履歴書の書き方・作成方法
マニュアル完全版

履歴書を就職活動に必要な事務的な書類と捉えがちですが、
採用する側にとっては、
応募者の人となりを知るための大切な材料。
ビジネスマナーを守りつつ、採用担当者に
好印象を残せる書き方をご紹介します。

履歴書を書く前に気をつけたいこと

“公的な書類”であることを忘れずに

履歴書は採否の判断のためだけでなく、採用後は人事の基本情報が書かれた公的な資料として扱われ、保管されます。ビジネスルールを守り、作成に臨むようにしましょう。

嘘はつかない。隠し事はしない

公的な書類である以上、正直に書くことが大前提。自分をよく見せようとするために事実と異なることを書いたり、勘違いなどによる事実の相違も決してないように。確認を怠ることなく、事実を正確に記載しましょう。

自分の分身であるという意識を

「手書きでもパソコンで作成したものでも可」となっていても、応募職種がITスキルを要求している場合は、パソコンで作成したほうがよいでしょう。一方で手書きの文字から人間性を読み取りたいと考えている担当者もいます。個々の応募先に応じて判断しましょう。いずれの場合も誤字脱字があれば注意力が足りないという印象になります。履歴書全体があなたを表していることを忘れずに。

やってはいけない履歴書のNG

修正テープや取り消し線は不可

手書きで作成した場合は、間違えて記入してしまっても修正テープや取り消し線は使用しません。面倒ですが、最初から書き直しましょう。

消せるペンは使用しない

こすって消せるペンは使用しません。また鉛筆も不可です。黒いインクのボールペンやサインペンを使用しましょう。黒インクの万年筆でもかまいません。

空欄を作らない

履歴書には空欄を作らないようにします。保有している資格がないなど、空欄になってしまう箇所には「特になし」と記載しましょう。

まるごと流用しない

複数の会社に応募する際は、履歴書をまるごと使うことは避けましょう。応募先に合わせた形で、志望動機や自己PRなどのアピール内容を変えてください。パソコンで上書きしながら作成する場合は、日付を更新するのを忘れないようにしましょう。

フォーマットは自分に合ったものを

履歴書のフォーマットにはいろいろな種類があります。学生で職歴がないのに学歴・職歴欄のスペースが大きいものを使ってしまっては、空行が多くなり、見た目もよくありません。自分がアピールしたい項目のスペースが広くとられているフォーマットを選ぶようにしましょう。また企業の書類はA4サイズ(見開きでA3サイズ)なので、ファイリングなどの利便性を考慮してA4サイズの履歴書を使用するとよいでしょう。ワードやエクセルなど作成ソフトを活用するのもおススメです。

履歴書の書き方ポイント

履歴書の書き方ポイント

見やすいことが大前提。パソコンで作成する場合は書体を統一しましょう。手書きの場合は必ずしも上手な字でなくてもかまいません。ていねいに心を込めて書けばOK。誤字脱字や、罫線がない枠内に各場合は、記入していくうちに、行がななめになってしまいがちなので、十分に気をつけながら書きましょう。

基本情報の書き方

連絡先の記入欄や、第一印象を左右する写真のスペースがある基本情報欄は、履歴書の土台となる大切なスペースです。ルールを守って書くことが重要です。

基本情報の書き方
日付

・履歴書が自分の手元を離れる日を書く。郵送の場合は投函日、持参の場合は持参予定の日付に。記入日を書いてしまわないように注意。

・履歴書全体で和暦・西暦を揃える。

写真

・履歴書に記載されているサイズの写真を用意。記載がなければ縦4センチ、横3センチの写真を使用。

・原則、3カ月以内で、応募の時点と印象が変わらないもの。

・スピード写真機でもいいですが、できるだけ写真館で撮影するのがおススメ。印象がよくなるほか、意欲もアピールできる。

・正社員に応募の場合、男性はスーツにネクタイ、女性はジャケット着用で。

・アルバイトやパートの場合は、襟付きのシャツの着用を基本に。

・写真の裏には名前を書いてから貼る(はがれてしまった場合も安心)。

氏名

・戸籍の記載内容と同じにする。

・苗字と名前の間は一文字空ける。

印鑑

・インキ浸透印(ネーム印)は使わない。朱肉を使って押印する。

住所

・都道府県から記入。

・住所に対するふりがなは漢字表記部分についてはすべて書く。

・マンション名まで書く。英単語が使われている場合は読み方をふりがなで書く。

生年月日

・履歴書全体で和暦・西暦を揃える。

・年齢は前述のルールに沿って記載した日付に対しての満年齢を記入。

連絡先

・転職活動中の場合は現在の勤務先の電話番号、メールアドレスは使用しない。

・電話番号は携帯電話でも固定電話でも連絡が取れるものであればOK。

・メールアドレスはフリーのものでも問題ない。ただし、@の前が印象がよくないものは避けたほうが無難。意味のない英数字が長く続くアドレスも、採用担当者が打ち込む手間を考えると避けましょう。

