2020.08.11

【アルバイト・パート】面接でよくある質問・答え方まとめ【年代・職業別】

面接対策 面接でよくある質問まとめ ~ アルバイト・パート編 ~

GOODとBAD

アルバイト・パートの面接でよく聞かれる質問と、好印象を与える「GOOD回答例」、避けたほうがいい「BAD回答例」、採用担当者に聞いておきたい逆質問についてご紹介します。例文を参考に自分の言葉で表現してみましょう。

面接は、採用の合否を決める最も重要なフェーズです。採用担当者の質問の意図を知り、自分の考えをあらかじめ整理しておきましょう。

面接ノウハウ関連記事

よくある質問~あなた自身に関する質問~

まずは、どのような職種の面接でも聞かれる「よくある質問」と、その「GOOD回答例」「BAD回答例」について見ていきましょう。採用担当者は、自社の求める人物像とあなたがマッチするかを見たいと考えています。

よく聞かれる質問 その1
「あなたの自己PRをお願いいたします。」


「私の強みは、苦手なことでも前向きに取り組むことです。
以前のアルバイト先で商品の検品を担当する機会があり、細かい作業が苦手でしたが、作業をていねいに行う工夫をして、店長から「安心して任せられる」と信頼を得ることができました。
何事にも前向きに取り組んで、苦手を克服する大切さを学びました。」


「休日はゲームに没頭しています。楽しいと思えることには、集中力が発揮できるタイプです。アルバイト経験は多いので、いろいろできると思います。ただ、我慢強いほうではないので、長時間の作業はやりたくないです。」

アルバイト・パートの
仕事内容に合ったアピールをする

採用担当者は、自己PRを求めることで、あなたの強みや仕事への向き合い方を知りたがっています。そのため、強みをアピールできる具体的なエピソードを用意しておくといいでしょう。仕事内容に関係ない趣味や、「いろいろ」などのあやふやな言葉、ネガティブな発言は避けるべきです。

よく聞かれる質問 その2
「あなたの長所・短所を教えてください。」


「私の長所は、コツコツと地道に努力できるところです。
高校時代に所属していた◯◯部の練習では、苦手な部分を毎日練習し、克服することができました。
短所は、人見知りであることですが、改善できるように自分から積極的にコミュニケーションをとるよう心がけています。」


「長所は何でも楽しめるところです。短所は忘れっぽいところです。」


<関連記事>
面接の印象をよくする長所の答え方を例文付きで紹介!

長所は客観的かつ具体例を話し、
短所は改善しようとする姿勢を見せる

自分の長所を客観的にとらえ、さらに具体的なエピソードを交えると説得力が出ます。短所では、自分のマイナス面を理解し、改善する意欲を伝えられることができればベスト。好印象を持ってもらえます。

よく聞かれる質問 その3
「志望理由を教えてください。」


「御社のアルバイトに応募したのは、カフェでのアルバイト経験を活かせると考えたからです。
3年間、お客様一人ひとりに対してていねいな接客を心がけた結果、常連のお客様を増やすことにつながりました。
これまでの経験を活かし、即戦力として役立てると考えております。」


「御社の◯◯が好きなので、働きながらまかないとして◯◯が食べられたらいいなと思って志望しました。
厨房の様子を見て、自分でもできそうだと確信しました。」


<関連記事>
【例文で解説】志望動機の書き方と面接での答え方【転職・新卒・バイト・パートに対応】
採用担当者に聞く!バイトに志望動機って本当に必要? アルバイトの志望動機は何を書く?高校生のための履歴書講座
【履歴書Q&A】志望動機に「時給」「場所」と書いてOK? 【面接Q&A】応募理由が「学校や家の近さ」しか浮かばない

