2020.08.26

履歴書の本人希望記入欄では何を書くべき?正しい書き方を解説

履歴書の本人希望記入欄では
何を書くべき?
正しい書き方を解説

メイン画像

履歴書の最後に設けられている「本人希望記入欄」は、「志望動機」や「自己PR」に比べて漠然としているため、何を書いたらいいのか戸惑う方もいるでしょう。
ここでは、履歴書の本人希望記入欄の正しい書き方について解説します。

履歴書作成関連記事

履歴書の本人希望記入欄では何を判断されるのか?

履歴書の本人希望記入欄を書くうえで心配になるのは、「書き方次第で落とされることがあるのか」といった点ではないでしょうか。また、採用担当者が履歴書の本人希望記入欄を見て、どのようなことを判断しているのかが気になる方も多いと思います。まずは、本人希望記入欄の役割を踏まえ、採用担当者が判断していることを解説します。

履歴書における本人希望記入欄の役割

履歴書の本人希望記入欄は、応募者が「絶対に譲れない条件」を書く項目です。具体的には、給与や職種、勤務時間、勤務地などに関する希望を書くことになります。
たとえば、「親の介護があるため実家に近い勤務地でなければ入社できない」「大学の授業の関係で◯曜日は絶対にシフトに入れない」といったことが挙げられます。

もしも応募者の希望と合致しない勤務地や勤務時間だった場合、せっかく採用しても実際に勤務ができないといったことが起こる可能性もあります。このようなトラブルを避けるために、本人希望記入欄が設けられているのです。

採用担当者が本人希望記入欄から判断すること

採用担当者は、本人希望記入欄をどのような判断材料に使っているのでしょうか。 採用担当者は本人希望記入欄に書かれている内容を「入社のための絶対条件」と判断します。そのため、応募者が「こうなれば良いな」と軽い気持ちで書いた要望も、入社に当たって叶えなければいけない事項と捉えます。

そのため、企業が提示している条件に合わない希望内容が書かれている場合は、それだけで書類選考の時点で不採用という判断をする場合もあります。
また、応募者のすべての希望に応えられる企業ばかりではありません。あまりに多くの要望を書くことで、「この応募者は常識がない」「あつかましい人だ」と、マイナスの印象を抱くこともあるでしょう。
本人希望記入欄には、どうしても譲れない条件だけを書くべきだといえます。

本人希望記入欄の書き方のルール

履歴書の本人希望記入欄の書き方を確認していきましょう。ここでは、「書いたほうが良いこと」だけでなく、「書かないほうが良いこと」についても解説します。自身の希望を書いていいか判断に悩む場合の参考にしてください。

特に希望がなければ「貴社の規定に従います」と記入

本人希望記入欄に書く内容がなければ「貴社の規定に従います」と記入します。希望がないからといって空欄にして提出した場合、記入漏れがあると誤解される可能性があります。また、「特になし」「希望なし」といった書き方も避けなくてはいけません。あくまで、企業のルールに従うという意思表示をしておくことが大切です。

書いたほうが良い内容

本人希望記入欄は、やむをえない事情などによって、あらかじめ希望を伝えておきたい内容を記入します。どのような内容を伝えるにしても、簡潔に書くことがポイントです。

●連絡の付きやすい時間帯
現在就業中の方が転職活動する場合、日中は働いていて電話に出られない可能性があります。また、新卒採用を目指す方は、大学の講義などで電話に出られない時間帯もあることでしょう。このような場合には、本人希望記入欄に連絡が付きやすい時間帯や連絡が付かない時間帯を記入しておくのがおすすめです。
連絡可能な時間帯がわかれば、企業の採用担当者が何度も電話をかける手間を減らせます。ただし、連絡可能な時間帯には、極力電話に出られるように心掛けましょう。

