映画館

チューイチ

映画館のバイト・アルバイト・パートの求人情報

映画館のアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。映画館の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    映画館でのアルバイト・パートの仕事内容といえば、チケットの販売やチケットもぎりをイメージする人が多いのではないでしょうか。映画館での仕事は他にも、フロアの清掃やお客さまの誘導、ポップコーンやフード類の販売、グッズ類の販売などがあります。映画館という場所は、子どもからご年配の方まで、さまざまな年齢の人が利用します。そのため、丁寧で気持ちの良い接客を心がけることがポイントです。お気に入りの映画の上映を楽しみにしているお客様を笑顔でお迎えし、快適な環境で映画を楽しんでいただき、映画館を後にしてもらえるよう、接客のスキルを磨いていきましょう。お客様が映画を心行くまで楽しんでもらえるようにお手伝いをすることが、映画館の主な仕事といえます。人気映画の上映前や公開日などには、多くのお客様が映画館の窓口やフード売り場に押し寄せてきます。そういった状況でも、ひとりのスタッフとして正しい判断を行い、機敏に動き、お客様の誘導を適切に行うことは非常に大切なことです。映画館での仕事には、チームワークが求められます。「スタッフ同士が協力し合って映画館を支えているのだ」といった意識を常に持っておきましょう。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    映画館で働くメリットは、新作映画の情報をいち早く知ることができることや、映画を無料もしくは低価格で見られる可能性があることです。舞台挨拶などのイベントに参加できることもあります。新作はもちろん、旧作、未開拓のジャンルまで鑑賞することで得た知識をもとにお客様に見てほしい映画のアドバイスをすることも可能です。幅広い年齢層のお客様に接する機会が多いのでコミュニケーションスキルが身につくと同時に、上映が始まってしまい暗くて足元が見えずに困っているお客様を素早く案内してあげるなど、気配りもできるようになります。力仕事はないので長時間の勤務もしやすく、あらゆる世代の人が働いている職種です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    お客様の利用は、主に土日や大型連休に集中するため忙しく、平日は比較的静かで落ち着いているので働きやすい環境です。時給は900円くらいが平均ですが、週末のとても忙しいときに働けば給与がアップすることもあります。年齢、性別問わず幅広いスタッフが働いていますが、やはり映画好きな人が多く働いています。作品を見て感想を伝えあい、盛り上がることができるため、スタッフ同士が仲良くなりやすい環境です。また、映画館は市街地などの独立店と、ショッピングモールや商業ビルの中にある場合があります。後者では仕事帰りにショッピングや食事などを楽しむことができます。室内の仕事なので、天候に左右されることなく快適な環境で働くことができます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    映画館でのアルバイトには、チケットもぎりやフロアの清掃、お客様の誘導、ポップコーンなどの食べ物やグッズの販売などさまざまな役割がありますが、どの業務も特に必要な資格はありません。子供から年配の方まで、さまざまな年齢の人が利用するので、丁寧で気が利く接客が求められます。映画鑑賞の後に映画館から気持ちよく帰ってもらえるよう、接客のスキルを磨くことが大切です。映画館は上映時間の前後が大変込み合うことが予想されます。スタッフがチームワークよく誘導できなければ混乱をきたします。協調性を持ち、スタッフ全員で協力してお客様を素早く誘導することが必要となります。接客が好きな人や映画が好きな人に向いています。

面接の対策と心構え

面接で気を付けなければならないことは、「聞き方」や「話し方」等があります。面接で尋ねられたことに対して、真摯に答えようとする姿勢を見せることはとても大切なことです。また、映画館の仕事には、チームワークが求められます。採用が決まってからは、他のスタッフと協力し合い、連携を取って仕事に臨むことができるとを、面接時にアピールしましょう。映画館は平日よりも、土日祝日のほうがたくさんのお客様でにぎわっています。土日祝日も出勤可能であるスタッフというのは心強い味方です。土日祝日の出勤が可能である場合には、面接時に採用担当者に伝えておきましょう。映画館の仕事内容は、前に紹介したように多岐に渡りますから、責任を持って業務に携わることができるスタッフの存在は貴重であるといえます。

志望動機の書き方・話し方

映画館でアルバイトやパートをしようと考える人の多くは、「映画が好きである」という動機を持っています。自分自身が映画好きであるからこそ、「映画館という特別な場所で仕事をしたい」「お客様の喜ぶ顔が見たい」といったことが志望動機として挙げられます。映画にあまり詳しくない人でも、「たくさんの人に喜んでもらいたい」「接客のスキルを磨きたい」といった向上心のある人であれば、仕事の責任をしっかりと果たすことができると考えられます。映画館での仕事は、接客業であり、サービス業でもありますから、「お客様に楽しんでもらいたい」という気持ちは、仕事をするうえでとても大切です。こうした気持ちは、十分な志望動機になり得ます。また、採用担当者は面接時、その人の「話し方」もチェックしています。「話し方」は、少し努力したくらいではなかなか変えることができません。映画館の仕事は接客業でありサービス業ですので、お客さまを笑顔でお迎えし、笑顔でお見送りをするといったことは基本です。「気持ちの良い接客」や「好感の持てる話し方」ができるかどうかということは、面接のときにもチェックされています。

映画館・プラネタリウムの社員・正社員の求人情報
ページトップへ