学歴・職歴欄の書き方ポイント

間違った内容では学歴・職歴詐称になってしまうため、第一に正確さが求められます。校名や社名は正式なものを記入します。行数が限られているため、応募職種に関連がある内容を優先して書くようにしましょう。

学歴・職歴の書き方
学歴

・中学校卒業から記載。正社員の転職の場合は高校からでOK。

・学校名は省略しない。「○○県立」「私立」を頭につけ、「高校」ではなく「高等学校」と記載。

・大学は学科まで、大学院は研究科まで書く。

・資格取得のために通ったスクールは書かない。

職歴

・正社員として勤務した会社はすべて職歴に書く。

・アルバイト・パートの経歴については、応募職種に関連するものがあれば書いてもよい。

・社名は正式名称を書く。

・職歴が多く、書ききれない場合は別途職務経歴書に詳しく記載。

・最後に「以上」と記載。

パターン別に 学歴・職歴例 を詳しくみる

免許・資格欄の書き方

採用担当者がチェックしているのは、持っている資格をどう仕事に役立ててもらえるかという点です。応募職種に関連のあるものを中心にまとめましょう。該当する関連資格がない場合も、資格取得に対する姿勢はアピールできると考え、記載するのがベター。また、資格は正式名称と通称が異なっているケースが多いので、注意して書くようにしましょう。

免許・資格の書き方
国家資格・民間資格

・取得年月が古いものから正式名称で順に書く。

・マイナーな民間資格であっても、応募職種に関連するものであれば記載。

・現在勉強中の資格があれば、「○年○月取得予定」と付記して記載。

スコア・検定

・TOEICの場合は600点以上だとアピール可能。ただし、英語力が要求される職種の場合は800点以上のハイスコアが必要になることも。

・英検(実用英語技能検定)は2級以上が目安。

・秘書検定(秘書技能検定)など幅広い業務に応用できそうな資格があれば積極的に記載。

志望動機欄の書き方ポイント

自分の言葉で応募職種に対する熱意を表現するのが志望動機欄。採用担当者が重要視する項目の一つです。あれもこれも伝えようとすると、文章が長くなってしまいがちですが、それほど大きなスペースではないため、コンパクトにまとめる必要があります。求人広告に「手に職がつく!」と書いてある場合は「手に職をつけたいと思った」など、求人広告で使われている言葉を使って表現すると、「採用したいターゲット通りの人物」という印象を与えやすくなります。
最低限以下の2つのポイントは盛り込むようにしましょう。

・なぜそのバイト先、転職先を選んだのか。

・採用されたらどのように活躍したいと考えているのか。

志望動機の書き方
パターン別に 志望動機の書き方・例文 を詳しくみる

自己PR欄の書き方

志望動機が「実際に働くことになったら」という採用された後のことについて書いていくのに対して、自己PRは自分のこれまでの経験から自分の強みは何かなど、応募職種に関連づけてまとめていきます。学生の場合は、学業や部活・サークルでの取り組みの中から仕事に活かせる長所を見つけていきましょう。

自己PRに必要な2つのポイント

・応募職種に活かせるPR内容になっているか。

・エピソードや数字を使用した具体的な内容になっているか。

自己PRの書き方
パターン別に 自己PRの書き方・例文 を詳しくみる

本人希望欄の書き方

“本人希望”と書かれている欄とはいえ、求人の内容とは異なる働き方や職種に対する記載は、避けたほうが無難です。。勤務形態に関する細かい相談は面接の場で行うようにしましょう。また、使用する履歴書のフォーマットによってはメールアドレスの記入欄がないものがあります。この場合は本人希望欄を使って連絡先メールアドレスを記入するのが一般的です。

本人希望欄の書き方

・特にない場合は「貴社規定でお願いいたします」や「貴社規定に準じます」と書く。

・希望を書く場合は、あくまでも求人広告書かれている勤務条件の範囲にとどめる。

・複数の勤務地や職種から選べる前提となっている場合は、希望を明記してOK。

キャリアアドバイザーからのアドバイス

“その仕事をきちんとできる”ことをアピール
採用担当者が履歴書をチェックするポイントは、バイトやパートであれば「募集している職種をきちんとできそうかどうか」、また、正社員であれば、「組織の一員として、将来にわたって活躍してくれるかどうか」です。遅刻や無断欠勤をせずに決められた時間通りに出勤できるかどうか、やって欲しい仕事をやれる能力があるかどうかを、履歴書の内容から見極めようとしているのです。そのため、履歴書の中には採用担当者が判断できる材料がそろっていることが必要。志望動機や自己PR欄も上手に使って、あなた自身を表現していきましょう。

監修
飛澤 由紀子

飛澤 由紀子

キャリアコンサルタント
EAPメンタルヘルスカウンセラー

大手電機メーカーの人事部門に26年間勤務。専門は採用と人材育成。年間数百名の採用面接と社員キャリア面談の経験から、もっと一人ひとりの想いに寄り添った支援がしたいと考え独立。明治大学での就職相談など、学生・女性・シニア層のキャリア形成支援を中心に活動中。

カテゴリ一覧