葬儀屋・セレモニー

チューイチ

葬儀屋・セレモニーのバイト・アルバイト・パートの求人情報

葬儀屋・セレモニーのアルバイト・パートの求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。試験監督・試験官の仕事探しは採用実績豊富なバイトルにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容(バイト内容)
    葬儀屋・セレモニー会社での仕事内容は、葬儀会場のセッティングから会葬者の案内などが中心です。勤務する会社によっては事務職もありますし細かい業務内容は異なりますが、主な仕事場所は葬儀会場やセレモニーホールというのが一般的です。祭壇の組み立てや盛花、供物などのセッティングに会場の整理、屋外のテント設営などのほか、葬儀が始まってからは式の進行に沿って会葬者の誘導なども含まれます。バイトやパートの場合は週に1〜2日程度から働けるところが多く、週末や空いた時間だけ働きたいという人に向いているといえるでしょう。給与は時給にしているところと日給にしているところに分かれますが、他の仕事に比べると高い傾向がみられます。葬儀屋・セレモニーの仕事は苦手な人もいますが、その分高収入を得やすいのはメリットではないでしょうか。通夜に入る場合は夜勤もありますが、日勤が主です。会場へ直行できるところが多く、服装は制服貸与がほとんどなのも働きやすいといえます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    葬儀屋・セレモニーのアルバイトは、人の人生のなかでもとくに重要な節目となる場面に立ち会う仕事です。葬儀の最中に遺族の方に対する失礼があってはいけません。研修や仕事を通じて優れたマナーを身に付けることができるでしょう。また、葬儀には宗教によってさまざまな様式があります。アルバイトとして経験を積んでおくことは、将来、葬儀屋・セレモニーの仕事をするうえでアドバンテージになるはずです。葬儀には多くの人が出席するため、すべてが予定どおりに進むとは限りません。トラブルに対して臨機応変に対応できる柔軟さも身につくでしょう。勤務先にもよりますが、給与面はほかの仕事と比べると高めに設定されています。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    葬儀屋・セレモニーのアルバイトでは、職場で制服を貸与されるのが通常です。髪の毛の色やメイクは勤務先によって規則が異なるので、気になる人は面接の際に確認しておきましょう。勤務時間は勤務先によって異なりますが、シフト制で1日7時間から8時間程度の勤務になっているケースが多いようです。ただし、短時間勤務が可能な職場もあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。働いている人の年齢層は20代から50代と幅広く、1人で業務を行うことが少ないため、不明点がある場合は、先輩や上司にすぐに相談・質問をすることができます。緊張感を持って達成感のある仕事をしたいと考える人にぴったりの仕事でしょう。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    葬儀屋・セレモニーのアルバイトには、車の運転が必要になるケースが多々あります。そのため、普通自動車免許を求人の条件として設定していることが多いです。普通自動車免許を持っていてもペーパードライバーの方などは、仕事内容を確認しておいたほうがいいでしょう。また、葬儀屋・セレモニーの仕事では、故人との別れに悲しむ遺族と接することになるため、その影響を受けて気持ちの面で落ち込んでしまう人が多いようです。仕事とプライベートをしっかりと割り切れる人やポジティブな人に向いているかもしれません。そのほか、大きなものを運んだり、屋外で行われる葬儀の設営や片付けを行ったりすることも少なくありません。ある程度の体力が必要な仕事です。

面接の対策と心構え

葬儀屋・セレモニー会社での仕事は、家族を送るためのお手伝いをするという考え方が求められます。バイトまたはパートでの志望動機には、人の役に立ちたいという考え方を基本にすると好まれる傾向があります。会場の設営などのような直接会葬者や遺族に接しない仕事であっても、失礼のない姿勢が大切です。会葬者の案内をする仕事はもちろんですが、準備をするような仕事でも利用者にとっては全員がスタッフであることに変わりはありません。接客業であるという意識を持ち、柔軟に対応できる人柄が好まれます。志望動機や面接では人の世話をする仕事に使命感を持っているということだけでなく、人に接するのが好きだということをアピールするのも効果的です。実際に葬儀社の人に感動した体験談などがある場合には、それを志望動機に盛り込むのも説得力が加わります。自分が体験したことで興味を持ち、今度は自分がその役割をしたいという流れを作っていくようにしましょう。面接の服装は特に問われない傾向はありますが、バイトやパートの場合でもスーツを着用するのが無難です。用意できない場合は、男性ならシンプルな無地のワイシャツにズボンに革靴、女性ならシンプルなブラウスにスカートという服装で清潔感を出しましょう。

葬儀屋・セレモニーの社員・正社員の求人情報
ページトップへ