看護助手

チューイチ

看護助手の正社員/契約社員の求人・募集情報

看護助手の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護助手の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    看護助手は、病院やクリニックなどの医療現場で看護師のサポートを行います。国家資格が必要ない代わりに看護師が行うような医療行為はできませんが、診断での看護師の補佐や診療の準備、患者さんの介助や入院中の患者さんの身の回りの世話などをします。入院病棟では、患者さんのベッドシーツの交換、ベッド回りの清掃、車椅子で移動を行う際の介助など、その仕事は多岐にわたります。看護助手の勤務はシフト制を取っていることが多く、24時間体制で業務にあたる施設もあります。さらに、看護業務の記録、医療器具の消毒などもあるほか、クリニックでは受付業務を担当することもあります。病院によって仕事内容が異なるので、応募の際にはしっかりと確認しておくことが大切です。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    看護助手として働く際の大きな魅力は、国家資格がなく、医療現場で働いた経験がない人でも、医療チームのメンバーとして従事できる点です。入院中の患者さんにとって、看護助手は医療チームのなかで最も身近な存在といえます。患者さんや家族から頼りにされて感謝もされることもあり、やりがいにつながることが多くあります。世話好きな人や責任感の強い人、人の役に立ちたいと思っている人にとっては、とても働きがいのある職場です。看護助手として経験を積み、準看護士や正看護師、あるいは介護士などへステップアップする人も多くいます。看護師不足が指摘されている今日、看護助手の需要は多く、比較的仕事に就きやすいのが特徴です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    看護助手は国家資格がなくても、一定の範囲で仕事をする事ができます。病院やクリニックで勤務する場合は、育児休業や産前産後休業など、医療機関ならではの福利厚生が充実しています。看護助手をはじめ、看護師や准看護師も女性の割合が高いため、働く職場は圧倒的に女性が多い環境です。看護助手の勤務先は、大きく分けて病棟と外来の2種類になっています。入院施設のある病棟では早番や夜勤があり、シフト勤務制で仕事をする事が多いです。外来で働く看護助手の勤務体制は、病院・クリニックの診察時間や休診日に準じている事が多いです。看護助手は基本的には残業が少ない職種で、定時に退勤できることが多いようです。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    看護助手は初めての方でも挑戦できる仕事で、実際多くの人が未経験から就業します。資格も特には必要ありませんが、取得していると即戦力として働けると判断してもらえるような資格があります。たとえば、看護助手が医療現場ですぐに戦力として活躍するための知識や技能を判断する「看護助手実務能力認定試験」や、看護助手に必要な能力を証明する「メディカルワーカー(医療福祉情報実務能力協会が運営)」です。これらの試験を受験するための必要条件はありません。また、看護助手は患者さんの身の回りの世話をすることがメインの仕事となります。責任感と思いやりを持って患者さんに接することができる人が向いている仕事でしょう。
看護助手のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