パティシエ

チューイチ

パティシエの正社員/契約社員の求人・募集情報

パティシエの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。パティシエの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    パティシエの仕事は、働くお店の形態によって内容が変わってきます。小規模店舗では生地作りから仕上げのデコレーションまで、1人や少人数で担当することが多いです。大規模店舗や洋菓子メーカーの工場は、パティシエが複数人いる場合もあり、洋菓子の種類や工程で作業担当が分けられる場合があります。レストランでは、食事のあとに提供されるデザート作りを任されることが多いです。また、ホテルや結婚式場などで働く場合は、パーティーで使うゼリーやケーキ、クッキーなどさまざまな種類の洋菓子を分担して作ります。とくに結婚式場では、お客様の希望に沿ってオリジナルのケーキを作ることが多くあります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    パティシエの仕事は、自分の作った洋菓子をお客様から「おいしかった」といってもらえたときに喜びややりがいを感じるでしょう。経験を積み自分の考案したメニューが商品になれば、さらに仕事への意欲も出てきます。美しいものに触れることで感性が磨かれ、新しいメニューを生み出すきっかけにもつながります。また、共に仕事をする仲間がいれば、お互いに刺激し合って腕を競うことで力をつけていけるようになります。実力があれば、パティシエのなかでもリーダー格となるスーシェフやチーフを任されることもあり、キャリアの向上も望めます。また、経営のノウハウを習得すれば、将来、自分のお店を持つことも可能です。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    少人数の職場では、仕込みから片付けまで1人で担当する場合もあり、仕込みは朝早くからはじまり、片付けは夜遅くまで続くという場合もあります。小規模店舗では福利厚生が整っているとはいえない環境もありますが、洗い場や接客から、お菓子作りまで一連の流れを経験できることができるので、スキルの向上がしやすい環境です。大人数の職場ではたくさんのお菓子を作ることもあるので、飾り付け担当、生地作り担当など分業をします。担当以外の業務の技術は習得しづらい傾向にありますが、未経験者でもはじめやすい良さがあります。結婚式の多い時期、クリスマスやバレンタインなどで忙しくなることが多い環境です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    パティシエになるために必須となる資格はありませんが、「製菓衛生師」や「菓子製造技能士」の資格は、技術や知識を持っているという証明になります。パティシエを目指す人は製菓の専門学校に通い、お菓子作りの基礎を学ぶ人が多い傾向にあります。未経験者はアルバイトなどからはじめ、店舗で働きながら技術を磨く場合もあります。洋菓子のコンクールに参加することも自身のスキルアップにつながり、受賞できれば名前を売り出すきっかけにもなります。最初は地味で細かな作業の繰り返しなので、洋菓子作りが好きということはもちろんのこと、根気のある人に向いています。お客様を感動させるような飾りつけをするための美的感覚を養うことも大切です。
パティシエのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