バリスタ

チューイチ

バリスタの正社員/契約社員の求人・募集情報

バリスタの社員の求人情報です!勤務地や職種、給与等の様々な条件から、あなたにピッタリの仕事情報を検索できます。バリスタの仕事探しは採用実績豊富なバイトルNEXTにお任せ!

新着仕事一覧

どんな仕事?

  • 仕事内容
    仕事内容
    バリスタの仕事は、コーヒーの専門家としてお客様にコーヒーを提供することです。コーヒー豆の種類はもちろん、焙煎方法や抽出方法、その日の気温によっても味が変わるため、状況を判断しながらコーヒーを淹れます。営業の合間や営業後に時間が空いたときは、入荷した豆の「味合わせ」をします。豆の量や挽き方、淹れるときの温度を変えてもっとも合う淹れ方を探す作業です。コーヒーをただ淹れるだけでなく、季節のメニュー考案をしたり、コーヒーに合うスイーツやサンドイッチなどの軽食を作ったりすることもあります。日本ではカフェやレストランで働くバリスタのイメージが強いですが、海外ではお酒を取り扱うバー(バール)で働くことも多いです。バリスタの活躍の場はさまざまであり、働き方も異なります。
  • スキルや資格
    スキルや資格
    バリスタは専門学校でコーヒーの基本を学んでいると採用の際には有利ですが、専門学校を出ていないと働けないというわけではありません。未経験からキッチンに入って調理師の資格を取る人や、働きながら専門学校に通い資格を取る人もいます。常連さんができ、「このお店に来るとほっとする」「あなたの淹れたコーヒーを飲むと落ち着く」などとお客様から声をかけてもらえたときはうれしい気持ちになり、やりがいにつながるでしょう。正社員で経験を積んでいけば副店長・店長・本部スタッフになることもでき、店舗運営をサポートしたり、新メニュー開発にも携わったりすることもあります。将来独立したい人はそういったノウハウを活かすこともできるでしょう。
  • 働くメリット・やりがい
    働くメリット・やりがい
    バリスタのおもな勤務先はカフェやバーですが、チェーン店や個人店など規模はさまざまです。スタッフの年齢層は幅広く、なかには脱サラをしてバリスタになるという人も少なくありません。「コーヒーが好き」という共通の話題があるので、年代は違ってもスタッフ同士のコミュニケーションも取りやすいです。客層はさまざまなので、性別・年代によってコーヒーの味を変えることもあります。バリスタはお客様のお好みに合った味を考える仕事でもあります。海外ではバリスタは専門職として受け入れられていますが、日本ではまだ認知度も低く、副業をしている人も少なくありません。大きい会社は資格取得支援制度が整っているところもあるので、経験が少なくてもやる気次第で力をつけることは可能です。
  • 職場環境・待遇
    職場環境・待遇
    バリスタになるための資格はありませんが、飲食店で働いた経験がある人や、専門学校やスクールで基礎を学んでいると有利です。専門学校では本格的なコーヒーの淹れ方や、人気のラテアートまで学べるので近年では人気が高くなりつつあります。もっと気軽に学びたいという人は、民間のカルチャースクール講座を受けるのがおすすめです。バリスタはコーヒーを淹れる技術力があれば良いというわけではなく、高い接客技術も求められます。お客様によってレシピを変えるため、会話をしながらお客様の好みを引き出していきます。感性が豊かな人、コーヒーが好きな人、人と話すことが得意な人などがバリスタとして働くことに向いているでしょう。
バリスタのバイト・アルバイト・パートの求人情報
ページトップへ