カラオケ

チューイチ

カラオケのバイト・アルバイト・パートの求人情報

カラオケのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    カラオケ店での仕事内容は大きく分けて3つあります。1つ目は、レジ・カウンターの受付業務です。電話対応・お会計・部屋へのご案内が主な仕事です。2つ目は、お客様の注文したドリンクや料理を部屋に運んだり、空いたグラスや皿などを下げたり、部屋の清掃といった業務です。3つ目は、厨房にて調理を担当する業務です。主におつまみやデザート、軽食といったものを作ります。調理は温めるだけで済むものや盛りつけだけで済むものなど、比較的簡単な作業が多いので、はじめてでも覚えやすいです。接客が苦手という人には厨房がオススメです。ほかには、駐車場清掃、機材の消毒、トイレ清掃もあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    カラオケ店でのアルバイトは、主に接客と厨房での調理業務です。接客のスキルや簡単な調理技術が身につきます。また、経営的なことも含めて、カラオケ店の仕事全般を学ぶことができる環境ですので、本人にその気があれば将来、正社員登用や店長として活躍できるケースもあるでしょう。休憩時間にカラオケの利用を認めている店舗や社員割引制度を設けている店舗もありますので、カラオケ好きの人にはピッタリな仕事です。歌がうまくなりたい人は、カラオケ店で働くことがその近道になるかもしれません。まかないを用意している店舗もありますので、食費を浮かせたい人は面接の際に確認するとよいでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    カラオケ店は、お客様が集まりやすいように駅から比較的近く、繁華街などの交通の便がよい場所にあることが多いです。昼間から深夜・早朝まで営業していることが多く、勤務時間はシフト制を採用している店舗が多いです。早朝や深夜手当もありますので、学生やダブルワークを希望している人にもオススメです。多くの場合、制服やエプロンが貸与されますので、服装選びに困る心配はないでしょう。髪型や化粧の制限もそこまで厳しくない職場が多いです。金曜日の夜や土日に出勤できる人、長い時間働ける人は優遇されることがあります。20代から30代のスタッフが多く、男女関係なく活躍できる仕事です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    カラオケ店で働く場合、これといった特別な資格は必要ありませんが、受付業務や注文された品々を運ぶなどの接客業務の経験があれば存分に活かすことができます。常にお客様に対して気持ちの良い応対ができれば、お店全体の印象もよくなりますので、接客態度・言葉遣いなど先輩から学んでいきましょう。土日祝日は平日よりもお客様が多く、忙しい事が多いです。カラオケ店は広いため、その分清掃範囲も広くなりますので、清掃業務の経験がある人も活躍できる職場です。また、カラオケが好きな人や最近の音楽事情に詳しい人は、お客様からの問い合わせにスムーズに答えることができますので貴重な人材になります。

主婦・主夫へのオススメポイント

カラオケのアルバイトといえば若者向けのイメージがありますが、パートを探している主婦・主夫にもオススメの仕事です。仕事の内容が家事と重なる部分が大きく、主婦・主夫にとって覚えやすいという特徴があります。お客様のドリンクを用意したり、カラオケルームの後片付けをしたりする作業は、なじみのあるものだといえるでしょう。受付業務や接客の言葉遣いなど、不慣れな人にとっては覚えにくい業務内容も含まれていますが、多くのカラオケ店ではしっかりした教育プログラムが設けられているので、未経験者でも安心して就業できるでしょう。カラオケ店も主婦・主夫を貴重な戦力としてみなしてくれます。たとえば、平日昼のシフトを埋めてくれる存在になるからです。学生は、学校があるために平日昼のシフトを確保しづらいのが現状です。そこで、家事と育児の調整次第では昼間を空けられる主婦・主夫を求めるカラオケ店が増えているのです。職場になじめるか不安な方でも、多くのカラオケでは先輩から優しく指導してもらえると期待できます。主婦・主夫のパート先として、カラオケ屋さんは適しているのではないでしょうか。

面接の対策と心構え

カラオケの面接では何をチェックされているのかというと、「一緒に働ける人材か」ということと「お客様から見て不快感がないか」というポイントです。コミュニケーションがきちんと取れる人材は、カラオケ店からすると「一緒に働きやすい」と思われる傾向があります。そう思ってもらえるように気をつけたいのが常識的なマナーを守った面接を心がけることです。遅刻をしない、あいさつやお辞儀を忘れない、笑顔を見せるなどの項目は当然のようであって、意外とできていない人が多いものです。特に高校生はマナーが身についているだけで高く評価されることでしょう。また、面接官が採用したがる人材として「シフトを埋めてくれる人」が挙げられます。せっかく採用するのであれば、カラオケ店ではなるべくシフトに入ってもらって効率を上げたいと考えています。提案されたシフトに関しては、すぐに拒否せず前向きに検討する姿勢を見せると好感度がアップします。もしも深夜帯で働けたり、土日出勤OKだったり、バイト先が喜ぶ条件がある場合は、自ら口に出してもアピールにつながります。責任感があり、一度採用されたらすぐには辞めない人材だと面接官に思わせることができたら、高確率で採用してもらうことができるでしょう。

面接時の服装について

カラオケは接客業なので、第一印象に気をつけるようにしましょう。ここでいう第一印象とは服装の清潔感や身だしなみのことです。よれよれのシャツや、破れたズボンなどは避けて、真面目な印象を与えるコーディネイトを選びましょう。スーツや学生服を着なくても大丈夫ですが、しっかりとアイロンがあてられた服を着ていくことが肝心です。 女性の場合、露出が高い服装は控えましょう。ファッションとして休日に楽しむにはよいのですが、面接には落ち着いた色で無難な服を着ていくようにしましょう。 また、派手すぎる髪色や化粧も避け、「自分がお客様だったら受付にいてほしくない」格好はしないことが得策です。ピアス、ネイルなども、人によっては威圧的に感じ話しかけにくいと感じてしまいます。カラオケではお客様が快適に過ごしてもらうことが優先なので、従業員にはとりたてて個性やファッションを主張する必要がないといえます。 男性の場合は髭や伸びた髪に気をつけましょう。たとえファッションとして伸ばしたものであっても、面接官から敬遠されるリスクは減らしておくことをオススメします。

カラオケの社員・正社員の求人情報
ページトップへ