美術館/画廊・博物館・図書館

チューイチ

美術館/画廊・博物館・図書館の正社員/契約社員の求人情報

美術館/画廊・博物館・図書館の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。看護師の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    美術館・博物館のおもな仕事は、受付け、チケット販売、案内業務などです。案内業務では、音声ガイド機器(展示物を音声ガイドで説明する装置)の使いかたを説明したり、場合によっては直接お客様に展示物の説明をしたりします。また、お客様が展示物に手を触れないように監視するのも大切な業務です。そのほかにも展覧会やワークショップを企画することもあります。館内に売店やレストラン、カフェなどが併設されている施設では、販売や対応、調理など行うこともあります。画廊の仕事は、美術品や骨董品の販売や商品の仕入れ、買い取り査定などです。図書館では、本の貸し出しや返却の手続きをはじめ、本や資料の整理、修繕などの業務を行います。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    美術館/画廊・博物館・図書館勤務では、歴史的に価値のある絵画や彫刻、先進的なアート作品などにかかわることができます。アートや歴史、本が好きな人にとっては、それらの貴重な作品や本に囲まれて仕事ができる理想的な職場といえるでしょう。展示物が変わることもあるので、そのたびに違う作品に出会えることもあります。美術館/画廊で経験を積むことにより、見る目や美的センス高めることもできるでしょう。画廊の仕事では、自分の感性や能力に自信があれば、まだ世に知られていないお気に入りの作家の作品を紹介するチャンスがあるかもしれません。図書館では、本に対する多くの知識を得ることができるので、知的好奇心のある人に向いている仕事といえるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    画廊の仕事では、実力のある人が優遇されやすい傾向にあるので、日々の努力でさまざまな知識やスキルを身につけるといいでしょう。画廊や図書館は街中にあることが多いですが、美術館や博物館は郊外に位置していることもあります。この場合、環境が良い半面、通勤に時間がかかることもあります。基本的に施設開館中が勤務時間となるため、プライベートの予定を立てやすい職場といえるでしょう。ただし、メンテナンスや展示の準備などで休館日に出勤することもあります。服装はスーツなどの落ち着きのある服を着用するのが望ましいです。制服が貸与されることもあります。どの職場も静かな空間なので、落ち着いた環境で仕事をすることができます。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    美術館/画廊・博物館・図書館での勤務に必要な資格や能力は、業務により異なります。美術館や博物館で資料の収集、保管、研究を行うには、学芸員の国家資格が必要です。学芸員や司書は、より多くの専門知識を蓄える日々の努力が必要です。受付けやチケット、グッズなどの販売業務にはとくに資格は必要なく、未経験者でもはじめられます。しかし、お客様への対応能力が必要とされるので、接客業務の経験は採用時のアピールポイントになるでしょう。画廊の仕事には美術品や骨董品を見る目が必要です。商品を車で運搬することがあるため、普通自動車運転免許が必須となることもあります。図書館で働くには、司書の資格が必要になることがあります。採用人数は少なめで、競争率が高い傾向にある職種です。
美術館/画廊・博物館・図書館のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