介護福祉士・社会福祉士

チューイチ

介護福祉士・社会福祉士の正社員/契約社員の求人・募集情報

介護福祉士・社会福祉士の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。介護福祉士・社会福祉士の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    介護福祉士は、お年寄りや身体の不自由な方の介護をする専門職です。食事や入浴、排せつなどの介助や移動の補助といった身体的介護や、調理、食事、洗濯、買い物といった生活のサポートなどを行います。利用者の話し相手になったり相談に乗ったりと、メンタルケアを行うのも介護福祉士の役割となります。また、利用者だけではなくその家族に対しても、相談に乗ったりアドバイスを行ったりすることも仕事の一環です。社会福祉士は、身体的な問題や生活状況など、さまざまな理由によって日常生活を送ることが困難になった人の相談を受け、サポートする仕事です。高齢者の相談に限らず、障がい者支援や児童福祉など、福祉にかかわる領域全般を扱います。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    介護福祉士の資格があれば、介護のさまざまな仕事に携わることができます。福祉の現場では介護のプロとして働き、訪問介護事業所ではサービス担当責任者や管理者、デイサービスや老人ホームではフロアリーダーや施設長などと活躍の場も広がります。さらに、次のステップとしてケアマネージャーを目指してキャリアアップしていくこともできます。社会福祉士は福祉分野すべてが活躍の場となるため、自治体や病院、社会福祉法人などさまざまな職場があり、ニーズも高く就職に困ることはないでしょう。どちらの仕事も困っている人をサポートする仕事であるため、人の役に立ちたいと考えている人はやりがいを持って働くことができます。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    介護福祉士が働く職場は、特別養護老人ホームやデイサービス、グループホーム、利用者の自宅などさまざまです。職場によって勤務時間はさまざまで、利用者居住型の施設では夜勤が発生する場合もあります。介護福祉士としての資格があると、フロアリーダーや施設長など、幹部候補として歓迎されやすくなり、給料アップにつながります。社会福祉士も児童福祉施設や社会福祉施設、医療機関など活躍する場は多くあり、資格を持っていることで、給与面で優遇される場合が多いです。また、社会福祉法人では社会福祉士が施設長や介護部長に昇進するケースが多く、キャリアアップにつながります。社会福祉士のキャリアを元に、独立をすることも夢ではありません。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    介護福祉士、社会福祉士になるには、国家試験に合格することが必要です。介護福祉士の受験資格を得るには複数の方法があります。1つは、初任者研修と実務者研修の2つの研修を受け、3年以上の介護業務で実務経験を積むことです。また、専門学校などで福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業し、9ヶ月以上介護の業務に従事するなどの方法もあります。介護福祉士の受験資格や試験内容などは変化する場合があるので、受験の際には最新の情報を入手するように注意しましょう。社会福祉士の受験資格を得るには、福祉系の4年制大学で所定の課程を修了するか、一般大学へ進学したあとに一般養成施設で1年以上授業を受ける、などの方法があります。
介護福祉士・社会福祉士のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