仕事内容にフォーカスをあて、
役に立ちそうな経験談や意気込みなどを話す

採用担当者は、志望理由を聞くことで「真面目に仕事に取り組んでくれるかどうか」を見ています。そのため、業務内容に通じる経験談や意気込みを話し、仕事に対する前向きな気持ちをアピールしましょう。BAD回答例のような主観的な意見は、協調性がないという印象を持たれかねませんので、控えるべきです。

よく聞かれる質問 その4
「ほかに受けている会社(店)はありますか?」


「家から自転車で10~20分圏内の企業の面接を受けています。
学校が休みの土日以外、深夜のシフトにも入りたいと思っているため、できるだけ近い勤務先を選んでいます。」


「ありません。御社しか受けていません。」


<関連記事>
面接で職務経歴や経験はどのように説明する?例文つきで徹底解説!

嘘をつくことなく、
マイナス評価につながらないような回答を目指す

自社への志望度の高さや、他の企業ではなくなぜ自社を志望したのかなどを見定め、より良い人材を選びたいという採用者側の思いがあります。下手な嘘をつくことなく、素直に伝えましょう。
「採用されればどこでもいい」ではなく、「できれば御社で働きたい」といったポジティブな印象を与えることが大切です。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

よくある質問 ~仕事に関する質問~

よく聞かれる質問 その1
「これまでのアルバイト経験について教えてください。」


「これまで、テーマパークで商品販売を2年間経験し、接客から在庫管理、後輩の指導に至るまで、一通りのスキルを身に付けました。
あらゆる世代のお客様に対応するなかで、接客の楽しさとやりがいに目覚め、御社の受付業務でもその経験が役立つと思い志望しました。」


「お給料がいいと友達に誘われて、住宅展示場でアルバイトをしました。暇な時間が多くて、知り合いが増えたので良かったです。」

経験で得たスキルが役立つか?
経験がなくても仕事に対しての意欲や関心があるか?

これまでの仕事で、どのようなスキルが身に付いたか知ることは、採用担当者にとって大きな判断材料です。
仕事内容や勤続年数、培ったスキルについて、できるだけ細かく伝えましょう。
「なんとなく楽しかった」など、中身のない内容は、マイナスイメージにつながりかねません。

よく聞かれる質問 その2
「これまで経験した仕事で、
どのようなスキルが身に付きましたか?」


「居酒屋でアルバイトをしていたとき、通常業務以外に店長の補佐のような仕事もしていました。
仕事に優先順位をつけ、効率を考えて仕事を行うことが得意になりました。」


「効率を考えて仕事をすることです。」

経験からどのようなスキルを得たか。
そのスキルがどのように役立つか?

採用担当者は、あなたを採用したあと、具体的にどのような活躍が見込めるかを知りたいと思っています。
「居酒屋で接客をがんばった」「店長の補佐をしていた」など、事実だけ話すのはNG。
今までの経験から自分がどのようなスキルを得たか、そのスキルが今後どのように役立つかをうまくアピールすることが大切です。

よく聞かれる質問 その3
「仕事上の失敗談を聞かせてください。」


「ホテルのフロントのアルバイトをしていたとき、お客様からお預かりした荷物のロッカー番号を間違えてしまい、お客様からお叱りを受けたことがあります。
それ以来、些細な仕事でも事前にダブルチェックすることで、仕事でのケアレスミスがなくなりました。」


「朝寝坊をして、アルバイトに遅刻してしまったことです。」

失敗をどうやって克服したか、
エピソードを交えて伝える

採用担当者は、あなたがミスをした事実ではなく、どうやって克服したか知りたがっています。
失敗を繰り返さないように、どのような取り組みを行ったか、具体的なエピソードを交えて答えるようにしましょう。