例)
電話での連絡は平日の場合18時以降であれば対応可能です(在職中のため平日8時から17時は電話に出ることができません)。

●入社可能時期
本人希望記入欄には、入社できる時期を記入することも大切です。現職の仕事をこなしながら転職活動を行っている方は少なくありません。もし、現在の仕事の退職時期がわかっている場合には、職歴欄ではなく、この欄に書き込んでも構いません。
ただし、退職の予定が未確定の場合には、記入しないほうが無難です。万が一、業務の引き継ぎなどでトラブルが発生して退職の時期が遅れた場合、転職先の企業に迷惑をかける場合があります。履歴書の記入どおりに退職できなかった場合、採用が見送られる可能性もあります。入社可能時期を書く場合、確定している予定だけを記入するようにしてください。

例)
退職日:2020年6月30日
入社可能日:2020年7月1日

●希望の勤務地
やむをえない事情があれば、勤務地の希望を書くことが可能です。このようなケースでは、希望とともにやむをえない事情を簡潔に記入しましょう。「自分がどれだけ大変な状況にあるか」「希望が叶えられないとどうなるのか」といった内容を詳細に書く必要はありません。

例)
父の介護のため、東京都内での勤務を希望いたします。

●希望の勤務時間
勤務地と同じように、やむをえない事情があれば勤務時間の希望を書きましょう。ただし、正社員や派遣社員、契約社員を目指す場合、無理な勤務時間の希望は受け入れられない可能性があります。勤務時間に関する要望は、できるだけ企業の提示する条件を満たす努力をしましょう。そして、書くときにはあくまで要望という形にするのがおすすめです。

例)
息子を保育園に迎えにいくため、木曜日のみ18時までの退勤を希望いたします。

●希望する職種
企業が同時期に複数の職種を募集している場合、希望する職種を書きましょう。
なお、希望職種を書く場合には、実際の求人内容と表記を統一することが大切です。「営業事務」を「営業アシスタント」と言い換えたり、「システムエンジニア」を「エンジニア」と表記したりしてはいけません。職種を正確に記入しなければ企業が混乱し、選考がスムーズに進まないおそれもあります。

例)
営業職を希望いたします。

●アルバイトやパートへの応募時のシフト
アルバイトやパートタイムに応募する場合、履歴書の本人希望記入欄にはシフトの希望を書きましょう。1週間あたりに勤務できる日数や勤務できない曜日などを、わかりやすく具体的に書くことが大切です。
また、学生はテスト期間などのスケジュールによって、長期間出勤できなくなるおそれがあります。このようなスケジュールについても、本人希望記入欄にあらかじめ記入しておきましょう。

例)
週4日以上の勤務が可能です。
7月2日~7月9日、1月28日~2月4日まではテスト期間のため、お休みさせていただければ幸いです。

書かないほうが良い内容

書類選考の通過という観点では、本人希望記入欄に書いてしまうことでマイナスに働く可能性が高い内容もあります。以下に、記入を避けたほうがいい例をご紹介しますので、しっかり確認しましょう。

●給与・待遇に関する希望
原則として、給料や待遇に関する希望を本人希望記入欄に書くべきではありません。給料の希望を履歴書に書いた場合、「お金のことばかり気にしている」「待遇の要望が多くてわがままだ」というような、イメージダウンにつながりかねません。
働く以上、給料がどれだけもらえるのか気になるのはわかりますが、基本的に給料や待遇については、面接時や内定の後で交渉する場が設けられます。基本的には応募者側から口に出すようなことはせず、先方から聞かれた際に答えるというスタンスをとりましょう。

●わがままと捉えられかねない勤務地や時間帯の希望
前述したように、やむをえない事情があれば勤務地や時間帯の希望を書くことは可能です。しかし、そのような事情がないにもかかわらず、勤務地や時間帯について要望を出せば、わがままと捉えられかねません。
たとえば、「居住地から近いため、東京23区内の勤務を希望いたします」といった書き方は、単なる応募者のわがままに見えます。また、「ワークライフバランスを重視するため、17時までの退勤を希望します」といった書き方も印象が良くありません。「仕事に対する意欲がないのではないか?」と捉えられそうな希望はここで書くべきではありません。勤務地や時間帯に関する要望を書く場合には、採用担当者が納得できるような理由があるかどうかを判断しながら記入しましょう。

