訪問介護・看護/ホームヘルパー

チューイチ

訪問介護・看護/ホームヘルパーの正社員/契約社員の求人・募集情報

訪問介護・看護/ホームヘルパーの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。訪問介護・看護/ホームヘルパーの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    訪問介護/ホームヘルパーは、自宅で暮らしている要介護状態の人を訪問し、日常生活の援助を行う仕事です。大きく分けると身体介護、生活援助、通院介助の3つの業務があります。身体介護には食事、入浴、排せつ、着替えの介助などがあり、介護食の準備や後片付けも含まれる仕事です。生活援助では掃除、洗濯、買い物など日常生活の援助を行います。そして、通院介助は利用者を車で病院へ連れて行くといった移動や受診の介助をする業務です。このほか、研修を受けた職員がたんの吸入や経管栄養といった介助を行う場合もあります。訪問看護は、自宅で療養中の方に看護師をはじめとしたケアスタッフが訪問して療養生活の援助を行う仕事です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    訪問介護・看護/ホームヘルパーは、ほとんどの場合利用者の自宅を直接訪れるため、利用者との信頼関係を築きやすい仕事です。利用者やご家族から感謝の言葉をかけられることも多く、やりがいを感じられることでしょう。利用者と1対1の対応となることが多いため、利用者に合わせて最適なケアを考えることになります。人のために何かしたい、人の役に立ちたいと考えている人には非常にやりがいのある仕事です。自宅に近いところで働けることが多く、家庭と仕事を両立しやすいのもメリットです。また、子育て中は登録ヘルパーという形で時短で働くことも可能なため、自分のスタイルで仕事をしやすいでしょう。介護福祉士やケアマネージャーへのキャリアアップの道が開けている点も特徴となっています。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    訪問介護や訪問看護、ホームヘルパーの正社員の収入は、契約内容や手当、福利厚生で変わることがあります。主な勤務時間は平日の日中が中心となりますが、早朝や土日、夜間なども対応する事業所が多くあります。そのため、面接の際、シフト勤務や、夜勤の有無について確認しておくといいでしょう。また、訪問看護サービスでは定期巡回型以外に随時対応型もあります。随時対応型とは、緊急時にご本人もしくはご家族から連絡を受けて訪問するサービスです。そのため、依頼があった場合には、臨機応変な対応が望まれます。訪問介護や訪問看護、ホームヘルパーのスタッフは女性の割合が高く、若手からベテランまで幅広い年代の方が活躍しています。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    訪問介護/ホームヘルパーの仕事を正社員として行うには、介護の資格が必要です。平成25年度から介護の資格制度が変わり、ホームヘルパー1級・2級、介護職員基礎研修に代わって、介護職員初任者研修課程の受講が必要となりました。これは介護の仕事をする上でスタートラインとなる民間資格で、基礎知識や実務を学び、筆記試験を受けて取得します。また、訪問介護/ホームヘルパーが3年以上の実務経験を経たあとに実務者研修を修了することで、国家資格である介護福祉士の受験資格を得ることができます。介護福祉士の資格を取得すれば、仕事の幅を広げることが可能です。訪問看護師の仕事をする際に最低限必要となる資格は看護師免許です。訪問看護認定看護師の資格やケアマネージャーの資格を保有しておくと、スキルアップにつながります。
ヘルパーのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