バイトの面接ノウハウまとめ 時間・服装・よくある質問など

アルバイト・パートの面接に対策は必要?
面接当日までに、どんな準備をすればいい?
面接前の準備から当日の注意点
面接中によく聞かれる質問のGOOD回答例、BAD回答例
などをご紹介します。

面接30分前に読んでおきたい項目集

  • 履歴書、ハンコなど持ち物はそろっているか
  • 15分前には到着できる状態か
  • 服装、髪形、メイクはTPOをわきまえているか
  • 待合室ではスマートフォンをさわらないように注意
  • 入室する際、ノックは3回!
  • 志望動機をきちんと話せるか
  • 長所と短所、その短所を直すための工夫を話せるか
  • 希望シフトや通勤手段について話せるか
  • 採用担当者への逆質問を用意しているか
  • 内容はまとめて簡潔に

面接の流れ・進み方

アルバイト・パートの面接は、あなたが継続して働けるかどうかだけでなく、本当に働きたいか、意思の確認の場でもあります。面接官の話をよく聞き、業務内容やシフトなどのルールについて納得した上で、面接を進めましょう。
特に注意したいのが、シフト関係。勤務できる曜日や時間帯、休みの希望を出すタイミングなどをあらかじめ聞いておき、後々のトラブルを防ぐことが大切です。
ここでは、面接の基本の流れや、面接官の注目ポイントについて見ていきます。(面接の流れはあくまで一般的な場合であり、あてはまらない企業・店舗もあります)

面接官となる人アルバイト・パート先の責任者や店長、人事担当者など
面接官の注目Point採用したら会社・店舗にどんなメリットがあるか、
シフトの融通が利くかどうかを重要視しています。
面接の流れ全体の流れ※面接結果発表は当日、または後日メールや電話などで伝えられます。

二次面接の有無について

アルバイト・パートでも、採用候補者が多い場合などは、二次面接まで進むことがあります。募集条件を満たしているか判断される一次面接に比べて、より具体的な質問をされるでしょう。 面接の機会が増えるため手間も増えますが、その分お互いの理解度が深まることも確か。採用後のミスマッチを防ぐことにもつながるはずです。

アルバイト・パートを採用するとき、条件に合う人であることはもちろんのこと、「職場のほかの職員たちとうまくやっていけそうか」という点も、採用側にとっては重要なポイントです。
面接を受ける際には、自分の好みの服装や髪型ではなく「一般常識に沿った、多くの人から好まれる身だしなみ」を心掛けましょう。やわらかい表情も大切です。鏡を見ながら笑顔の練習をしたり、自分が話す姿を動画で撮って見てみたりしましょう。練習すれば必ず上達しますよ。

面接前の準備

面接日が決まったら、持ち物や注意点を事前に聞いておきましょう。面接前日までに、下記のリストもチェック。
当日に遅刻をするのはもちろん厳禁!15分前に到着できるよう、余裕を持って行動することで、いざというときも安心です。

情報

  • 面接会場
  • 面接時間
  • 面接先の住所・電話番号
  • 最寄り駅と会場までのルート
  • 採用担当者(店長)の部署・名前

持ち物

  • 履歴書
  • 筆記用具
  • メモ帳
  • ハンコ
  • 連絡手段(スマホ・携帯電話)

面接の会場は、一度下見に行ってみると安心です。特に中小企業の場合は、大企業のように大きく看板が出ているとは限りません。看板がなかったり、入り口がわかりにくかったりすることもあります。当日に焦ることがないよう、事前に一度行ってみましょう。
また、雨の日は交通機関も遅れがちになります。通常よりも早めに家を出ましょう。濡れた傘やレインコートを入れるビニール袋、タオルも忘れずに持っていくと「準備のいい人」という印象を与えることができますよ。

面接マナー(服装・髪型・話し方等)

アルバイト・パートの面接では、服装規定がない限り、服装・髪形は自由。とはいえ、清潔感や身だしなみには気を付けて、失礼がないようにしましょう。
万が一、面接の日程を変更しなければならない場合は、早急に連絡を入れてお詫びとともに指示を仰ぎます。ただし、先方の都合もありますので、できるだけ変更は避けたいところです。
ここからは、面接マナーについて、7つのポイントに分けて解説していきます。

面接マナー
  • 身だしなみ(服装・髪形・メイク)

