公共施設・官公庁・市・区役所・税務署

チューイチ

公共施設・官公庁・市・区役所・税務署の正社員/契約社員の求人・募集情報

公共施設・官公庁・市・区役所・税務署の社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。公共施設・官公庁・市・区役所・税務署の仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    公共施設は国や地方公共団体によって運営されている施設で病院や図書館、市民会館、保健施設、美術館などがあります。仕事は受付け・窓口での案内、利用者の誘導、在庫管理や発注、清掃業務などがあります。官公庁は、国の機関である省庁の行政機関で、仕事内容は各省庁によって異なります。道路・公園・河川の建設や管理、学校・図書館・病院・児童福祉施設の設置・運営、農地開発など社会基盤の整備などさまざまです。市・区役所の仕事は、一般行政職では戸籍届け出対応などの窓口業務や産業振興、地域防災・防犯事業などです。技術職は道路工事の設計・管理などがあります。税務署では、適正な課税を行い個人事業者や会社を訪れ、帳簿などを検討し、申告が適正かどうか調査や検査を行います。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    公共施設・官公庁・市・区役所・税務署で働くためには、ほとんどの場合で資格が必要ですが、未経験からはじめることは可能です。オフィスワークの場合、静かな環境の職場が多く、落ちついて仕事をしたい人にはピッタリの環境といえるでしょう。一般企業のように、業績次第で会社自体が無くなるリスクはありません。また、給与面でもメリットがあります。公務員の給与は高めに設定されている傾向にあり、手当てや福利厚生も充実しているため、一般的に不安が少ないとされ、長く勤めている人が多いです。メリットが多いゆえに、他職種に比べて採用時の競争率が高く、知識や能力を磨いて資格取得や試験にのぞむ必要があります。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    公共施設・官公庁・市・区役所・税務署の仕事は、職場によって異なりますが、原則朝から夕方までの勤務で残業も少ない傾向にあり、仕事終わりのプライベートな時間を楽しむこともできるでしょう。制服を貸与されることもありますが、私服の場合もあります。清潔感のある身だしなみを意識し、華美にならないように気をつけることが大切です。市・区役所は基本的にその市・区役所での採用であり、ほとんどは転勤がなく、転居を必要としません。公共施設も同じです。官公庁の場合は3年程度で移動・転勤があり、税務署の調査官も転勤が多いことで知られています。1度就職したら長く続ける人が多く、募集が出ても採用人数は少ない傾向にあります。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    公共施設・官公庁・市・区役所・税務署で働くためには資格が必要なことが多いです。学校では学校栄養士・幼稚園教諭、保育士・教員などの資格が必要です。美術館や博物館では学芸員資格、図書館では司書資格が必要です。官公庁では国家公務員試験に合格する必要があり、大きく分けて一般職試験と専門職試験(皇宮護衛官採用試験・国税専門官採用試験など)に分かれます。市・区役所は地方公務員試験に合格する必要があります。試験は上級(大卒程度)、中級(短大卒程度)、初級(高校卒程度)があり、東京都の場合はⅠ類、Ⅱ類、Ⅲ類があります。税務署の職員になるには、税務職員採用試験や国税専門官になるための国税専門官試験に合格しなければなりません。
公共施設・官公庁・市・区役所・税務署のバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