なでしこジャパン 大野忍★スターアルバイト烈伝(後編)|バイトル

BOMS バイトルマガジン

powered by バイトル

なでしこジャパン 大野忍


女子サッカー界のトッププレーヤー大野選手が初めて話す、アルバイト経験。サッカーではまったく緊張しないという大野選手が、アルバイトでは緊張の連続だった!?

なでしこジャパン 大野忍

Profile

1984年生まれ、神奈川県出身の女子サッカー選手。ポジションはフォワード。
最優秀選手 3回、得点王 4回、ベストイレブン 9回を受賞。日本女子サッカーリーグで歴代トップのゴール数を記録している。今年2月にイングランド女子リーグの強豪クラブ・アーセナルへ移籍。今後のさらなる活躍が期待される。

公式ブログ:http://ameblo.jp/shinobuohno/

後編

なでしこジャパン 大野忍

じっとしていられない性格で
事務や受付の仕事は苦手……

 グッズショップの次は、クラブのサッカースクールで、契約社員として事務や受付の仕事をやらせてもらいました。慣れないうちは、入会希望のお問い合わせの電話で万が一にもお客様の名前や連絡先などを聞き間違えちゃいけないと思うと、緊張しまくりでした。わたし、そういうのホント弱いんですよね(笑)。あと、とにかくわたしはじっとしていることが苦手で、上司から「コピーとってきて!」と頼まれるだけでも席から移動できるので嬉しかったです(笑)
 スクールには選手の奥さんなんかもよくいらっしゃいました。サッカー選手の奥さんって、モデルさんとか有名人が多いじゃないですか。そういう人と会えるのも楽しみのひとつでした。そういえば、何度か山本"KID"さんがお見えになったことがあるんですが、とにかくオーラが凄かったことを覚えています(笑)

なでしこジャパン 大野忍

売店時代の経験を活かし
チームのメンバーにソフトクリームを作る

 契約社員を1、2年ほど続けたあと、プロのサッカー選手になりました。アルバイト時代に培った、人との接し方や話し方は、いまでもとても役に立っています。あと、たとえば遠征先のホテルのバイキングでソフトクリームの機械が置いてあったりすると、わたし、みんなの分まで作ってあげるんですね。売店時代にさんざんやってましたから、ソフトクリームを作るのには自信があるんです(笑)。そうするとみんなが喜んでくれて、わたしもその笑顔が嬉しくて……。経験って、どこで活かされるかわからないものですね(笑)

アルバイトだからこそ
苦手なジャンルにチャレンジ!

  わたしは接客や電話応対がとても苦手で、最初はとにかく本当に苦労しました。だからこそ克服する価値や、克服できたときの達成感や自信、喜びも大きかったと思います。いまになって思うと、あの頃を懐かしく感じることもあったりして……(笑)。なので、アルバイトを探す際には、あえて自分の不得手なジャンルに挑戦してみることも意味があるのではないかと思います。わたしのソフトクリームの話ではありませんが、どこでアルバイトの経験が活かされるかわかりませんしね(笑)。皆さん頑張ってくださいね!

スターたちからのカラーバイトルユーザーへの熱烈&応援メッセージはこちら!きっと、きっと、あなたの元気になる!ヒントになる!ぜひ、ご覧ください。