【社員の履歴書】 自己PRの書き方・例文

履歴書の「自己PR」欄はその名の通り、自分の長所を
採用担当者にアピールするのが目的。自分の推薦状を書く
ような気持ちで臨みましょう。特に正社員の場合は、任され
る仕事はもちろん、期待される立場や将来像もイメージ
しながら書くことが大切。そのポイントをご紹介します。

こんな書き方は要注意。
自己PRの注意ポイント

自分の“強み”や“得意”がわかりにくい

「好奇心旺盛で、どんなことにもチャレンジします」や「人に優しく、穏やかな性格なので誰とでも仲良くなれます」など、漠然としていて具体的な事実がないと、せっかくの自己PRが伝わりにくいものになってしまいます。特長を示すエピソードや、具体的な数字や出来事、資格や経験など、客観的に評価できる内容でアピールすることを意識しましょう。

正社員としての自覚があるかどうか

正社員の履歴書は、採用されたらずっと会社に保管される大切な書類です。さらに採用にあたっても、入社してからはもちろん、将来にわたって、職場の中核的な役割を担うことが期待されます責任感や協調性、そして、これまでの経験などから、あなた自身の人間力や活躍するイメージが具体化されるかどうかがポイント。「笑顔が自慢」「協調性があって素直な性格」「言われたことを丁寧にこなす」など、バイトの時と同じような内容だと、少し残念。“正社員”という期待に応える意識で書きましょう。

ほかの人には書けない自分らしさをPR

「真面目な性格で、無遅刻無欠勤で勤務してきました」「どんなことにも興味を持ち、まず行動することを心がけています」など、具体性が乏しく誰でもできることや、正社員というポジションから見て物足りなさを感じるものは、NG。たとえば、「無遅刻無欠勤を続けたことで、周囲の意識を変えることができました」や「興味を持ったことをやり続け、~~な資格を取得しました」など、入社後の活躍もイメージさせ、具体的な裏付けも交えて自分らしさをアピールするように心がけましょう。

自己PRの書き方ポイント

正社員として求められるスキルや知識を意識して

経験者であれば、これまでのスキルや知識を、具体的な事例とあわせて紹介することがポイント。未経験者でも、前職の経験をどのように応用するかや、仕事に取組む姿勢をPRするなど、正社員として採用される背景を理解して、募集職種に関連付けた自分の“強み”や“得意”を具体的に書くようにしましょう。

客観的に評価できる内容にまとめる

自分自身の特長や強みを書こうとすると、つい“自慢ネタ”になってしまうことも。表彰されたことや周囲からの評価で紹介すると客観的な視点で伝わり、印象度もアップ。売上実績や受賞回数、資格名や表彰内容など、裏付けの事実があれば、端的に紹介できるように、整理して書きましょう。

欲張り過ぎずにシンプルに書く

具体的に書こうとするとつい文章が長くなってしまいがちですが、自己PR欄はそれほどスペースが大きくありません。100文字程度で簡潔にまとめるように心がけます。そのためには、PRする内容を絞ることが必要。言いたいことはたくさんあるかもしれませんが、自分の長所の中から応募する企業に最も合ったものを選んで書くのも大切です。

応募職種別 自己PRの書き方・例文

応募する職種ごとにおさえておきたい自己PRの書き方ポイント、コツをご紹介。アレンジしてすぐに使える例文もご用意しています。

監修
飛澤 由紀子さん

飛澤 由紀子さん

キャリアコンサルタントEAPメンタルヘルスカウンセラー

大手電機メーカーの人事部門に26年間勤務。専門は採用と人材育成。年間数百名の採用面接と社員キャリア面談の経験から、もっと一人ひとりの想いに寄り添った支援がしたいと考え独立。明治大学での就職相談など、学生・女性・シニア層のキャリア形成支援を中心に活動中。

自己PR(社員)の記事一覧

自己PR(社員)に関する記事一覧ページです。アルバイト探しや転職に関心のある人のためのニュースやコラム、仕事探しのノウハウを配信中。自己PR(社員)に関する記事ならBOMS(ボムス)。

カテゴリ一覧