ホテル・旅館・ペンション

チューイチ

ホテル・旅館・ペンションのバイト・アルバイト・パートの求人情報

ホテル・旅館・ペンションのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。ホテル・旅館・ペンションの仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

フロントのお仕事内容

ホテルのフロントの仕事は接客と事務の両方を兼ねています。主な仕事内容には、お客様のチェックインとチェックアウトの対応、代金の徴収、部屋割り、電話対応、予約受付、予約管理などがあります。この仕事内容からもわかるように、ホテルのフロントの仕事は多岐にわたります。ホテルといってもさまざまなグレードのものがあり、それぞれのホテルによってフロントの仕事内容も若干異なります。例えば、モーニングコールサービスがあるホテルでは、フロントがお客様のお部屋にモーニングコールをかけます。ホテルのフロントはベルボーイも兼ねることがあるので、お客様の荷物を部屋まで届けることもあります。また、宿泊されているお客様のトラブルの相談に乗ったり、お客様から頼まれたものを部屋に届けたりするのも仕事に含まれます。フロントの仕事ではパソコンを扱えるスキルが必要となりますが、それほど難しい操作をするわけではありません。入力作業などの比較的簡単な操作ができれば基本的に問題はないといえます。フロントはホテルの顔となる接客業なので、身だしなみをきちんと整えておくことも仕事に含まれます。

ホテル清掃のお仕事内容

ホテルの清掃は、客室清掃とその他の部分の清掃に大きく分かれます。廊下やロビーなどの清掃は時間をそれほど気にせずに行うことができますが、客室清掃は効率的に行わないとお客様のチェックインの時間までに清掃が完了していないという事態を招く可能性があります。ホテルの客室清掃には、客室のゴミを処分したり部屋の中を整頓したり、ベッドメーキングをしたりと様々な仕事が含まれます。清掃業は接客業ではないためお客様とコミュニケーションをとることはあまりありませんが、フロントや他の清掃員とのコミュニケーションは密にとる必要があります。客室清掃は効率的に動かなければならない仕事のため、どこから先に清掃しなければならないかを考える力が求められます。また、客室清掃では丁寧な作業と気配りが重要となります。素早くテキパキと作業を進めるだけではなく、丁寧に作業を行うことが求められます。

英語を活かせるお仕事について

ホテルには海外からのお客様も多く訪れます。そのため、フロント業務やベルボーイに従事する人には英語力が求められます。日本では近年外国人観光客が急増しているため、ホテルで英語を使う機会は増えてきている傾向です。そのため、英語ができる人材を確保したいホテルも増加しており、英語ができる人や英語を活かした仕事を探している人には、ホテルでのバイトやパートは優れた選択肢のひとつとなっています。ホテルで使用される英語はビジネス英会話で日常英会話よりも高いレベルの英語が求められます。英語には敬語はないとよくいわれますが、フォーマルな言葉遣いや丁寧な言い回しはあります。英語力を活かしたい人だけではなくさらに英語力を磨きたい人にとっても、ホテルの現場で働くことは勉強になることでしょう。一方、ホテルに滞在するお客様の中には、英語がうまく扱えない人や強いアクセントを持った人もいます。そのようなお客様の英語にも真摯に耳を傾けて内容を理解することもホテルでの仕事では求められます。英語ができるといってもネイティヴの英語に慣れているだけではなく、世界各国の英語を聞くことができ、相手に理解される英語を話せる能力が必要といえるでしょう。

大学生へのおすすめポイント

ホテルのバイトにはフロントや清掃、販売などがあります。バイトを考えている大学生にホテルをおすすめするポイントは、さまざまな人と接することで自分が成長できるという点です。人と接したり英語を話したりできるのは、フロントとショップなどでの販売でしょう。ホテルには日本人のお客様だけではなく海外からのお客様も多く訪れます。近年は海外からの観光客が増えている傾向にあり観光地のリゾートホテルだけではなく街中のビジネスホテルにも海外からのお客様が多く訪れています。そのため、ホテルの仕事に就くと学校で習った英語を実際に使ってみたり、さまざまな国の文化に触れたりすることできます。一方、高い集中力を持って働きたい人や、静かな環境で仕事をしたい人にとっては、ホテルでの清掃の仕事がおすすめです。客室清掃は効率よく働かなければならず頭も体も使う仕事ですが、清掃の仕事は基本的に時給が高いのでお金をしっかりと稼ぎたい人にも向いています。客室清掃の仕事も自分を鍛え上げて成長させてくれるため、上昇志向が高い大学生にとっては最適な仕事のひとつといえるでしょう。

志望動機の書き方・話し方

ホテルの仕事に就きたい人は、履歴書や面接で相手を納得させられる志望動機を持つ必要があります。「なぜホテルの仕事に就きたいのか」「なぜそのホテルでなければならないのか」は、よく考えて書いたり話したりすることが大切です。「以前そのホテルに泊まってサービスに感動した」というのはある種の模範解答ですが、それだけでは志望動機としては弱いかもしれません。逆に「家に近く通いやすい」という志望動機は、一見模範解答のようには見えませんが、嘘がない分相手を納得させられる可能性が高いです。また家が近い人は、急遽従業員が休んでしまった場合でもすぐ駆けつけてもらえると考えられるため、ホテル側では重宝する傾向もあります。このように、志望動機はよく聞くようなものだけではなく、自分の素直な動機を伝えることでもプラスに働くことがあります。その際は柔軟なシフトに対応できることも伝えておくと、さらに好印象を与えられます。英語力がある人は、志望動機に自己PRも兼ねてその旨を書いてください。フロントや販売などの接客業を志望する場合は、話し方にも気をつける必要があります。正しい敬語と相手を尊重する態度を忘れずに、面接に挑みましょう。

面接の対策と心構え

ホテルの仕事で特に接客業を希望する場合は、面接の服装や身だしなみは十分に気をつける必要があります。髪型は男性なら短髪やオールバックなど、女性ならショートヘアの場合は髪を耳にかけ、長髪の場合は結っていくようにしましょう。ホテルの接客業では、清潔感は強く求められる要素のため、身だしなみには気を付けましょう。髪色も面接では重要な要素となります。基本的に自然な髪色が推奨されますが、外資系のホテルでは少し茶色が入っていても許容されることがあります。それでもトーン8以下のダークブラウンに抑え、茶髪だと思われない程度の色にしておくのが望ましいでしょう。面接で着ていく服装は、接客業ではスーツで、清掃業では清潔感があるビジネスカジュアルな服装が良いでしょう。

ホテル・旅館・ペンションの社員・正社員の求人情報
ページトップへ