バイトの面接へGO!髪型や服装はどうするのが正解?|ボムスbyバイトル編集部

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

バイトの面接へGO!髪型や服装はどうするのが正解?

バイトの面接では、髪型や服装などの外見から得る第一印象から入られるのが一般的です。職種によって許容範囲は多少異なりますが、髪型と服装、いずれもとにかく清潔感が大切です。外見について、面接前にはどんなことに気をつければ良いのか知っておきたいものです。

いざ働くとなれば、面接先の職種によっても異なるヘアスタイルのマナー。バイトの面接には、どのよう髪型で挑むべきでしょうか。第一印象が大切な面接において、身だしなみで怒られるなんてもってのほか。ヘアスタイルの基本的なルールを知っておきましょう。  

いざ面接!ヘアスタイルの基本的なルールとは?

アルバイトの面接に向かう服装がスーツでも私服でも、ヘアスタイルで一番大切なのは清潔感。条件に「茶髪不可」などの表記がないかもよく見ておきましょう。

男性なら耳にかからない長さのすっきりとしたヘアスタイルで、顔も眉が見える前髪の長さが印象よく映るでしょう。気合を入れすぎて、スタイリング剤をつけすぎるとかえって不潔な印象になることもあるので注意を。

女性の場合は、髪の長さが肩より下ならまとめた方がすっきり見えそう。髪を結ぶときは、面接にふさわしいシンプルなヘアアクセサリーを選びましょう。前髪は、長さがあるならおでこを出すと表情がよく見えるうえ、明るさが出て好印象になります。少し長めの場合は、サイドに流してスタイリング剤で固定したり、ヘアピンでとめたりする手も。

男女共に、流行っているからといって奇抜なヘアスタイルや派手なカラーリングをすると職種によっては相応しくないと判断され、即アウトの可能性も。ヘアサロンやアパレル、若い年齢層が対象の物販なら多少個性を出しても許容範囲の場合がありますが、イメージ重視の接客業や清潔感が欠かせない食品を扱う仕事では、例え自身では地味だと感じても印象第一のヘアスタイルで足を運ぶのが無難です。

ヘアスタイルの基本ルールを守るのはもちろん、遅刻して寝癖の残ったぼさぼさ頭で行くようなことにはならないように気を付けて。初めて会う人だからこそ、採用したいかどうかの判断に身だしなみが占める割合は大きいことをしっかり認識しておきましょう。

 

個性はどこまでOK?応募先のスタッフを見て把握しよう!

面接を受ける前に従業員の髪色などを確認すれば、ある程度の目安が分かるようになっています。カフェとレストランなど、同業でもお店によって髪色の明るさの許容範囲は違います。確認のため、面接前には1度お店を利用すると良いでしょう。とりわけ普段からよく利用するカフェなどであれば、気兼ねなく入れるはずです。髪色のみならず、ピアスやネックレス、ブレスレットなども確認しておきましょう。例えば、カフェの従業員はアクセサリーをつけていない人も多いです。というのは、カフェやレストラン、居酒屋など、お店によっては衛生上などの理由でアクセサリーの着用が不可のところがほとんどです。より具体的にいえば、ブレスレットに菌がついたままで調理・配膳すると食品に菌が付着し、食中毒を引き起こす可能性があるからです。
しかし、食品を扱わないアパレルなどでは、身につけても問題ありません。アパレルなどのファッション性重視のバイトでは認められているところがほとんどです。したがって、アパレルショップの従業員には、アクセサリーをつけている人も多く感じられるでしょう。さらに、男性はヒゲ、女性はメイクの濃さなどもチェックしておきましょう。ヒゲやメイクはおしゃれの1部ですが、伸ばしたヒゲや凝ったアイメイクは、職種によっては清潔感に欠けると思われることもあります。普段からヒゲを伸ばしている人や、メイクをしっかりとしている人もいるかもしれませんが、バイト先では応募先の身だしなみに合わせることが大切です。

 

面接で印象を悪くしない髪型:女性編

面接時の髪型の参考に、女性におすすめの髪型とセット方法についてご紹介します。髪色は職種を問わず、暗めの髪色が好ましいです。春や夏など暖かい季節には、軽さを出すために明るめの髪色にする人もいるかもしれませんが、面接前には髪色のトーンを落とすなどの配慮が必要です。長さについては、長くても短くても問題ありませんが、長い場合はポニーテールにする、シニヨン(後ろの低い位置でまとめたお団子ヘア)にするなどして、面接中に顔に髪がかからないようにしましょう。前髪が長い場合は、軽く巻くなどして目にかからないようにしましょう。人によっては、セット時にヘアコロンを振る人もいるようですが、香りを苦手とする人もいます。また、飲食店の接客など、バイト内容によってはふさわしくありません。セットする際には、相手にどう受け取られるかよく考えましょう。市販の無香料のワックスを軽く付けたり、ヘアスプレーを振ったりして、髪型をキープすることをおすすめします。

