【履歴書Q&A】アルバイト履歴書の「学歴」っていつから書くの?|ボムスbyバイトル編集部

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

アルバイト履歴書の「学歴」っていつから書くの?

【履歴書Q&A】アルバイト履歴書の「学歴」っていつから書くの?

履歴書の中でも大きなスペースを占める学歴の欄。小学校から詳しく書いた方がいいのか、高校や大学などだけでいいのか迷ってしまいますよね。今回は学歴の書き方の基本をお伝えします。

 

学歴は基本的に小学校卒業から!小学校から書く理由は?

履歴書の学歴欄は、基本的に小学校卒業から書き始めます。しかし、必ず小学校卒業から書く必要があるのかというとそうでもありません。実は、小学校卒業から書くのが基本となっているのは、就職歴のない学生や新卒などのためなのです。職歴のない人が学歴・職歴欄を書くと、スペースが余りすぎて見た目がよくないため、小学校卒業から書くという形である程度埋まるようにしています。ですから、職歴が多く、小学校卒業から書き始めるとスペースが足りなくなるような人の場合は、中学卒業や高校入学からでも構いません。ただし、スペースが十分あるにも関わらず小学校卒業から書き始めていない場合には、手抜きをしたように受け取られる可能性もあります。ですから、可能であれば小学校卒業~書き始めるようにしましょう。学歴欄を書くときは、まず、一行目の中央に「学歴」と記入します。その下に、平成○年×月〇×小学校卒業と続けていきます。

 

中学までは卒業のみ!大学からは入学も書く?

小学校と中学校は、卒業年月のみ書けばOK。高校入学からは、入学と卒業年月の両方が必要になります。履歴書では正式名称を書かないといけないので、高校も「高等学校」に、公立の場合は「○○県立××高等学校」、私立の場合は「私立〇×高等学校という書き方にします。面倒だからと、「同校卒業」や「〃」の記号を使って学校名を略してはいけません。さらに注意しなければならないのは、中学校卒業までの書き方と、高校入学以降の書き方が異なるという点です。小学校と中学校は、たとえ入学した学校と卒業した学校が違う場合でも卒業のみを書けばよいのですが、高校や大学、専門学校の場合は、入学と卒業をそれぞれ書かなければなりません。これは、義務教育かそうでないかの違いが関係しています。履歴書において、中学校までについては義務教育が終了していることを確認できればよいのですが、高校以降は浪人や留年、留学など、どのような経緯で入学して卒業したかという点も問われることになるからです。高校以降の場合、入学だけでなく、在学中や卒業見込みなどという点も細かく書く必要があるので覚えておきましょう。

 

大学や専門学校は詳しく書く!学部だけではNG?

大学、短大、専門学校などの場合は学部、学科、すでに決まっていれば専攻まで詳しく書きましょう。どんなことを学んでいるのか面接官が興味を持って、話が弾むかもしれません。在学中の場合は、その旨を履歴書にも書いておきましょう。学部だけでなく学科や専攻についてまで詳しく書かなければならない理由は、同じ学部でも学科や専攻が異なると、習得できる知識やスキルも大幅に異なるからです。大学や短大、専門学校などの学生や卒業生を採用する際、語学や専門的なスキルを期待している場合もありますから、学科や専攻まで詳しく書くと、それがアピールになることも考えられます。浪人や留年に関しては、その期間を特に明記する必要はありませんが、休学している場合はそのことを明記し、面接の際に説明できるようにしておく必要があります。退学の場合もそのことを明記し、アルバイトをするうえで問題がないという旨を面接で答えられるように準備をしておくことが大事です。

 

高校生と大学生では書き方が異なる?

高校生と大学生とでは、アルバイトの履歴書を書く際、書き方に若干異なる部分があります。
先に、学歴は小学校卒業から書くのが基本だと述べましたが、実際は高校生は小学校卒業から、大学生は中学校卒業から書く人が目立ちます。もちろん、大学生でも小学校卒業から書き始めるのが基本なのですが、学部の後に学科や専攻について詳しく書き込むと、学歴欄のスペースが足りなくなることがあるため、その場合は中学校卒業からにする人が多いのです。一方、高校生が小学校卒業から書くのは、中学校卒業から書き始めると、高校に入学して在学中であることしか書くことが無くなり、スペースが余り過ぎてしまうためです。つまり、小学校卒業から書くのが基本ですが、スペースが不足する場合には中学校卒業から書くことができるため、大学生は中学校卒業から書き始める人が多いということです。

 

