バイト先で彼女をゲットしたいならコレ!女子が胸キュンするモテ技 教えます|バイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

女子が胸キュンするモテ技 教えます

バイト先で彼女をゲットしたいならコレ!女子が胸キュンするモテ技 教えます

アンケートでわかったバイト先恋愛のリアル

異性が一番ステキに見えるのは、なんと「仕事をしているとき」なんだとか! ホントかどうかはさておき、いつもの学校の仲間とは違う人間関係の中で、恋が生まれることも少なからずある模様。バイトと恋の気になる関係、探ってみました。

●バイト先での恋愛を約6割の女子が目撃!

バイトのメインの目的はもちろん“お金を稼ぐこと”だけど、そこにいるのは男と女。当然、芽生えるものが芽生えちゃったりします。実際にバイト経験のある女子約1500人にアンケートをしてみた結果、“バイト先にカップルがいる!”との回答は6割。付き合ってはいるけれど周りにバレないようにしている2人もいるはずだから、その率は実際にはもっと高いんじゃないでしょうか。あぁ、バイト先で恋してみたい! 仕事中にふいに手が触れてドキッとするとか、シフトを合わせて働くとか、バイト帰りにみんなに内緒でデートするとかやってみたい!

バイト先での恋愛はを約6割の女子が目撃!イメージ

●恋したい女子はあなたの身近にいるのかも!?

ところが、「バイト先で恋愛をしたことがある人は?」との質問に“YES!”と回答してくれた女子は3割。ということは、残りの7割の女子はバイト先での素敵な出会いを待ち望んでいる可能性大、とここはポジティブに考えてみるのが正解。大量のビールジョッキを軽々と運ぶあなた、お客様の相談に真剣に答えているあなた、冗談を言ってみんなを笑わせているあなた、そんな姿を柱の陰からひそかに憧れの目で見つめている女子が、あなたの近くにいるに違いありません! え? そんな子いない? だったら作ればよいのです!

恋したい女子はあなたの身近にいるのかも!?イメージ

●押さえておきたいバイト先の「胸キュン」モテ技は?

といっても、ハンターの如くギラギラと…は戦略としてはイマイチ。ここはバイト先。「仕事」で魅せるのが男というものです。というわけで、バイトルがあなたに代わってバイト女子の胸キュンポイントもリサーチしておきました! その結果によると、女子の心に響く作戦は、“失敗をフォローして、重いモノを持って、仕事を丁寧に教えてあげる”こと!これさえすれば、あなたもアッという間にモテモテかも!?さりげない間接キスと、夢を語る熱いトークであの子はもうイチコロ!”…というほど女心は単純ではないようです。さあ、あなたのとるべき戦略は如何に!

恋したい女子はあなたの身近にいるのかも!?イメージ

バイト女子の胸キュンポイント攻略法

●「頭ポンポン」は女子の元気のおまじない

マニュアル読んで、説明聞いて、これでもう仕事はカンペキ!というほどバイトの世界は甘くない。どれだけ注意しても、誰にでも一度や二度の失敗はあるものです。あ、気になるあの子が何かやらかしてしまったみたいだぞ。そりゃ落ち込んじゃうよね。店長にがっつり叱られちゃったらもう立ち直れない気分だよね。ここで指をくわえて見ていては男がすたります。さあ、チャンス到来。手のひらをパーの形にして、スタンバイ。さりげなく近づいてあの子の頭頂部目指してやさしく2,3回振り下ろしましょう。はい、ポンポン! セリフは「ドンマイ」「大丈夫だよ」「元気出せよ」の3種類を用意。彼女の潤んだ目があなたを見上げたら、心の中でガッツポーズを決めてOKです。

「頭ポンポン」は女子の元気のおまじないイメージ

●箸より重いものは男子が運ぶべし!

肉体労働系のバイトを選んだつもりはないのに、重たいものを運ばなければならない機会はしばしば訪れるものです。品出しのダンボールって女子にとっては絶望的に重い。大き目の段ボールは足元見えなくて怖いし。というわけで、ダンボールと女子、この組み合わせを発見したらやるべきことはただひとつ、「オレが持つよ」。このセリフが嫌いな女子はいませんので。たとえ彼女の二の腕のほうが自分よりたくましく見えたとしても、持った瞬間、つい足元がよろけてしまったとしても、ぐっとこらえて笑顔で軽やかに一歩を踏み出しましょう。背中で語るは「俺についてこいよ」に決まり。今晩からあなたがやるべきことは腕立て伏せとスクワット。マッチョな体と彼女が一度にゲットできるおトクな戦略です。

箸より重いものは男子が運ぶべし!イメージ

●「壁」さえあれば距離が縮まる

安定感バツグンの古典的な戦略もいいけれど、ここはひとつ、最近流行りのアレにも挑戦しておきましょう。壁に片手をついて女子にちょっと迫って、はい「壁ドン」。上半身の角度は彼女の身長と2人の親密度に合わせて直立から30°くらいの間の傾斜で調整を。休憩時間のどうでもいい世間話も壁ドンで決めればあら不思議、ドキドキの空間に早変わり。アンケート回答第3位の「仕事を丁寧に教えてくれる」もこの際、壁ドンとのセットが吉。ありふれたアドバイスだって、壁の力を借りればデキる先輩オーラが滲み出ること請け合いです。帰りの電車が一緒になったら、ドア側にあの子を立たせてガードついでにダメ押しの「ドアドン」。必要なのは「壁」とほんのちょっぴりの勇気。あなたにもあるはずです。

「壁」さえあれば距離が縮まるイメージ

モテ技は人による

これらのモテ技をマスターして、女子たちから告白されまくっちゃってください。ちなみに私は“頭ポンポン”に胸キュンです。とはいえ人によりますが。あ、そうそう。モテ技ってイケメン限定ですからあしからず。やる人によっては「キモイー」って陰で言われたり警察問題に発展したりだってありえます。結局はイケメンが生き残る世の中ですから。

バイトルTOPへ

記事の担当者
バイトル BOMS記事担当者
  • 白井翔子
  • google+
  • 1991年生まれ、2014年入社の新人女子編集部員。クラブで踊りまくり家では腹筋毎日200回をこなす、文系女子の皮を被ったハッピー野郎。ギャップについてこれる方、お酒奢ってください。

バイト求人探すならバイトル