●志望動機や自己PR
本人希望記入欄は、比較的大きなスペースがとられています。そのため、志望動機や自己PRで書ききれなかったことを、本人希望記入欄で補足しようと考える方もいるかもしれません。
しかし、本人希望記入欄は、あくまで希望する勤務地や時間帯、連絡が付きやすい時間帯などを記入する場所です。履歴書では、「応募者が求められた質問にきちんと答えられるか」といった点も見られています。本人希望記入欄だけでなく、志望動機や自己PRといった各項目の役割まで理解して、それぞれのルールに則した書き方をしなくてはいけません。

履歴書の本人希望記入欄は、入社条件と捉えられる

履歴書の本人希望記入欄の書き方を解説してきました。採用担当者は、本人希望記入欄を「入社するための絶対条件」として見ています。そのため、あまりに厳しい条件や自分勝手な希望を記入すると、それだけで書類選考を落とされる可能性があります。

基本的には「貴社の規定に従います」と記入すればOKですが、応募者の状況によっては、希望を書かざるをえません。そのような場合、できるだけ丁寧かつシンプルにまとめて書くことが大切です。
失礼に当たらないように希望を伝えるのは難しいと感じるかもしれません。しかし、今回ご紹介したポイントを押さえれば、正しい形で要望を伝えられるはずです。大切なのは、わがままと捉えられかねない要望を書かないことです。
今回の記事を参考にして、あなたの希望を正しく伝えられるようにしましょう。


【履歴書関連記事】
完全版!履歴書の書き方マニュアル
【バイトの履歴書】志望動機の書き方・例文
履歴書写真で印象が変わる!好印象を与える履歴書写真の撮り方・マナー
履歴書では「退職と退社」どちらを使うべき?職歴の書き方を例文付きで解説!
正しい書き方はあるの?履歴書の資格欄
書類選考に受かる履歴書を作成!アピールポイントの書き方のコツ
【バイトの履歴書】自己PRの書き方・例文
【社員の履歴書】自己PRの書き方・例文
履歴書の趣味・特技欄に書くべき内容とは?
履歴書を入れる封筒はどのサイズがベスト?選び方のポイントを解説

【履歴書お役立ち記事】
履歴書や職務経歴書のテンプレート活用方法
履歴書で英語力をアピール!TOEICの特徴とスコアの書き方を解説
扶養家族とは?履歴書における扶養家族欄の適切な書き方
履歴書における健康状態欄の正しい書き方
履歴書における通勤時間欄の正しい書き方
履歴書はどこで買う?購入できる場所を紹介
履歴書はコピーして使い回してもOK?履歴書のコピーが必要なケース
履歴書の見え方はペンで変わる!好印象を与えるおすすめのペンを紹介
履歴書の種類と自分に合った履歴書の選び方
履歴書の購入はコンビニでも大丈夫?履歴書購入時の注意点と選び方
履歴書にメールアドレスは必要?記入欄がないときはどうする?
履歴書の長所・短所の書き方は?面接時の答え方も解説
新卒者必見!書類選考を通過させる履歴書の書き方
履歴書の住所・電話番号・メールアドレスの書き方を解説
履歴書に記入する年(年号)表記はどう書く?正しい書き方を解説
履歴書に書く退職理由はどうする?自己都合、会社都合の場合の書き方
履歴書に書く正しい年齢は?満年齢と数え年の違いについて
中退は履歴書にどう書く?就職で不利にならない中退理由の書き方
履歴書に誤字・脱字を見つけたらどうする?書き間違え防止方法も紹介
履歴書に書く電話番号は固定?携帯?正しい書き方を解説します
履歴書の賞罰欄には何を書くの?賞罰の正しい書き方を解説します
履歴書の「現在に至る」と「以上」とは?正しい書き方を解説します
履歴書の用紙サイズと種類について正しい選び方を解説
日付はいつにすべき?履歴書の正しい日付の書き方
【履歴書】入学年・卒業年自動計算表(年号早見表)

 

カテゴリ一覧