葬儀屋・セレモニー

チューイチ

葬儀屋・セレモニーの正社員/契約社員の求人・募集情報

葬儀屋・セレモニーの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。葬儀屋・セレモニーの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    葬儀屋・セレモニーでの仕事は、故人のご家族や関係者から連絡を受けて、日程や時間、会葬者の予想人数などの打ち合わせをしたあと、葬儀場の手配や会葬者へのご案内をします。葬儀前は、祭壇の手配から組み立て、盛花・花輪・お供物の予約と手配、葬儀のお手伝いをする担当者との打ち合わせなどの準備をします。葬儀がはじまると司会の進行にしたがって、会葬者の誘導や進行のサポートをします。葬儀後は、お茶や料理の配膳確認、帰宅の際に手渡す粗供養品の確認、祭壇の撤収や会場の清掃、精算などを行います。お通夜と葬儀・告別式は手順や内容が異なるうえに、信仰や宗派、地域により習慣が異なるため、業務にも違いが出てきます。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    葬儀・セレモニーは、やり直しがきかないため計画にしたがって慎重に進めます。しっかりと滞りなく葬儀を終えることができたときは、ほっとするでしょう。遺族から感謝の言葉をいただくとモチベーションアップにつながります。遺族や関係者、会葬者などさまざまな人と話をするなかで対応能力や、仕事を通して葬祭のマナーを学ぶことができます。悲しんでいる遺族を気づかいながらも、スタッフとして冷静に業務を進める必要があるため、精神面での強さも鍛えられます。スタッフがチームを組んで作業にあたることが多いので協調性も身につきます。最近では終活ノートなど生前から本人がプランを立てることもあり、仕事の需要はさらに増えるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    葬儀屋・セレモニーの仕事は、葬儀がなければ日中勤務が多くほとんど残業もないようですが、葬儀のある日は朝から夜まで忙しいこともあります。お通夜は夕方からはじまるため片付けが終わるのは夜遅くになることもあります。そのためほとんどの会社でシフト制を導入し、交代で休みを取ることが多いようです。性別に関係なく幅広い年齢層が働いていますが、仕事柄落ち着いていて物腰のやわらかい人が歓迎される傾向があります。棺を持ち上げたり、資材を運んだりという作業もあります。服装は靴以外の制服を貸与される場合が多いようですが、髪型やメイクは派手な印象にならないようにする必要があります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    葬儀屋・セレモニーの仕事をするために資格は必要ありませんが、葬祭ディレクターの資格を持っていたり、葬儀の専門学校を卒業していると、採用時に優遇されることがあります。資格には1級と2級があります。どちらも難易度は高くありませんので、しっかりと勉強していれば合格できるでしょう。また、車での移動が多いため、普通自動車免許があると便利です。入社後に研修制度やマニュアルが用意されている場合が多く、ある程度のスキルを身につけ実務に入ることができます。小さなことにも気がつき、作業をしっかりとこなせるような、責任感の強い人は向いているでしょう。人の人生に立ち入る仕事なので命を尊重し、悲しんでいる遺族を思いやる気持ちを持てる人や礼儀正しい人が求められています。
葬儀屋・セレモニーのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