よく聞かれる質問 その4
「いつ頃から働けますか?」


「予定がなければ、ご連絡をいただいた翌日から出勤可能です。」


「今すぐはわからないです。」

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

よくある質問 ~退職理由に関する質問~

よく聞かれる質問 その1
「以前のアルバイトを辞めた理由を教えてください。」


「今まで勤務した居酒屋や飲食店では、キッチンの仕事が中心でした。私は人と話すことが好きですので、接客の仕事をしたいと思い、ホールのアルバイトに応募しました。」


「人間関係がうまくいかなくて辞めました。」

辞めた理由はなるべくポジティブに

以前のアルバイトを辞めた理由が「人間関係がうまくいかなかった」「クビになった」など、ネガティブな理由の場合、そのまま伝えるのは得策とはいえません。
「新たな仕事に挑戦したい」など、ポジティブな印象を与えられる理由を用意しておきましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

よくある質問 ~希望条件に関する質問~

よく聞かれる質問 その1
「シフトはどのくらい入れますか?」


「大学の授業以外の時間や学校帰りに通える時間帯、具体的には月・水の17時から23時までを希望します。
土日は基本的に空いており、事前に相談していただければ可能な限り対応します。」


「彼女とデートする時間が欲しいので、その都度相談させてください。たぶん、週末のどちらかなら大丈夫です。」

希望のスケジュールとマッチングするか、
臨機応変に対応できるかが鍵

無理に都合を合わせる必要はありませんが、自分が確実に出勤できる日程をきちんと伝えるようにしましょう。
また、いざというときに、どの程度協力できるかも、面接の時点ですり合わせておきたいところです。

よく聞かれる質問 その2
「通勤手段について教えてください。」


「電車通勤です。学校からも家からも、20分程度で着きます。」


「おもに自転車です。バスや電車での通勤も可能です。
その都度、交通費は支払ってもらえますよね?」

交通費は、家からアルバイト先までの
最短ルートで計算される

学生の場合、アルバイト先が家から学校までの定期圏内にあれば、交通費は支給されないことがほとんどです。
また、交通費は原則として、家からアルバイト先までの最短ルートで計算されます。自分にとって好都合なルートは選べませんので注意しましょう。

よく聞かれる質問 その3
「残業はできますか?」


「できる限りご協力したいと思っています。
具体的には、就業時間プラス1時間程度なら問題ありません。」


「すみません。正直残業はできないです。」

残業は必須ではないが
可能であれば協力しよう!

残業ができない場合は正直にそのことを伝えましょう。しかし、採用担当者がだれを採用しようか最後まで迷った際に、残業ができる人とできない人では残業できる人では、より業務に協力してくれる残業できる人のほうが採用されやすいといえるでしょう。

よく聞かれる質問 その4
「待遇面で何か質問はありますか?」


「福利厚生にはどのようなものがありますか?」


「質問は特にありません。」

自分が損しないために、
待遇や福利厚生について聞いておく

働き始めてから損をしないためにも、募集企業の待遇や福利厚生はあらかじめ知っておきたいところです。
採用面接の際に、詳しく聞くといいでしょう。

アルバイト・パートの採用面接は、面接をする店長などが、1日に何人も対応しなければならない場合もあります。忙しいなかで面接の時間を取ってもらっていますので、質問にはテンポよく答えるようにしましょう。
「はい」「いいえ」をはっきりと答え、理由や具体的な事情など、要点をまとめて説明します。わかりにくい説明がダラダラ続くような回答は避けたいものです。聞かれそうな質問に対する回答は、事前にしっかり練習しておきましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

年代別質問 ~高校生・大学生編~

よく聞かれる質問 その1
「ご両親はアルバイトに賛成でしょうか?」


「はい。学業に支障がない程度なら問題ないと言われています。
むしろ、社会経験できる環境であれば賛成されています。」


「たぶん賛成ですね。」

20歳未満の未成年者のアルバイトは、親権者の同意が必要

20歳未満の未成年者が働く際は「親権者または後見人の同意書」が必要となります。
これは、未成年の雇用契約は親権者や後見人(法定代理人)の同意を得ていないと“取り消しができる”状態が続いてしまうためです。民法で定められているとおり、未成年者が法定代理人の同意を得ずに行った雇用契約は、親権者によって取り消しされる可能性があります。
そのためアルバイト先から同意書が求められるのです。アルバイトをすることについて、事前にご両親などの同意を得ておきましょう。

