自動車整備士

チューイチ

自動車整備士のバイト・アルバイト・パートの求人情報

自動車整備士のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    自動車を安心して運転できるのは、自動車整備士が専門知識を駆使してメンテナンスから点検、整備を行ってくれるおかげです。エンジンやタイヤなど各装置の細かな部分までを点検し整備を行います。問題がある部分が見つかれば分解し点検して、機能を正常に戻します。自動車整備士の仕事には故障や異常な部分の整備を行う一般整備と、定期的に行い機能が下がった部品を整備する点検整備に分かれています。また、整備にはあまたある車種に対応するため、エンジン、ディーゼル、二輪といった専門に分けられています。 自動車整備士の資格を活かせる仕事の現場は自動車整備工場やディーラーといわれる自動車販売会社が中心です。規模の小さな事業所ほど年齢が高く少数のベテラン整備士で支えています。若い整備士は規模の大きな事業者で多く働いています。仕事や日常生活でなくてはならない大事な車を預かって故障を直すのが自動車整備士の仕事です。お客様にとっては直って当たり前。暑さ寒さの中オイルまみれになり体力的にも辛いこともありますが、無事にエンジン音をたてて復活した時の喜びはそれまでの苦労も吹き飛びます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    自動車整備士の仕事は、必要な技術や知識を働きながら増やしていくことで、スキルアップをしていける仕事です。現場での経験を重ねていくことで、整備士の仕事にとって強みとなる資格を取得することもできます。アルバイトとして働くことは、将来のキャリア形成に大いに役立ってくれることでしょう。また、仕事を通じて、さまざまなお客様の多種多様な車に接することになるので、車が好きな人には自動車整備士という仕事をすること自体が喜びやモチベーションになるはずです。もちろん、仕事で身につけたスキルや知識は、自分の車のメンテナンスや修理に活用できます。家族や友人、知人の車の修理をしてあげられれば、プライベートでも感謝されるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    自動車整備士の仕事の給与帯は幅広く、店舗やエリアによっても異なります。また、資格の有無によって給与が変わる場合もあるでしょう。勤務先は整備工場やカーショップが中心となりますが、最近では修理も請け負うガソリンスタンドや車検専門の工場、塗装修理を専門とするペイントショップなど、自動車整備士が活躍できる場は増えてきています。勤務時間は、フルタイムの場合が大半で、お客様が仕事帰りでも立ち寄れるようにと、遅くまで営業している店舗もあるようです。また、決められた期日までに作業を完了する必要があるため、残業を求められることもあります。服装は、基本的に作業服で、会社から支給されるケースが多いようです。カーショップなど、お客様と接する機会のある場所では、作業着であっても相手に不快感を与えないような、清潔感のある身だしなみを心がける必要があります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    自動車整備士として働くためには、「自動車整備士技能検定」に合格しなければなりません。また、自動車整備士の種類は、1級整備士、2級整備士、3級整備士、特殊整備士の4種類に分かれており、等級によってできる作業が異なります。上の等級を目指すには実務経験が必要になるため、自動車工場などで働きながら学ぶことが必要です。また、国から認可を受けた「認証工場」や「指定工場」には、1級もしくは2級の自動車整備士が最低1名は必要とされています。この等級を持っている人は重宝されるでしょう。ただし、会社によっては、資格がなくてもアルバイトとして整備士の補助などの業務ができる場合もあります。将来的に自動車整備士になりたい人は、積極的にチャレンジしてみるといいでしょう。

職務経歴書の書き方

自動車整備士になるには国家資格の取得が必要です。技術やレベルによって1級整備士、2級整備士、3級整備士、特殊整備士に分けられています。例として、2級整備士には車全体を把握して故障個所を判断できる能力が求められます。単独での分解整備作業もできなくてはなりません。1万点を超える自動車の部品の中から故障個所を見付けるのは経験と技術を要します。 まずはパートやバイトとして実務経験を積んでいくのがステップアップへの近道です。先輩整備士の指示の下で故障した部位の交換や調整などの作業にいそしみながら、整備マニュアルを読み車の構造の理解を深めていきましょう。 自動車整備士になろうという人は車好きな人が多いでしょう。持ち込まれる車種は多岐にわたります。どの車であっても不良個所を修理し安全に走行できるようにしなくてはなりません。常日頃から車への興味を持っていることが大切です。そして、接客も大事な業務です。車を持ち込んだお客様に、どのようなことが原因で壊れていてどのように直したかをきちんと説明し納得してもらわなくてはなりません。重い部品を運ぶこともあります。一日中立ち仕事なので体力も必要です。 職務経歴書には車への熱い思いとともに、コミュニケーション能力や体力があることをアピールできるような事柄を盛り込んで面接に臨みましょう。

自動車整備士の社員・正社員の求人情報
ページトップへ