ケアマネージャー

チューイチ

ケアマネージャーの正社員/契約社員の求人・募集情報

ケアマネージャーの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。ケアマネージャーの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    ケアマネジャーは介護支援専門員とも呼ばれ、介護を必要とする方が介護保険を使って適切なサービスを受けられるように、提案やサポートをする仕事です。具体的には、介護を必要とする方やその家族から相談を受け、困っていることや受けたいサービスなどを把握し、的確な助言や援助を行います。要介護認定を受けるための申請書や、実際にサービスを受けるためのケアプランを作成するのも大切な仕事です。家族や施設責任者などを集めて行う担当者会議に出席することもあります。また、本人や家族の元を訪れて再評価をするなど忙しく動き回る仕事ですが、経験を積むことにより書類作成力やコミュニケーション能力が培われます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    ケアマネジャーになるためには実務経験が必要となるため、ほとんどの人が介護職からステップアップしています。ケアマネジャーになることで、今度は介護の現場から離れて、ケアプランの作成などより根本的なところからのサポートを行えるようになるため、それまでよりもさらに利用者や家族に寄り添った援助を行うことができるようになります。実際にどのようなことで困っているのかをうかがい、それに対しどういったケアができるのかを考えることが必要です。そして、それぞれに合ったケアプランを提案することで、介護を必要とする方や家族にプラスの影響を与え、喜びの声を直接聞くこともできるでしょう。これらのことが大きなやりがいにつながり、自身の仕事のモチベーションにもなります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    ケアマネジャーにステップアップすることで、これまでの現場での仕事からデスクワークがメインの仕事に移行する場合が多いです。ただし、介護業務や利用者の自宅への送迎などの業務が発生する場合もあります。勤務体系は勤務する施設によって異なりますが、夜勤がないというのが、それまでの介護職との大きな違いです。効率良く仕事をこなすことができれば残業は少なく、基本的に休日出勤はありません。まれに利用者や家族の都合で休日に会議を行うこともありますが、年に数回といったところでしょう。介護施設では、利用者100人に対して最低1人のケアマネージャーを配置することが義務付けられています。そのため、施設の規模と配置されているケアマネージャーの数によって、自分が担当する利用者の数が決まります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    ケアマネジャーとして働くには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、介護支援専門員の資格を取得する必要があります。これは国家資格ではなく、各都道府県が管轄・実施している試験です。受験に際しては、「特定の国家資格を有し通算5年以上900日以上業務に従事した者」または「相談員や専門員として相談援助業務に5年以上かつ900日以上従事した者」、「資格は有せずとも施設等で介護業務に通算10年かつ1800日従事した者」のいずれかの条件をクリアする必要があります。合格後は実務研修を受け、研修修了後に各都道府県にて登録申請を行うことで、ケアマネジャーとして働くことができるようになります。また、ケアマネジャー資格は5年更新制となっているため、更新ごとに研修への参加が必要です。
ケアマネージャーのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