よく聞かれる質問 その2
「学業との両立はできますか?」


「成績を維持しながら、両立できると思います。
テスト期間などはお休みをいただくかもしれませんが、その分、空いた時間でがんばります。」


「テスト期間だけはシフトを入れたくないです。」

学業と両立するためにどうするかを伝える

「テスト期間は休みたい」など、希望を伝えるだけではNGです。休みを取ることになりそうな時期や期間を明らかにし、シフトや都合にも配慮したい旨を伝えましょう。

よく聞かれる質問 その3
「未経験の仕事だと思いますが、大丈夫ですか?」


「販売の仕事は未経験ですが、大学のゼミで店舗運営のプロジェクトに携わっており、商品の仕入れから接客まで仲間と協力してこなしています。
御社では、在庫管理などの業務についても積極的に勉強していきたいと思います。」


「やる気はありますので、一生懸命がんばります。」

自分を採用するメリットを
採用担当者にきちんと伝える

未経験の場合は、自分の熱意だけを押し通すのはNGです。自分のスキルやこれまでの経験をしっかり採用担当者に伝えることで、自分の良さをアピールしていきましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

年代別質問 ~フリーター編~

よく聞かれる質問 その1
「勤務時間の希望はありますか?」


「週末を含め週4日、1日8時間程度働きたいと考えております。
劇団の稽古があるため、土日両方は難しいですが、どちらかは出勤できるようにします。」


「実際に勤務してみなければわかりませんが、週4日程度出勤したいです。」

勤務時間の希望は必ず聞かれる質問!
あらかじめ考えておこう!

勤務時間や勤務日数は面接で必ず聞かれる質問です。質問に備えてどの程度出勤できるのかをあらかじめ考えて面接に臨みましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

年代別質問 ~主婦・主夫編~

よく聞かれる質問 その1
「お子さんの急な病気や学校行事などと重なった場合は
どうしますか?」


「子供が体調不良のときは、実家に対応をお願いしていますので、欠勤や早退になることはほとんどないかと思います。
授業参観などの学校行事は、1ヵ月前には連絡があります。事前に申告して調整していただくもの以外は、仕事を優先いたします。」


「申し訳ありませんが、できる限り学校行事を優先したいと思います。」

よく聞かれる質問 その2
「ブランクが長いようですが不安などありますか?」


「出産で仕事を辞める前まで事務の仕事をしていましたので、不安はありません。また、子供の学校で役員を任され、経理事務を担当していましたので、パソコン操作には慣れています。」


「子育て中は人と関わる仕事をしていなかったので、不安はありますが、がんばります。」

ブランクが長くても不安に思う必要はない

仕事の経験が浅かったり、ブランクが長かったりする場合でも、不安に思う必要はありません。採用担当者は、あなたのキャリアやスキルより、仕事への意欲を見ています。自分にできることを考え、就労先でどう活かせるか、ポジティブにアピールしましょう。

よく聞かれる質問 その3
「過去にどんな仕事を経験されましたか?」


「出産で仕事を辞めるまでは、企業で経理の仕事をしていました。専業主婦をしている間も、子供の通う学校PTAの仕事で、経理を務めていました。経理は細かな確認が多い業務です。確認者を増やすなど、確認工程を提案し、ミスをできるだけ抑える業務改善を進めてきました。」


「経理の仕事をしていました。」

事実だけではなく、仕事に向かう姿勢を伝える

「○○の仕事をしていた」という、事実だけを伝えるのはNGです。仕事に向かう姿勢や、実際にどのような工夫をしていたか、具体的に伝えましょう。

仕事を長く続けていけるか、予定外のシフトにも対応できるかなどに大きく関わるため、できるだけ周囲の支援を受けられる人を採用したいと考えています。
面接を受ける前に家族と相談して、仕事に対する応援を得られることを確認し、面接でも伝えましょう。特に小学生以下のお子さんがいる方は仕事中の子供の預け先を明確にしておき、面接で聞かれても困らないようにしておきましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

