「バイトル」「バイトルNEXT」が建設業振興基金と初コラボ

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

バイトルからのお知らせ

ディップ
2018年11月08日

「バイトル」「バイトルNEXT」が建設業振興基金と初コラボ
現役で働く人たちの声から 今とこれからの業界を知る

建設業の魅力を伝える特設ウェブページ 11月8日より開設

報道関係各位
日本最大級のアルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、一般財団法人 建設業振興基金と共同で、建設業で働く魅力を伝える企画「建設・土木業界の魅力発見!」を11月8日より開始いたしました。

建築・土木業界の魅力発見! ページイメージ
URL :https://www.baitoru.com/pdt/hakken/

 現在、日本では2020年に向けて、インフラの整備や建設、また首都圏の再開発などで建設需要が高まっております。その一方で、人口減少、高齢化進展の影響が特に強まる建設業界においては、若手人材の確保が課題として切迫しております。国からも、業界団体等を通じて、各種支援や助成金制度を設けるなどの対策は行なわれていますが、その内容が周知・活用されていないことも問題視されています。
ディップはこの度、求人情報サービスをご利用の求職者へ、建設業界の理解促進、働く魅力の提供を目的に、一般財団法人 建設業振興基金とのタイアップ企画の実施を決定いたしました。今後も「バイトル」「バイトルNEXT」を通じて、仕事を探している求職者の皆さまを応援いたします。

「建築・土木業界の魅力発見!」概要
  • <概要>
  • 「バイトル」「バイトルNEXT」をご利用の求職者へ、建設業の働く魅力を伝える特設ページを開設致します。ページ内では、建設業に関する豆知識のほか、実際に建築・土木で働く先輩の声などを掲載しております。また一般財団法人 建設業振興基金が提供している建設業界における様々な情報が集約されたJOBポータルサイト「建設現場へGO(http://genba-go.jp/)」、「18歳のハローワーク(http://genba-go.jp/18hellow/)」の紹介や、現在募集中の建設業関連の求人案件も閲覧でき、気になるお仕事があればそのまま応募することも可能です。
  • <企画サイト>
  • ・URL :https://www.baitoru.com/pdt/hakken/
  • ※「バイトル」・「バイトルNEXT」のトップページからも企画ページへのバナーを掲載しております。
一般財団法人 建設業振興基金とは
  • 建設業界の近代化や合理化を推進し振興を図るための公益法人として1975年に設立されました。現在は一般財団法人として建設産業の為の金融支援や市場整備の促進、情報化の推進、経営改善、人材確保・育成など、振興支援を事業として行っております。
  • ・URL :http://www.kensetsu-kikin.or.jp/

企業/サービス概要

<ディップ株式会社 概要> ディップ株式会社(https://www.dip-net.co.jp)は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで社会を改善する存在となる事を目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2018年2月期売上高380億円。

<バイトルとは> 「バイトル」(https://www.baitoru.com/)は、日本最大級の求人情報数を掲載するアルバイト・パート求人情報サイトです。インターネットならではの使いやすさを追求し、業界に先駆けた機能を多数提供しています。

<バイトルNEXTとは> 「バイトル」(https://www.baitoru.com/)は、正規雇用者として働く事を目指すためのお仕事情報サイトです。求職者がアルバイトで得た経験を活かして「次に進む」事を応援いたします。2016年5月9日(月)に「バイトル社員」から「バイトルNEXT」に名称変更。サイト名の変更により、認知度を高め、求職者と企業双方により分かり易く利便性の高いサービスとなる事を目的としています。2018年6月7日(木)よりサービスロゴ変更。以前のロゴより「NEXT」を強調するデザインになっており、次へ進む人を力強く応援する意を込めています。

本件に関するお問い合わせ先
ディップ株式会社 広報担当
TEL:03-6628-4070 / e-mail:info@dip-net.co.jp

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードして下さい。