就活とアルバイトでは違う?卒業見込みではなく在学中と書く理由

大学生の履歴書の書き方でもう1点気を付ける必要があるのが、卒業見込みと書くか在学中と書くかという部分です。卒業見込みと書くのは就活用の履歴書を書くときのみで、アルバイトでは在学中という書き方をするのですが、それには明確な理由があります。アルバイトという立場なら大学に通いながらでも働けますが、就職は卒業していることが前提だからです。
大学生がアルバイトする場合は、「今は大学に通っています。大学の講義がなく空いている時間にはアルバイトとして働きます」という意味で在学中という記載になります。しかし、就活の履歴書の場合には、「今のところ卒業できる予定です。卒業できたら働きます」という意味になるため、卒業見込みと書くわけです。

 

最終学歴による?社会人の学歴の書き方

社会人の場合でも小学校卒業からの学歴を書くのが基本ですが、最終学歴が高校卒業と大学院修了とでは必要なスペースが異なります。
転職の回数が多い場合などはさらにスペースが足りなくなることも考えられますから、そこは臨機応変に考えても大丈夫です。学歴欄はできるだけスペースを余らせないように書くことが大事ですが、細かい字で詰めすぎても読みにくくなります。応募する仕事の内容が大学の専攻と関連している場合などは、卒論の内容も書き加えると効果的ですから、その際は学歴の書き始めを遅らせる形で、卒論について触れるスペースを作るようにしてもかまいません。読みやすく分かりやすい形になるように気を付けることが一番大事です。

アルバイトの履歴書なら!バイトの職歴も書いておくべき?

学生がアルバイトの履歴書を書く際は、アルバイトの職歴も書いておくべきです。特に、これから応募しようとするアルバイトと共通する部分があるアルバイトは書いておくことで採用の確率が上がります。通常学生には職歴がないため、どのような仕事ができる人なのかということをアピールする部分がありません。しかし、過去に行ったことがあるアルバイトの内容が書いてあれば、どのようなことが得意なのか、どの程度のことなら任せられそうかという判断がしやすくなります。ただし、全く傾向が異なるアルバイトをするときは、なぜ今度は傾向の異なるアルバイトを選ぶことにしたのかを面接で聞かれる可能性がありますから、それに対応できるようにしておく必要があります。

履歴書の学歴を記入するために!書き方の実例紹介

ここでは具体的な学歴の書き方を実例方式でご紹介します。
履歴書の書き始めは小学校卒業からが基本ですが、最終学歴や職歴との兼ね合いで、中学卒業、高校入学、卒業のどの時点から書くことも可能です。
留学に関しては、1年以上の長期留学のみ学歴欄に記入します。その際には、時期や期間、国、留学先の学校名がわかるように記載します。短期留学の場合は学歴欄ではなく、自由記述欄に書くようにしましょう。
浪人や留年については明記する必要がありませんが、休学に関しては期間や理由を記載する必要があります。中退した場合は〇〇大学××学部〇×学科中退と記載しますが、学歴欄には細かい理由の記載はしません。その代わり、面接で理由を問われることを想定して、答えを準備しておく必要があるでしょう。これらのことを踏まえたうえで、以下に具体的な書き方を示します。

学歴 平成20年3月 ○○市立バイトル小学校卒業
平成23年3月 ○○市立バイトル中学卒業
平成23年4月 ○○県立バイトル高等学校入学
平成26年3月 ○○県立バイトル高等学校卒業
平成26年4月 私立バイトル大学文学部英文学科入学
現在、私立バイトル大学文学部英文学科幼児文学専攻第3学年在学中

入学や卒業の時は、西暦と元号どちらで書いても問題ありません。

状況によって上手く書き分けよう

学歴の書き方には決まりがあるので、一度覚えてしまえば簡単です。
履歴書は最初にアルバイト先にあなたがどんな人物かを知ってもらうための重要なツールです。面倒かもしれませんが、きれいな字で略さずに書くことを意識すれば怖いものなしです。
パソコンで作成してプリントアウトできるタイプの履歴書は、一見きれいですが、応募者の個性が現れにくいのが欠点です。応募者が多い場合は印象に残りにくいため、パソコンで作成したことがマイナスに働く場合もあります。よほど字が汚い場合は別として、自筆で丁寧に記入した履歴書の方が熱意は伝わります。履歴書の中でも学歴欄は、特に採用者が最初に目がいく部分で、応募者の人となりを知る第一歩となる部分です。その部分が丁寧に書かれていたらよい印象につながる反面、空欄が目立ったり字が汚かったりすると悪い印象につながる可能性もあります。ですから、どこから書き始めたら自分を最大限にアピールできるかをよく考え、状況によって書き分けられるようにしておきましょう。

この記事が役に立ったらいいね!してください

バイト求人探すならバイトル