年代別質問 ~コンビニ編~

よく聞かれる質問 その1
「シフトの希望日を教えてください。」


「週末を含め、週3日程度働くことが可能です。」


「金曜日は勤務することができません。」

勤務できない曜日を先に言い切らないこと

多くのコンビニは24時間営業のため、どの時間帯でも働くことができる職種です。あらかじめ決められたシフトに従って勤務することになります。先に勤務できない曜日を伝えると相手に悪い印象を与える可能性があるため、まずは勤務可能な日数を伝えるのが良いでしょう。具体的な曜日と時間帯については、質問をされたあとに自身の希望を伝えます。勤務できない曜日についても調整する姿勢を見せることで、柔軟に対応する意思を伝えることができます。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~フード飲食編~

よく聞かれる質問 その1
「キッチンとホール、どちらを希望しますか?」


「料理が好きですので、キッチンを希望します。お店側のご都合があると思いますので、臨機応変に対応したいと思います。」


「人前に立つのは苦手なので、キッチンを希望します。」

自分の希望だけを伝えない

飲食店はキッチンとホールのどちらかに配属されます。その判断はお店側に委ねられるため、自分の希望を伝えつつ、臨機応変に対応する姿勢を示すと好印象を与えられることでしょう。

仕事内容の希望については、「何でもいい」と言わずに、正直に希望を伝えましょう。その際、希望する仕事内容と、その職場でアルバイト・パートをする志望動機の内容とが矛盾しないように気を付けてください。
また、職場の状況に応じて、ほかの仕事でも臨機応変に対応する気持ちを持つことが大切です。仕事内容や時間は、できるだけ現場の事情に合わせていくという前向きな気持ちも面接で伝えてください。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~販売・サービス系編~

よく聞かれる質問 その1
「いつから働けますか?」


「今週は引越しの準備があるため難しいですが、来週以降はいつからでも勤務可能です。」


「1ヵ月後から勤務したいと思っています。」

すぐに勤務できない場合は
きちんと理由を伝える

販売・サービス業は人手不足の場合が多く、すぐに働ける人を募集しています。勤務開始が先になる場合は、必ずその理由を先方に伝えるようにしましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~イベント系編~

よく聞かれる質問 その1
「シフトの希望を教えてください。」


「平日は授業があるため、土日の出勤を希望します。夏休み中は平日でも出勤可能です。週末は深夜勤務が可能なため、設営スタッフとしての勤務もできます。」


「土日のどちらかしか出勤できません。」

イベントは土日や長期休暇に集中する

多くのイベントは土日や長期休暇中に開催されるため、土日に働けることはアピールポイントになります。必ずしも、土日にシフトに入らなければならないわけではありませんが、可能な限り平日以外の働ける日を提示しましょう。

よく聞かれる質問 その2
「立ち仕事がメインですが大丈夫ですか?」


「大学でバスケットボール部に所属していますので、体力には自信があります。また、これまでも飲食店やコンビニでのアルバイトを経験しているので、立ち仕事には自信があります。」


「大学でバスケットボール部に所属していますので、体力には自信があります。」

体力に自信があることだけでなく、
仕事面でも懸念点を払しょくするようアピールする

販売業などで、長時間立ち仕事をしたことがある人は、その経験をアピールしましょう。また、スポーツの経験について話すことで、体力面にも自信があることを伝えられます。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~オフィス系編~