    志望先の会社・店舗に合わせた、清潔感のある服装を心掛けましょう。服にしわがないか、化粧が華美になりすぎていないかなど、鏡でチェックするのも忘れずに。

  • 到着時間

    面接会場のある建物には、15分前には到着するようにします。受付で担当者へ取り次ぎをお願いする場合、直前よりも5分前が理想的です。受付では、ハキハキした口調で来社目的を伝えましょう。

  • ノック・挨拶

    面接会場に入室する際は、ドアをゆっくり3回ノックします。ドアがなければ「失礼します」と一言添えましょう。

  • 座り方・姿勢

    猫背やダラダラした姿勢にならないよう、背筋をまっすぐ伸ばして座りましょう。男性は軽く握った拳をひざの上に置き、女性は手を開いたままひざの上で重ねます。

  • 目線・表情

    目線をしっかり採用担当者に向けることで、相手の話に集中することができます。相手に好印象を与えるためにも、常に笑顔を心掛けましょう。

  • 言葉遣い

    会話が盛り上がったとしても、必ず敬語で話します。硬くなりすぎないように、聞き取りやすい声でハキハキと受け答えすることを意識しましょう。

  • 遅刻しそうなときは?

    遅刻してしまうことがわかった時点で、すぐに電話で連絡を入れます。理由を正直に伝え、時間をずらしてもらうか、別の日時を指定してもらいましょう。

よく聞かれる質問(GOOD回答例・BAD回答例)

ここからは、面接前に知っておきたい「よく聞かれる質問」と、その質問に対する「GOOD回答例」「BAD回答例」をご紹介します。
面接官が注目するポイントを踏まえて、自分なりの回答を用意しておきましょう。

よく聞かれる質問 その1
「自己PRをお願いします。」


私の強みは、苦手なことにも前向きに取り組むことです。元々細かい作業が苦手でしたが、以前のアルバイト先で商品検品を担当する機会があり、これは克服するチャンスだと考えました。作業をていねいに行ったおかげで「安心して任せられる」と店長から信頼を得ることができ、どんなことにも前向きに取り組んで、苦手を克服する大切さを学びました。


休日はゲームに没頭しています。楽しいと思えることには、集中力が発揮できるタイプです。アルバイト経験は多いので、いろいろできると思います。ただ、我慢強いほうではないので、長時間の作業はやりたくないです。

アルバイト・パートの仕事内容に合ったアピールをする

採用担当者は、自己PRを求めることで、あなたの強みや仕事への向き合い方を知りたがっています。そのため、強みをアピールできる具体的なエピソードを用意しておくといいでしょう。仕事内容に関係ない趣味や、「いろいろ」などのあやふやな言葉、ネガティブな発言は避けるべきです。

よく聞かれる質問 その2
「あなたの長所・短所は?」


私の長所は、コツコツと地道に努力できるところです。高校時代に所属していた◯◯部の練習では、苦手な部分を毎日練習し、克服することができました。短所は、人見知りであることですが、少しずつ解消できるように自分から積極的にコミュニケーションをとるようにしています。


長所は何でも楽しめるところです。短所は忘れっぽいところです。

長所は客観的かつ具体例を交えて話し、
短所は改善しようとする姿勢を見せる

自分の長所を客観的にとらえ、さらに具体的なエピソードを交えると説得力が出ます。短所では、自分のマイナス面を理解し、改善する意欲を伝えられることができればベスト。好印象を持ってもらえます。

「うちの仕事、結構忙しいけど大丈夫?」と、面接のときに聞かれることがあります。どんな仕事でも、忙しいのは当たり前。あえてこういう質問をするのは、応募者のやる気を確認したいからです。
うろたえたりせずに、自信を持って「はい、大丈夫です。がんばります」と答えましょう。そうすれば、面接をしてくれた担当者は「しっかり働いてくれそうだ」と安心して、前向きに採用を検討してくれるはずです。

監修
森 ゆき

森 ゆき

キャリアコンサルタント

国家資格・キャリアコンサルタント、メンタルヘルス・マネジメント検定I種(マスターコース)、一般財団法人 女性労働協会認定講師。著書に「~未来の挑戦に迷っているあなたへ~「女性のキャリア」のつくり方」(ギャラクシーブックス)、「働き方改革は社員のモチベーション改革~プロの活用で、即効性と持続性のある真の改革を~」(ファストブック)などがある。

カテゴリ一覧