登録販売者

チューイチ

登録販売者の正社員/契約社員の求人情報

登録販売者の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    登録販売の仕事は、コンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーなどで医薬品の販売を行うことです。販売できる医薬品は、一般医薬品と呼ばれる医薬品のうち第2類医薬品と第3類医薬品と決まっています。なお、薬剤師は第1類医薬品も販売可能です。ただし、日本で売られている一般医薬品の約9割が第2類医薬品と第3類医薬品とされているため、登録販売者はほとんどの医薬品を販売することができます。医薬品を販売することが主な業務ですが、そのほかにも医薬品を買い求めるお客様の相談に乗り、それぞれのお客様に適した医薬品をアドバイスしたり、情報提供したりすることも大事な仕事の1つです。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    登録販売者の資格を持つことで、レジや接客だけを行う仕事から、仕事の幅は大きく広がります。専門家としてお客様に接することで、やりがいを感じることができるでしょう。また、店長やマネージャーへのステップアップにもつながります。さらに知識を深め、経験を積めば、転職の際は有利になるでしょう。ドラッグストア以外でも、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、一般用医薬品を販売するところが増え、活躍の場が広がっています。働く場所を選択できることもメリットの1つでしょう。この仕事は、お客様に対し間違った情報を与えることはできないため、責任感が強くなります。新しい医薬品の情報も、自ら勉強し正しい知識を深める努力をするようになるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    登録販売者は働く場所によって勤務時間が異なり、営業時間が長いお店ではシフト制での勤務となっています。年中無休のお店では、お客様が増える土日に出勤し、平日を休みとするスタイルが多いでしょう。また、大型ドラッグストアやスーパーマーケットなどでは、医薬品のほかにさまざまな商品を取り扱っているため、医薬品以外の商品への質問もされることがあるでしょう。お客様をスムーズに案内できるよう、日常からほかの部所の販売員ともコミュニケーションを取っておくことが必要です。大型店では、そういったほかの仕事もあるため、実際医薬品に触れる時間は、1日のなかで2割から3割程度ともいわれています。自分がどんな業務をしたいのかで、働く場所は変わってくるため、足を運び実際の環境を見ておくことも大事です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    登録販売の仕事を行うためには、登録販売者の資格が必須です。資格を得るためには、都道府県が行う筆記試験に合格し、それぞれの都道府県に登録してもらう必要があります。受験に際して年齢や性別などの条件は問われないので、専門的な知識を努力して勉強することで、ステップアップへの道はひらけてきます。資格取得後にすぐに1人で実務をはじめるのではなく、経験豊富な登録販売者に指導と管理をしてもらいながら、一定の期間働く必要があります。仕事は、医薬品の販売が主な業務となりますが、お客様からの相談への対応や情報提供も業務の1つとなるため、丁寧な言葉遣いや接客マナー、きちんとした身だしなみに注意する必要があり、高いコミュニケーション能力も重要となります。
登録販売者のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