作業療法士(OT)

チューイチ

作業療法士(OT)の正社員/契約社員の求人情報

作業療法士(OT)の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。作業療法士(OT)の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    作業療法士(Occupational Therapists、略称:OT)は、人が毎日生活する上で欠かせない食べたり着替えたりといった基本的な動作から、仕事や趣味等の生活全ての動作補助などを行う専門家です。病気やケガ、障害など日常生活で支援が必要な人を対象として、作業療法士(OT)は療養対象者一人ひとりの生活スタイルに合った動作ができるように補助します。そのため身体の障害、精神面、発達障害や高齢者の障害等について幅広い知識が必要な仕事内容になっています。作業療法(OT)は、ケガなどの直後に初期のリハビリテーションを行い、回復期や生活の支援を行うことで生活動作の改善を目指す仕事です。作業療法士(OT)と理学療法士との違いは、理学療法士が基本的なリハビリテーションを行うのに対して、入浴や食事などの日常生活の動作から仕事、趣味等までのあらゆる作業活動を通じ、心と身体のリハビリテ―ションを行います。社会へ適応するための能力を回復するリハビリテーションを行うのが作業療法士(OT)です。作業療法士(OT)が行うリハビリテーションでは、食事などの日常動作から、衣類の着脱や家事、買い物など社会へのつながりが持てるよう練習していくことが欠かせません。その意味で作業療法士(OT)はニーズの高い仕事です。作業療法士(OT)は病院や福祉介護の現場のほかにも、保健所、特別支援学校などで活躍しています。作業療法士(OT)の正社員としての就職先には、特に医療関連施設や老人保健施設の求人が多い傾向です。

面接の対策と心構え

作業療法士(Occupational Therapists、略称:OT)の正社員の面接対策としては、志望動機を明確にしておくことが大切でしょう。作業療法士(OT)はリハビリテーションを通じ、その人らしい日常生活を送ることができるよう支援する仕事です。そのため、人への思いやりや人助けをしたいという強い気持ちが欠かせません。作業療法士(OT)の面接は人柄重視の傾向があるので、素直な自分の言葉で人に貢献したいと面接官に伝えると良いでしょう。履歴書の志望動機にも、作業療法士(OT)として仕事をしたいという強い気持ちが明確に伝わるように書くことが大切です。 また、同じ国家資格の理学療法士との違いを良く理解しておくことも必要です。作業療法士(OT)としてさまざまな施設で活躍するためには、面接や履歴書の志望動機について良く考えることです。作業療法士(OT)として仕事をすることで、高齢化社会でニーズが高い老人障害や多くの人の生活改善などへ貢献できると考えられます。

ページトップへ