よく聞かれる質問 その1
「パソコン(Excelなど)は使えますか?」


「WordとExcelの基本的な作業は高校時代に学びました。仕事に活用できるよう、現在、マクロについて勉強したいと思っています。」


「パソコンは、インターネットを見るときしか使いません。」

オフィス系は基本的なパソコンスキルが求められる

今までに自身が身に付けたパソコンスキルがどの程度のレベルなのかをきちんと伝えましょう。また自信がないスキルについては、習得する意思があることを話すことで、熱意を伝えることができます。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~医療・介護系編~

よく聞かれる質問 その1
「体力に自信はありますか?」


「はい、体力には自信があります。学生時代は陸上部に所属し、今も週4日はランニングに励んでいます。」


「風邪を引きやすく、体力には自信がありません。」

体力に自信があるならアピールを。
なければ他スキルで補うのもアリ

医療・介護職は、体力勝負の部分が多い職種です。体力に自信がなければNGというわけではありませんが、体力を補うスキルをアピールすることをおすすめします。医療・介護職は、人との接点が多い職業でもあるため、「祖母の介護を3年ほど経験し、要介護者が何を求めているか素早く察知できる」など、心のケアに視点を変えてアピールするのもひとつの手です。

よく聞かれる質問 その2
「夜勤には対応できますか?」


「以前も医療職に就いており、夜勤も行っていたため対応できます。」


「生活のリズムが崩れるため夜勤は避けたいです。」

医療・介護職に夜勤は付き物

医療・介護職は、24時間体制で入居者や入院患者の見守り、ケアが必要となるため、特に夜勤に対応できる人材は重宝されます。限られた人員体制で対応するため、無資格でも夜勤が可能な施設はあります。
ある程度の医療・介護知識を身に付けており「緊急対応マニュアル」を把握していれば、無資格であっても夜勤は問題なく行えます。夜勤は手当が高い等のメリットもあるので、前向きに検討したうえで回答しましょう。
「夜勤ができない」と答える場合は、明確な理由を述べるようにしてください。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~製造・建築・軽作業編~

よく聞かれる質問 その1
「どのくらいの期間働くことができますか?」


「勤務期間は特に決めておりませんが、長期間の勤務を希望です。」


「未経験で不安があるため、特に勤務期間を決めておりませんが、まずは短期間での勤務が希望です。」

人材の入れ替わりが多い業界なので
短期間の希望は経験者が優遇される

製造・建築・軽作業の業界は、人材の入れ替わりが特に多く、短期での勤務希望が多い職種。
そのため採用担当者は長期間働くことができる人を優遇する傾向が強いです。また、同じ短期間勤務の希望者であれば、経験者が優遇されます。未経験者かつ特に勤務期間を決めていないのであれば、「長期期間働きたい」と答えると、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう。

ただし、本当は短期間での勤務を希望しているにもかかわらず、長期での勤務希望と応えるのは後々迷惑をかけることにつながるため避けましょう。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~教育系編~

よく聞かれる質問 その1
「教えたい学年や教科はありますか?」


「高校生のクラスを担当したいです。理数系が得意ですので、数学と物理を希望します。」


「どの学年でも構いませんが、文系は苦手です。」

「苦手」ではなく、「得意」を伝える

苦手な教科について面接で話すと、ネガティブな印象を与えてしまうため避けましょう。GOOD回答のように、得意な教科を伝えることで、その教科を任せてもらいやすくなります。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

職種別質問 ~クリエイター系編~

よく聞かれる質問 その1
「デザインソフト(Photoshop/Illustrator)は
使えますか?」


「デザイン系の専門学校に通っており、PhotoshopとIllustratorを使うことができます。」


「デザインソフトは使えないので、これから覚えていきたいと思います。」

募集要項に明記がなければ未経験でも応募可能

必ずしも「スキルがなければお断り」というわけではありません。募集要項に明記がない場合、デザイン系のソフトが使えない人でも応募可能です。ただし、スキルがあるに越したことはありません。

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

好印象を与える!
聞いておきたい逆質問集

面接の最後に「何か質問はありますか?」と採用担当者から尋ねられることがあります。疑問に感じたことがあれば、素直に聞きましょう。
ただし、面接の場で聞くべきではないNGな質問もあります。GOOD質問とBAD質問を、両方ご紹介します。

好印象を与える!
聞いておきたい逆質問集


・もし採用していただいた場合、準備すべきものはありますか?
・出勤日までに勉強しておくことはありますか?
・活躍しているアルバイトの方に共通する能力は何ですか?
・繁忙期はいつですか?その期間は予定を調整したいと思います。
・シフトはどのように決まりますか?


