT)の正社員としての就職先には、特に医療関連施設や老人保健施設の求人が多い傾向です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    作業療法士(OT)は、いわば「リハビリを通して人助けをする」仕事です。責任感・使命感が大切ですが、一方で、患者さんの回復の過程をともに歩むことで充実感や達成感を得ることができます。リハビリメニューは患者さんの状態や回復力によって異なります。治療計画を立て、その患者さんに合わせたリハビリを実施するので、現場での臨機応変な対応力が身につきます。回復するにつれ患者さんの笑顔が見られるようになると、自分のことのようにうれしい気持ちになるでしょう。介護保険制度が施行されたことによって在宅福祉の充実が進められているので、将来的にも作業療法士が活躍できる場は増えていきます。より専門的な知識を有する「専門作業療法士」や、「認定作業療法士」などもあるので経験を積めばキャリアアップも可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    作業療法士(OT)が実際に働く現場は、病院・介護老人保健施設・障がい者福祉施設・医療型児童発達支援センターなどです。病院ではシフト制で働くことが多く、医師・看護師・ケアマネージャーと協力して患者さんの状況改善に努めることになります。関連する職種が集まり、役割分担を行いながらチームとして患者さんのために取り組むことが多くあります。患者さんが今どのような状況かをチーム内で共有し、進めて行く事が必要です。介護老人保健施設・障がい者福祉施設などでは、提供しているサービスにより勤務日が違います。そのため、土曜日や日曜日が休みになる施設もあります。また、介護老人保健施設・障がい者福祉施設などでは病院などと異なり、作業療法士のみで患者さんと向き合うことも多くあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    作業療法士(OT)になるには、国が定めた大学・短大・専門学校で学び、国家資格に合格する必要があります。つまり、実際に仕事につく前に、医学の基礎知識や作業療法のスキルや資格を身につけておかなくてはなりません。それ以外にも、患者さんのことを思いやる気持ちや、会話や動作から患者さん心身の状態を感じとることのできる観察力・洞察力が求められます。技術を身に付けているのはもちろん、会話力と心配りが必要な仕事なのです。患者さんが行うリハビリは、結果が出るまでに時間がかかるのが一般的です。毎日、コツコツとした積み重ねが大切です。患者さんのやる気を引き出し、根気よく向き合える忍耐強さも必要です。人が好きで人助けをしたいと考えている人に向いている仕事といえるでしょう。

面接の対策と心構え

作業療法士(Occupational Therapists、略称:OT)の正社員の面接対策としては、志望動機を明確にしておくことが大切でしょう。作業療法士(OT)はリハビリテーションを通じ、その人らしい日常生活を送ることができるよう支援する仕事です。そのため、人への思いやりや人助けをしたいという強い気持ちが欠かせません。作業療法士(OT)の面接は人柄重視の傾向があるので、素直な自分の言葉で人に貢献したいと面接官に伝えると良いでしょう。履歴書の志望動機にも、作業療法士(OT)として仕事をしたいという強い気持ちが明確に伝わるように書くことが大切です。 また、同じ国家資格の理学療法士との違いを良く理解しておくことも必要です。作業療法士(OT)としてさまざまな施設で活躍するためには、面接や履歴書の志望動機について良く考えることです。作業療法士(OT)として仕事をすることで、高齢化社会でニーズが高い老人障害や多くの人の生活改善などへ貢献できると考えられます。

理学療法士(PT)のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