「倉庫管理・入出荷」のお仕事体験談

倉庫内で、品物を仕分けたり、出荷準備をする作業を行います。 ステップアップすると、スタッフの行動や進捗を管理することもあります。 色々な年齢層や立場の人たちが集まるので、体力とともにコミュニケーション能力が必要です。
男性向けのイメージもありますが、小物の入出荷確認など細かい作業では、女性も活躍しています。

なおきさんのお仕事体験談(35歳/アルバイト歴6ヶ月)

仕事内容

印刷会社で紙を規定のサイズに合わせて、機械でカットする「断裁」という仕事をしています。 まずは印刷が済んだ紙を台車で運び、重ねます。ここでずれないようにきちんとそろえるのがポイント!機械でカットしたらあとは、指定の場所まで台車で運ぶだけ。 仕事の流れはシンプルですが、工場内を動き回ったり紙の束を運んだり、からだを動かすことが多いです。僕は普段あまり動かないので、いい運動になってます。

身についたスキルや経験

指示されたことをしっかりできればまずは問題なし。
慣れてくると、どうしたら早くできるかな、って効率的な方法を考えられるようになって。
「切る順番を変えてみたらどうだろう」って試してみたら、いつもより早く作業が終わったんです。
それからはちょっとしたことを工夫するのが楽しくなりました。

つらかったことや楽しかったことの思い出

一緒に働く仲間はそれぞれ、自分の世界を大切にしている人が多いです。お互い干渉しすぎない距離感がちょうどいいですね。
夜勤なので周りも静か。仕事が終わるころにちょうど日がのぼってくるから気分がいいんです。
ここは残業もほとんどないから、自分の時間もたっぷり。趣味の釣りにもたくさんいけるのがうれしい。思いっきりリフレッシュできてます。

【ミニ知識】「倉庫管理・入出荷」バイト専門用語

<夜勤> 深夜なので、職場の周りも静かで落ち着いた雰囲気の中働ける。Wワークをしている人も比較的多い。
<断裁> 印刷し終わった大きな紙を、本や雑誌などそれぞれのサイズに合わせて切っていく作業。

のりさんのお仕事体験談(23歳/アルバイト歴3年)

仕事内容

アパレルメーカーの物流倉庫で、フォークリフトを使って仕事をしています。 コンテナから荷物を運び出し、ピッキングスタッフが取りやすい位置におきます。 ピッキングスタッフは、この荷物の中から、必要な品物を取って、配送先に送っていきます。
仕事内容は複雑ではありませんが、事故が起きないよう常に目を配っているので、神経を使う仕事だと思います。

身についたスキルや経験

この倉庫には、ピッキングスタッフとして採用されたんですが、フォークリフトの資格が欲しかったんで、半年前に取りました。 手に職をつけられるし、もし転職するってなったときにも便利だし、取ってて良かったって思います。

つらかったことや楽しかったことの思い出

夏は暑くてしんどいですね。 倉庫は冷房がきいてないので、ヘルメットの中まで蒸します。 ダイエットにはなりますけど(笑)。

【ミニ知識】「倉庫管理・入出荷」バイト専門用語

<荷役> 荷物を積んだり、降ろしたりすること。
<普通倉庫> 冷蔵倉庫など特殊なものではなく一般的な荷物を保管する倉庫。

バイトル情報局