・お休みはどのくらいありますか?
・月にどのくらい稼げますか?
・時給はいくらですか?交通費は出ますか?

自分に合ったバイトが見つかる!

バイトルで仕事を探す

まとめ

アルバイト・パートの面接は、15~30分程度と短い場合が多いです。質問に対する回答の内容はもちろん、短時間でどのような印象を与えられるかも同じくらい重要です。ハキハキと答えることができているか、落ち着きのある態度か、身だしなみはきちんとしているか、表情はにこやかで明るい雰囲気かなど、面接時の印象が採否を左右することもあります。質問に答えることばかりに集中するのではなく、にこやかに「会話をする」ことを心がけましょう。

5つのSTEPでキミのバイト応募をサポート!バイトGET完全マニュアル



【面接関連記事】
【面接対策】バイトの面接マナーまとめ(服装・髪型・当日マナーなど)
アルバイトの面接に応募する時の不安を解消!電話のかけ方のマナーを徹底解説!
【何分前が最適?】面接の到着時間のマナーと遅刻したときの対処法を解説
バイト面接の服装まとめ!男女別に好印象な服装やバッグを紹介、Web面接の対策も!
バイトの面接で緊張しないための4つのポイント・コツを紹介
【アルバイト・パート】面接でよくある質問・答え方まとめ【年代・職業別】
バイトの面接に遅刻しそう!電話?メール?内容とタイミング
【面接Q&A】30.面接終了後は御礼するべき?(電話・メール)

【面接お役立ち記事】
雑談形式の面接を攻略せよ!面接官の意図・質問への答え方・NG行動を解説
面接での嘘、バレたらどうなる?リスクと上手な伝え方を知っておこう
【例文あり!】バイト面接で聞かれる長所・短所、質問の意図や答え方について解説!
面接で趣味を聞かれたら何と答える?無趣味の人でもOKな回答例文を紹介!
面接での短所の正しい答え方とNGな回答43選!
主婦(夫)がパートの面接で聞かれやすい、よくある質問30選
【高校生・大学生】アルバイトの面接でよく聞かれる質問や服装などのマナーを解説
塾講師のバイト面接対策! よくある質問や回答例文、筆記テストの対策を紹介!
【面接成功術】飲食系アルバイト面接の質問と回答の例文、飲食店ならではのポイント
コンビニバイトの面接で抑えておくべきポイントは?よく聞かれる質問や注意点を紹介!
バイトで採用されるために!アルバイトの面接でよく聞かれることベスト5
【面接Q&A】バイトの面接の結果はいつまで待つ?遅い場合は連絡してもいい?
【面接Q&A】直前チェック!必ず聞かれる質問と回答例
【面接Q&A】「自己PRしてください」の上手な回答方法と例文を業種別に解説
【面接Q&A】「開始日を早めてスグ入れる?」の答えかた
【面接Q&A】希望のシフトや勤務開始日を聞かれたときは?
【面接Q&A】「前のバイトを辞めた理由」の答えかた
【面接Q&A】「最後に質問は?」「最後に一言」の回答例
【面接Q&A】いつから働ける?と聞かれたときの答えかた
【面接(成功術)】「長所はなんですか?」と尋ねられたときの答えかた
【面接(成功術)】「土日や祝日も入れる?」の答えかた(断りかた)

 

 

カテゴリ一覧