 

面接で印象を悪くしない髪型:男性編

次に、男性におすすめの髪型とセット方法についてご紹介します。女性の場合と同様に、髪色は職種を問わずに清潔感を得られるのは暗めの髪色です。さらに、短めに切りそろえられていることも重要です。気をつけたいポイントとしては、襟足と前髪です。襟足は飲食店の場合には特に気をつけましょう。襟足が長いとエプロンや制服に髪の毛がつくこともあり、不衛生に思われます。おしゃれで前髪を伸ばす男性もいるようですが、長い前髪にうっとうしさを感じる人は少なくありません。また、面接中に目にかかった前髪をいじるのは印象が良くありませんので、前髪は短くして臨みましょう。人によってはワックスをたくさんつける人もいるようですが、ワックスでベタついた髪は不衛生な印象を与えます。面接の際は、無香料のワックスを毛先に軽く馴染ませる程度にしておくと無難です。スポーツ刈りなど、長さがかなり短くてセットする必要がない場合は、強いてワックスをつける必要はありません。寝癖がついた部分を整える程度で良いでしょう。

 

面接ファッションをトータルコーディネート:女性編

事務系とサービス系それぞれ、面接にふさわしいファッションスタイルを提案します。コールセンターや塾の受付などの事務系アルバイトの場合、暗めの髪色にナチュラルメイクがおすすめです。アイメイクはベージュやブラウン、リップは薄いピンクを使うと自然な感じに仕上がります。服装は、オフィスカジュアルが好ましいです。フォーマルをちょっと着崩した感じの装いで、ブラウスにコットンのスカート、もしくはパンツを合わせると良いでしょう。ブラウスにコットンのボトムスだとカジュアルすぎると感じられる場合は、ジャケットを羽織るときちんとした感じが出ます。足元はヒールが3~5cm程度の黒など、地味な色のパンプスを合わせると品良くまとまります。カバンも同様に、ネイビーや黒など、なるべく地味な色を合わせると良いでしょう。アパレルなど、サービス系の職業では個性を出しても良い仕事もありますが、目立ちすぎるのも良くありません。
面接では、事務系同様に暗めの髪色にナチュラルメイクが無難です。服装はオフィスカジュアルが基本ですが、ブラウスなど少しギャザーが入ったものや、薄めのストライプ模様だとさりげなく個性をアピールできて良いでしょう。足元やカバンは、黒などの無難な色がおすすめです。サービス系ではおしゃれをするにしても、ブラウスだけにするなど、さりげなくおしゃれを取り入れることが大切です。

 

面接ファッションをトータルコーディネート:男性編

男性の場合で、事務系とサービス系のアルバイト、それぞれ面接にふさわしいファッションスタイルについて考えてみましょう。イベントの受付など事務系の場合は、黒やダークブラウンなど暗めの髪色に、オフィスカジュアルが正解です。ジャケットを羽織ることできちんとした感じは出ますが、下にTシャツを着ているとカジュアルすぎると思われることもあるようです。カッターシャツとまではいかなくても、白の前開きのシャツを着ていくと無難です。ボトムスはコットンパンツで、色はベージュや黒などの地味な色が好ましいです。靴やカバンに関しても、黒など地味な色だときちんとした感じが出ます。ただし、靴はカジュアルな感じのするスニーカーはなるべく避けましょう。アパレルなど、サービス系の場合は女性同様、多少おしゃれをしても良いですが1部にします。髪色は暗めの色で、下に着込むシャツを色つきのものにするなどです。水色などさわやかな色を選ぶと清潔感が出ておすすめです。アパレルなど、サービス系の場合は、男性に多いリュックやスニーカーでも許容されることもありますが、派手な色は避けて黒など地味な色にします。

 

まとめ

面接時の身だしなみで一番大事なキーワードは、清潔感。自分が応募しているアルバイトの職種をイメージして、ふさわしいヘアスタイルで面接に挑みましょう。

応募先のお店に足を運んで、従業員の髪型やメイク、装いをチェックすることで、イメージしやすくなります。求人票だけでは想像しにくい人もいるでしょう。ですから、お客としてお店に行ってみることをおすすめします。また、女性も男性もそれぞれ、髪型や服装に気をつける点がありますので、面接前に今回ご紹介したポイントを、参考にしてみましょう。アルバイトへの意気込みをいくらきちんと話せていても、見た目で落とされてしまうのはとても残念なことです。面接前には、話す内容だけではなく、相手に好印象を与えられるヘアスタイルや服装にも気を配りたいものです。

 

この記事が役に立ったらいいね!してください

バイト求人探すならバイトル